ブログトップ

Air Born Japan 日本の空を、楽しもう!

フリーランスクリエイター 井村幸治のブログ。飛行機に乗ること、飛行機を見ること、空港を楽しむこと、空をながめること、虹色の空を追いかけることが大好き。日本の空を、一緒に楽しみませんか?


by airbornjapan
プロフィールを見る
画像一覧

新幹線放火事件にみる、JAL&ANAの対応の違い

昨日の東海道新幹線・放火事件、まず被害にあわれた方にお悔やみとお見舞い申し上げます。

いろいろな影響があったと思うが、東京〜大阪大動脈がストップしたことによる航空会社の対応を記録しておこう。
JAL、ANAとも飛行機に流れる旅行者への対応を急遽行ったが、内容には違いがみられた。

●JAL B767による臨時便(羽田〜伊丹4561便、伊丹羽田4562便)を往復1便ずつ就航。
●ANA 通常B777−200での運航を777−300へ大型化して対応

a0226258_06561547.png
機材と乗務員手配、座席販売などの対応を含めて、事件発生後数時間で臨時便運航を実現させたJAL。
瞬発力という視点から考えるとJALに軍配をあげてもよさそうだが、、、

一方、ANAはTwitterで「関西・神戸便には残席があります」というツイートを14時過ぎに発信している。
もともと羽田と大阪(伊丹・関西・神戸)を結ぶ便数に違いがある両社。
ANAはスターフライヤーとのコードシェア便(5往復)も含めて27往復を運航しているが
JALは神戸空港の発着はなし、関西空港も2往復で合計17往復しかない。
ANAは通常時は空席もある関西便、神戸便を売り切ることにシフトしたのだとも言えそうだ。

a0226258_08044033.png
当日購入のチケットは割引きがほとんど効かないものも多いから「特需」とも言える売上だっただろう。
こういったイレギュラー時の対応をウォッチしてみるのも面白いものだ!


しかし、伊丹空港はまだしも、羽田空港は昼間の発着枠に余裕がないはず。
JALは余剰枠を持っていたのだろうか・・・?
どなたかご存知であればお教えいただきたい。。。


日本の空を、楽しもう!

[PR]
by airbornjapan | 2015-07-01 08:05 | Flight | Comments(0)