カテゴリ:天文( 12 )

2017年6月9日、昨夜は6月の満月「ストロベリームーン」だった。今朝の「月の入り」に苺色にほんのり色づいた姿をゲット♫
a0226258_07390599.jpg
さよなら、ストロベリームーン。また来年〜♫

ストロベリームーンの由来はネイティブインディアンが満月に名前をつけていたうちのひとつ…ってことと、夏至に近い6月の満月は高度が低く大気の影響を受けやすくなり、赤く色づいて見えるやすくなるからストロベリー。。。ちょっと無理矢理感、こじつけという気もするけど、梅雨の最中にきれいに満月を見られたのはラッキーだったよね♫ いいことあるかも(^^)/ 

お月さんは夜だけじゃないよ、
日本の空を、早朝から楽しもう♫

[PR]
2016年12月3日、今夜は西の夕空で、月と金星がランデブー♬
a0226258_22335343.jpg
ウインク顔にみえなくもない(^_-)
a0226258_22315120.png

そしてもうひとつ、月がみせてみせてくれたが“地球照”
地球で反射した太陽光が、月の影の部分を照らし出し、月の全体像がうっすらと見える現象だ。
地球照を英語では "Earthshine" と言うそうだが、もうひとつ"Da Vinci glow"(ダ・ヴィンチの輝き)という表現もあるようだ。

天才レオナルド・ダ・ヴィンチは1500年代初頭、コペルニクスの地動説が発表されるよりも前に、地球の反射光が月を照らしていることに気付いて、ノートにそのことを書き残していた。彼の発見に敬意を表してつけられた名前が"Da Vinci glow"(ダ・ヴィンチの輝き)。
a0226258_23020554.png
ダ・ヴィンチさん、あなたは本当は宇宙人だったんでしょ?

詳しくはこちら

a0226258_22342401.jpg
本日のDa Vinci glow"
うまく撮れていなくてゴメン!


ちなみに、明後日は月と火星が接近するよ!
日本の空を、楽しもう!

[PR]
2016年5月23日、日の出の太陽が不思議な光景を見せてくれた。
a0226258_14195299.jpg
下側には薄い雲が漂っていて太陽の手前に見えているのだが、上側の雲は太陽の向こう側にかかっているように見える。。。
なんだか「輪」を持った土星のようだ。
拡大すると、黒点も見えている。黒点を衛星に見立てると木星のようにも思えてくる。ガニメデ?エウロパ?
a0226258_14275637.jpg
早起きすると、こんな不思議な光景に出会えることもあるんだよ(^_-)
日本の空を、楽しもう!



[PR]
2016年5月22日、火星が「衝」の位置となる。月と土星も大接近!
衝(しょう、opposition)とは、ある惑星が地球からみて太陽と正反対の位置にくること。
ほぼ満月の右側に、明るく、赤く輝く火星。そして、月の下には土星も確認できるはず。
天気もいいので、NHK大河ドラマを見終えた頃に、東の星空を見上げてみて♬

※詳細は国立天文台の用語解説ページも参照 http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/faq/phenomena.html
a0226258_16581255.png
▲こちらのイラストも国立天文台のページから引用 http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2016/05-topics02.html


以下、国立天文台の記事より引用。
5月22日に火星が衝となり、観望の好機を迎えます。火星は5月31日の地球最接近をひかえ、マイナス2等級と、とても明るく輝いています。火星の東側には、土星も見えています。5月21日から23日にかけて、満月前後の月が火星と土星の近くを通り過ぎていくようすを観察することができます。
火星の近くには、赤く輝くさそり座の1等星アンタレスが見えています。アンタレスとは「火星に対抗するもの(アンチ・アレス)」という意味で、その名のとおり、火星とアンタレスは赤さや明るさを競い合うように輝いています。2つの星の赤さや明るさを比べて楽しみましょう。

【追記】こちらが5月22日22時ごろ、大阪の夜空。
霞がかかったいて、わかりにくいのだが、土星とアンタレスもランデブ〜♬
a0226258_03370459.jpg



日本の空を、楽しもう!



