ペルセウス座流星群、ピークは今晩、8月12〜14日!

ペルセウス座流星群のピークが8月12〜14日にやってくる。
お盆の休暇期間中、今年は月も新月となり流れ星観測には絶好のチャンス! 国立天文台のページによると、、、
今年のペルセウス座流星群の活動の極大は、日本時間の8月13日15時30分頃と予想されています。残念ながら極大は日本の昼間にあたるため、このときに流星を観察することはできません。しかし、その前後にあたる、12日の夜半から13日未明にかけてと13日の夜半から14日未明にかけては、夜空の十分に暗い場所で観察すると、最も多いときで1時間あたり30個以上の流星を見ることができるかもしれません。
a0226258_06435449.jpg
▲画像は佐藤幹哉さんのサイトからお借りしました http://meteor.kaicho.net/per2015.html

あとは天候なのだが、残念ながら関西地方は本日12日の午後から崩れる予報。。。残念!!!
「てるてる坊主」に祈ろう。


詳しくはこちら、国立天文台のページを参照!

a0226258_05203284.jpg
▲8月12日、夜明けの月。細く薄い弓を描いている。明朝は完全に隠れるだろう。。。




お盆休みのあいだも、、、日本の空を、楽しもう!

[PR]
by airbornjapan | 2015-08-12 07:20 | Sky | Comments(0)