ブログトップ

Air Born Japan 日本の空を、楽しもう!

フリーランスクリエイター 井村幸治のブログ。飛行機に乗ること、飛行機を見ること、空港を楽しむこと、空をながめること、虹色の空を追いかけることが大好き。日本の空を、一緒に楽しみませんか?


by airbornjapan
プロフィールを見る
画像一覧

AZURE から ana-logue へ。とても残念。

ANAのプレミアムメンバー向け会員誌が新しくなった。
AZURE (アズール)が全面リニューアルされ、 ana-logue (エーエヌエー・ローグ)へ。
a0226258_23024830.jpg
この会員誌はマイレージ会員のダイヤモンド、プラチナ、スーパーフライヤーズ(SFC)ステイタスの人に対して、季刊で送付されていたもの。2008年の創刊号を手に入れて以来、毎号楽しみにしていた冊子だ。

AZURE (アズール)とは「澄み切った空の色」という意味。ANAプレミアムメンバーに対して、より豊かな人生の役に立つ情報を提供することを目指す。キーワードは「上質な温かさ」と、創刊号の目次に山元社長(当時)からの挨拶として書かれてあった。

ana-logue (エーエヌエー・ローグ)には、「これからの豊かさ」をANAの言葉(logue)でお伝えする…そんな想いを込めた誌名だと01号の目次に書かれてある。ただし、発信者の署名がない。編集部からの言葉ということだろうか。


率直に言って、とてもつまらない冊子になってしまったよ。残念…


版型や紙質も変わったのだけど、一番残念なのは特集記事の内容。
「ニューヨーク コミュニティ・ハブの物語」
「環境を愉しむ 山形のDIYピープル」
「人生を豊かにする 靴磨きの時間」という3本の記事があるのだけど、
何を伝えたいのかよくわからない仕上がりになっている。

何故だろう? 
「コミュニティ・ハブ」「DIYピープル」という聞き慣れない概念、新しい(ひとりよがりの?)概念をテーマにしているせいもあるのだろう。ただ、写真にはキャプションもなく、知りたいことが載っていないという、ストレスのたまる誌面になっている。
提案や啓蒙を目指すのであれば、もっとていねいな、親切な誌面作りが必要なのだと思う。
推測なのだけど、取材・撮影・原稿制作に対する予算は数分の一に減っているのではないだろうか? 

この誌面が優良顧客に対するメッセージ、ANAからの言葉(logue)だとするなら、ANAファンを減らすことになるだろう。。。やばいよ。
いろいろ思うこともあるのだけど、青組の自分としてはANAに頑張って欲しいと思っている。頑張れると思う。
気になる箇所も多数あるので、ページに朱書きをして編集部に意見をお伝えしてみるよ。


a0226258_23025479.jpg
▲創刊号からほとんど揃っているバックナンバー。今読み返しても面白い記事がたくさんあるよ!



今日の空は澄み切っていたなぁ、、、
a0226258_23390926.jpg
a0226258_23424504.jpg
▲失敗したら、やり直せばいいんだよ。787もいくつものトラブルを乗り越えてきたのだからね


日本の空を、楽しもう!


[PR]
Commented by まつお at 2017-08-06 01:18 x
私は全く逆の印象を受けました
僕のような30代になりたての若い世代には新しいana-logueの方が断然よいです。
プレミアムメンバー向けのサービスは古臭いものが多いので、過去に囚われず時代に合わせて変化していって欲しいものです
Commented by airbornjapan at 2017-08-06 14:58
> まつおさん
コメントありがとうございます。
なるほど、ana-logueの方がお好きなんですね。個人の趣味嗜好の違いや、私は50代なのでジェネレーションギャップもあるのでしょうか、、、そういう意味では、若い世代向けにリニューアルしたということなのかなぁ、、、貴重なご意見ありがとうございました(^^)
Commented by なつ at 2017-08-18 17:42 x
全く同感です。おっしゃる通り、編集者の「ひとりよがり」しか見えてきませんでした。マットな紙質など、一見「おしゃれっぽい」ですが、内容にコンセプトもメッセージ性もなくて残念としかいいようがないです。「翼の王国」編集部に指導してもらえばいいのに。
私は30代です。ジェネレーションギャップではないと思いますw
Commented by airbornjapan at 2017-08-19 09:51
> なつさん
古いエントリーにコメントいただき、ありがとうございました(^^) 先日04号summerが届いていましたね。パラパラめくって閉じていたのを、読み返してみました。1号目よりはこなれていきているようにも思いました。ただ、取材もキチンとしていて、写真もいいカットを撮っているけど、物足りなさを感じる誌面作りのベースは変わっていないかなぁ。なんというか、ツルンとしている印象。写真に情報があるのだから、しっかりとキャプションを入れてあげたらいいのに、って思いました。
by airbornjapan | 2016-08-10 16:52 | AirLine | Comments(4)