カテゴリ:中部国際空港セントレア( 2 )

国内線でも、国際線仕様のゴージャス機材に乗れる「レア路線」がいくつかある。
たとえば伊丹〜成田で、国際線機材が使用されている便はJAL、ANAとも毎日往復1便ずつある。
(詳しくはこちらの記事を参照)
おなじように、中部国際空港(セントレア)〜成田間も「レア路線」のひとつ。

特にJALは国際線でしか使用していないB787が、国内線として運航されることがあるので、狙って乗りたい路線だ!
a0226258_13574184.jpg
▲2015年8月にセントレアで撮影したJALのB787。ANAのボンバルディアと並んでいることから国内線ターミナルであることがわかる

a0226258_13582742.jpg
▲羽田へ向かうANA機内からみた国際線仕様のJAL787(JA839J)


早朝8:20発のJAL3082便はB767で運航されることが多いようだが、日によって787-8、787-9に機材変更となる。

a0226258_14081319.png
使用機材は予約サイトからも確認できるので、早速チェックしてみると、、、。明日(2016年9月19日)の「クラスJ」席は残席4。白いマークの「クラスJ」は国際線仕様機材だと書かれているので、これは787のビジネスクラスシートということだ!

逆区間をみるとJAL3087便(成田空港18:30発)は789(B787-9)となっている。
普通運賃で22050円。レア路線を狙って、つかの間のゴージャス気分の体験してみては!?

豪華なシートで日本の空を、楽しもうよ!


[PR]
以前の記事でご紹介したが、ボーイング787の初号機が中部国際空港(セントレア)に飛来し、セントレアで永久保存されている。2015年8月23日、この機体に会いに行ってきた! ( ほんとうは早朝のフライトに乗るために行ったんだけどね…汗)

 尾翼に「787」、BOEING社のコーポレートカラーに塗装された機体、これが初号機だ。
a0226258_14360239.jpg
▲NH86便、9A席より。手前の工事は何をつくっているのだろう?
a0226258_14362272.jpg
▲機体番号はZA001だが、レジストリーはN787BAと記載されている


この写真、実は滑走路に向かって誘導路を移動するNH86便(中部〜羽田)の機内からの撮影。NH86便は7時40分発なので、展望デッキから飛行機たちを見ようと早めに空港に着いたのだが、展望デッキのオープン時間は7時! あきらめて飛行機に搭乗し左側窓席から空港の景色を撮影していたらこの娘に出会えた。この日は北風で「RW36」運用だったため、空港南側に駐機してあるZA001の側を通ってくれたのだ。席が逆側の窓、風向きが逆でもダメだったはずだから、運も味方してくれたご対面だ(^^)/。

ただ、ターミナルからも遠く離れてポツんと駐機する姿は、なんだか寂しげ。展示施設をこれから整備するようだが、もっと活かせる方法がありそうにも思えたよ。


初めてのセントレアだったけど、ちょっと残念な体験もあった。名鉄名古屋駅を6時前に出る電車に乗り6時40分頃空港に到着、ターミナル入り口の案内所で展望デッキの場所をたずねたところ、「この奥です」と案内してくれた若い女性(コンシェルジュ?)。しかし、歩いてデッキに着いてみると自動ドアはロックされたままで「開場7:00」の看板。。。

「はぁ!?」  

機械にたずねたわけじゃなく人間に聞いたのに、ましてやコミュニケーションを仕事とする人に聞いたのになぜオープン時間を教えてくれないのだ? 案内所に引き返して事実を告げると「大変申し訳ございません」と謝るのだが、それでは遅い。場所をたずねた人は大抵の場合そこへ向かうのだ。そんな基本的な発想ができないのだろうか? 想像力が足りてないのだろう。とても残念だよ。

一流ホテルのコンシェルジュでは起こりえない、航空会社のカウンターでもあり得ない対応だと思う。個人の資質というよりも、空港サービスレベルの低さが表出したと判断するよ。

