ブログトップ

Air Born Japan 日本の空を、楽しもう!

フリーランスクリエイター 井村幸治のブログ。飛行機に乗ること、飛行機を見ること、空港を楽しむこと、空をながめること、虹色の空を追いかけることが大好き。日本の空を、一緒に楽しみませんか?


by airbornjapan
プロフィールを見る
画像一覧

ANA/A320機ジェットエンジンのファンブレードが約30万円で販売中!

ジェットエンジンの主要部品「ファンブレード」が販売されている!
ANAのエアバス320機のエンジンとして実際に空を飛んでいた部品で、素材はチタンとジュラルミン、重量はケースも合わせて約15kg! 飛行機好きなら興味をそそられるだろうが、気になるのはそのお値段。
な、なんと、税込298,000円なり!

商品はこれ。(ANAの通販サイトよりお借りしました)
a0226258_22163519.jpg
▲ケースに入ったファンブレード。なまめかしい曲線を描き、芸術作品のようなチタンの羽根!

a0226258_22173438.jpg
▲まるでアート! 水平方向に突き出ている“ひれ”は、隣のブレードとつなげて剛性を保つ部品とのこと。最近のエンジンはブレードそのものの強度が上がり“ひれ”はついていない。サイズは35cm×35cm×66cmと、結構大きい。そして重い!


A320機とはどんな飛行機か、ファンブレードとはなにか?
a0226258_22200457.jpg
▲こちらがA320機。エアバス社製のベストセラー、
PeachやジェットスターなどLCCでよく使用されている中型機だ。
スタッフと比べるとエンジンの大きさもわかるだろう!
a0226258_05125179.jpg
▲2015年10月18日、伊丹空港の「空の日フェスティバル」ではちょうどA320を展示中!
ファンブレードとはこれこれ! 目の前で写真を撮ってきたよ!
A320は退役が迫っているそうだ・・・
a0226258_05192382.jpg
▲整備スタッフがA320のエンジンファンブレードの実物をもって説明してくれた。
部品としての値段は1枚で軽く100万円の単位になるそう!だから30万円は割安!?
 
a0226258_22203430.png
▲販売されるエンジンは「CFM56-5A1」型。ファンブレードとは
一番大きくて、一番前に装着されている「羽根」、プロペラだ。
※写真はエンジンメーカーCFMのサイトからお借りしました


意外かもしれないが、エンジンの推力の8割前後はファンブレードがつくり出す「風」によるもの。現代のジェット機は「ターボファンジェット」と呼ばれるエンジンを装着しているが、「ターボファンジェット」はその名の通り燃料を燃やしてタービンを動かし、タービンの力でファンブレードを回転させ、後方への強い空気の流れ=推進力をつくり出しているのが特徴だ。燃焼ガスの後方排気によっても推進力が生まれるがそれは全体の2割前後で、約8割はファンブレードが生み出す「風」の力で前に進んでいるのだ! よって、ファンブレードは非常に重要な部品であることがわかるだろう。

実は、現代のプロペラ旅客機は「ターボプロップ」と呼ばれるタイプで、基本的な仕組みは同じだ。タービンによってプロペラを回転させて推進力を生み出しているから「ターボプロップ」なのだ。。。プロペラ機はエンジン外部の目立つ位置に「ファンブレード」があるもの、一方、ジェット機は「ファンブレード」を丸いエンジンケースに収納しているものと考えるとわかりやすい。
a0226258_10174699.jpg
▲ターボプロップエンジンをつけたボンバルディアDHC8−Q400。
6枚のブレードには「ひねり」が加えられ、今回販売されるファンブレードともよく似ている!
a0226258_05182521.jpg
▲最大級のターボファンジェットエンジン「GE90」、ファンの直径は3.25mもある!
B777−300ERに装着されているが、将来は販売されるかも!?
ちなみにこちらのファンブレードは1枚1000万円近い部品価格とのこと、、、


長い間、空を飛びつつけて、役目を果たした部品の再利用。リビングに飾って「ご苦労さん」と声をかけながらウイスキーグラスをかたむける、、、という楽しみ方には憧れを抱くのだが、いかんせん良いお値段。。。商魂たくましいねぇ、ANAさん!!

エンジン部品を愛でながら
日本の空を、楽しもう!



[PR]
by airbornjapan | 2015-10-19 05:23 | Airplane | Comments(0)