ブログトップ

Air Born Japan 日本の空を、楽しもう!

フリーランスクリエイター 井村幸治のブログ。飛行機に乗ること、飛行機を見ること、空港を楽しむこと、空をながめること、虹色の空を追いかけることが大好き。日本の空を、一緒に楽しみませんか?


by airbornjapan
プロフィールを見る
画像一覧

B787の座席下にとても邪魔な鉄の箱…これはなに?

2016年6月16日、久しぶりの東京往復フライト。往路のNH16便はB787-9(JA833A)、雲海から頭をのぞかせる富士山と、日本刀のような「反り」をもつ翼のコラボもみられて楽しかったのだけど、ひとつ残念なことが。。。
a0226258_11290675.jpg
以前も書いたことがあるのだが(こちら)、787-9の窓側A席には足元にとても邪魔な鉄の箱が鎮座している。まるで外付けハードディスクな物体に、またもや遭遇した。
a0226258_11344033.jpg
▲左脚がぶつかる…脚を伸ばすためにはカラダをねじらなければならない
a0226258_11392175.jpg
▲B席の上から広角レンズで。AとBの間には広い空間ができるが、隣席の人と脚がぶつかると気まずい空気が流れそうだ・・・


a0226258_11351049.jpg
▲DFG席にも2つの“外付けハードディスク”が…

a0226258_12183602.png
チェックしてみるとA席だけだはない。図面のように3×3×3のシート配置になっている国内線仕様のB787だが、A、B、D、G、J、Kに鉄の箱が設置されていることがわかった。

「これは何? 787だけなの?」とCAさんに尋ねたところ
「電子機器が入っています、B777にもついていますよ」…
やはりハードディスク? いや、さすがにそうではないようだが、何が収められているかはCAさんもご存知なかった。
しかし、B777にもそんなのあったっけ? と思い、復路のNH33便B777-200(JA701A)で座席の下をみると。。。


あったよ、、、!
a0226258_12263961.jpg
a0226258_12280998.png

a0226258_12271007.jpg
▲ABCのブロックにはB席にだけ設置された黒い鉄の箱。
a0226258_12331522.jpg
▲DEFGのブロックには、DとFの2箇所に設置されている。

こんな箱、以前はなかったように思うのだけど、気がつかなかっただけなのか? どうも後付けっぽいので最近設置されたのではないかと思う。

他のエアラインや、エアバス機などでもこういった箱が設置され、不評をかっているようだ。例えばウォールストリートジャーナルのこの記事http://jp.wsj.com/articles/SB10580876513169934209404580541232612199648
IFEと呼ばれる機内のエンターテイメント機器(IFE In-Flight Entertainment)が収められているようだが、ANAの国内線には座席モニターなどはついていない。せいぜいオーディオのみだ。音楽を聴くためにこの箱なのだろうか?? 何が入っているかご存知の方は教えていただけるとありがたい。

いすれにしても、1時間程度の国内線ならなんとか我慢できても、長時間の国際線フライトでは結構カラダにつらい“拷問フライト”になりそう。。。限られた空間だからこそ、もう少しカラダに優しいインテリアセッティングにしてほしいものだ。
a0226258_13105213.jpg
▲復路の44A席からみた奈良盆地。田に水が張られ、いよいよ田植えの季節をむかえている。二ヶ月もすると一面が緑の稲で覆われるだろう

脚が伸ばせないこともあるけれど、それを癒やしてくれる景色があるから…
日本の空を、楽しもう!!




[PR]
Commented by 匿名 at 2017-08-06 12:07 x
窓側席に座ったときに、片足を伸ばせないのが嫌なので、羽田-伊丹間は必ずJALを利用しています。
Commented by airbornjapan at 2017-08-06 14:51
> 匿名さん
コメントありがとうございます。JALは箱がないのですね、、、「足を伸ばせるかどうか」、エアライン選択の新しいチェックポイントになりそうですね、、、(^^)
by airbornjapan | 2016-06-16 12:45 | Airplane | Comments(2)