エンジンを赤く染める衝突防止灯(ACL)

機体の上下で赤く点滅しているのが衝突防止灯。
ACL=Anti-collision Light(アンチ・コリジョン・ライト)と呼ばれることもある。

機体のお腹で点滅するACLの灯りが、エンジンに反射する様子もきれいなものだ。
漆黒のNightフライトよりも、夕闇迫る時刻が一番映える頃だとも思う。
夕方のフライトで、エンジンが見える席がキープできたなら、
ACLの光の演出を楽しんでみてはいかがだろう?
a0226258_21361192.jpg

その際は、機内灯の映り込みを手やブランケットで遮ることがポイント。
最近の機内は明るいので、そのままだと夜景は見にくいはず。
できるだけ窓に顔(カメラも)を近づけて、ガラスに光が映らないようにする、きれいに見えるはずだ。
a0226258_21373532.jpg




[PR]
by airbornjapan | 2014-12-23 21:39 | Flight | Comments(0)