セントレアは24時間運用ではない。前日夜から空港で夜明かしをしようかとも思ったのだが、深夜はターミナルに入ることもできなくなるようなので、あきらめて早朝の電車に乗ったのだよ。しかし、早朝時間帯は照明も暗くて、寂しい雰囲気。なんだかねぇ。。。

フライトの数をみても、まだまだ空港能力的には余裕があるようだ。ANAは沖縄・下地島空港で行っていた離着陸訓練をセントレアで行っている。昼間の離着陸便が少ない時間にセントレア周辺を周回しながら、ひたすら「タッチアンドゴー」で離着陸の練習を行うのだ! それくらい、運航本数には余裕があるのだろう。

だとしたら、自衛隊や米軍の基地と共用にすればいいのでは?
大阪府知事時代の橋下徹氏が「関西国際空港に米軍基地を」とぶちあげたことがあったが、関空はインバウンドとLCC需要が大幅に伸びてきて、そんな話も立ち消えになった。。。小牧空港があるとはいえ、施設の有効活用、国土防衛を考えるのであれば選択肢のひとつに考えてもいいのでは、と思ったよ。ちょっと極論かな?

空港は、飛行機が飛んで、お客さんがやってきてなんぼのもの。セントレア〜羽田というニッチな路線を結ぶNH86便だが、夏休みの日曜日であるこの日は満席だった。スカイマークは同じ路線から撤退したけど、ANAは羽田の乗り継ぎも含めて需要を掘り起こしているのだろう。LCC、貨物、ビジネスジェット、遊覧飛行、、、もっともっと飛行機が飛ぶ空港になってほしいな、セントレア。そのためには受け入れ側の意識も、あと一歩、二歩変えていく必要があると思うぞ!

a0226258_15074249.jpg
▲駅を降りると「青柳ういろう」の巨大看板が出迎えてくれる(^^;)
a0226258_15075569.jpg
▲朝7時頃の国内線ターミナル。照明をケチっているのか? 薄暗くて寂しいぞ・・・
a0226258_15103313.jpg
▲JALとANAが混在するスポット。JALの787は国際線だろう。その奥はANAの国内線ボンバルディア。
国際線・国内線が混在というのもおもしろいなぁ、、、北側は国内航空会社のスポットになっている?

修正:調べてみるとJALの787は成田行きの国内線だった。
冷静に考えるとインターとドメが混在するターミナルはあり得ないね、失礼しました<(_ _)> 
JALの787は国内では飛んでいないとばかり思っていたけど、これは国際線機材での国内線運航、
クラスJは国際線のビジネスクラスのゴージャスシートに座れる「ラッキー」便だ!
(国際線機材のゴージャスシートに国内線でも座るノウハウはこちらの記事も参考に
9月からのダイヤを見ると767での運航となっているいるから、8月だけの787運航だったのかも知れない…

a0226258_15081245.jpg
▲搭乗したNH86便、機材はB737−800だ。ボーディングブリッジがやたらと長いのはなぜだろう?
a0226258_04362799.jpg
▲搭乗口から機内へ向かうボーディングブリッジの様子。機体までが遠い…
機体ドアの直前まで空港内ベビーカーを使えるのは家族連れにとってありがたいが、
戻しに行くスタッフが大変そう(^^;)
a0226258_15143135.jpg
▲機内から見た南側のスポット。海外エアラインの尾翼をみると「国際空港」らしくなるね!
a0226258_15162151.png
▲上昇中のNH86便から。南側のエプロンで1機だけ離れているのがB787初号機だ・・・
a0226258_15193516.jpg
▲羽田で乗り継いだNH25便からみたセントレア。機材はB787−8。
この翼もセントレアからシアトルに運ばれて組み立てられたものだ!
ふるさとを眼下に見下ろす気分はいかが? B8くん(^^)/


振り返ってみると、展望デッキからB787初号機までは結構な距離がある。今回のように搭乗機から眺めるのが一番近づける方法なのかもしれない。滑走路36の時に左側の窓席、これが787初号機に会う特等席だと思う!


下からも、上からも・・・
日本の空を、楽しもう!




[PR]