[PR]
2016年3月9日に皆既日食が起こる予定だ。インドネシアなどの一部の地域では皆既食を、日本全国では部分食を観察することができる。
午前11時過ぎが最大となるので、天候が晴れているなら天体ショーを楽しもう!
a0226258_05243675.png
a0226258_05204993.jpg
▲これは2012年5月20日に観測した「金環食」の写真。まるで指輪のような不思議なカタチに。。。
a0226258_05204275.jpg
▲同じく2012年5月20日。月が少し太陽を隠した状態。今回の部分食も同じようなカタチになるはずだ



ただし、観測は安全第一で。直接観るのはもちろんNG、サングラスなども眼を傷めるので安全を確保して空を見上げよう。こちらのページも参考にしてね!
国立天文台の詳細ページはこちら



月と太陽が織りなす天体ショーは見逃せない!
日本の空を、楽しもう!




[PR]
昨日に続き、早朝の東の空では金星と土星が大接近する姿をみることができた。

a0226258_15092333.jpg
▲1月10日5:50頃の金星(下)と土星(右上)形が歪んでいるのは手ぶれの影響(涙)

昨日とは位置が入れ替わり、土星が上に浮かんでいる。金星の公転による位置変化が大きいのだろうか、これからはどんどん離れて行くふたつの惑星…。つかの間の天文ショーをありがとう!
a0226258_15062140.jpg

a0226258_15152651.jpg
▲国立天文台のサイトより

次回の天文ショーは2月初旬、金星と水星、そして月のランデブーが見られる予定だよ!


日本の空を、楽しもう!

[PR]
1月9日、今朝の夜明け前、東の空で金星と土星が寄り添うような姿をみせてくれた。
a0226258_09500196.jpg


前日は少し離れた場所に三日月も登り、見事な明けの空。
a0226258_09500184.jpg


この後、月は新月となり、土星は離れて行く。明日10日は別れを惜しむような金星と土星がみえるかもしれないよ。
a0226258_09500139.jpg

▲国立天文台のホームページより


日本の空を、楽しもう!
[PR]
10月23日&24日と連続で、大阪上空を通過するISSを拝めた!
まずは10月23日18:00ごろ、北から東へ抜けるISS。カメラのセッティングに失敗したようで、かなり補正しないと光跡はわかりにくいのだが、ISSは夕暮れの空をゆっくりと抜けていった。「おおーつ! 予定通りのルート!」とひとりつぶやく、ちょっと感動したよ!
a0226258_08263892.jpg
そしてこちらは24日18時45分ごろ。今度は西から南の空へ抜けているISS、左の明るい光源は月だ。「スゴイ! 今日も予定通り!」とまたもやひとりで感動! ただし、これはレタッチで追加した光跡、ごめんなさい。こちらもセッティングはうまくいかず画像には残らなかったので肉眼でみたイメージを再現したもの。すんません(>_<)
a0226258_08264557.jpg

連日快晴が続く大阪の空。今日(25日)も17時53分ごろ、昨日よりも高い空を通過する予定だ! 
a0226258_07491820.png
今日は街中は「大阪マラソン」で盛りあがっているのだが、私は空を見上げるつもり。三度目の正直になるか!? 頑張ろう〜!


日本の空を、楽しもう!



[PR]
10月後半、今週は宇宙飛行士油井さんが乗るISS(国際宇宙ステーション)を肉眼で観測できるチャンスが連日続く! 日本各地の上空通過スケジュールをご紹介しよう。

★一番条件がいいと思われるのが10月23日(金)の18:00頃。
a0226258_11000427.png
ほぼ日本中から観測できるはずで、18:06に東京の真上を北西から南東へ抜けていく。その1分後までは太陽の光が当たっているからキラキラと輝いてみえるかもしれない! (黄色の太線は太陽光が反射している時間帯)

23日前後の数日間も、日本の空を横切っていくので、チャンスを逃すな! 日付順にご紹介〜。


★10月21日(水) 18:10頃に北海道、東北地方の上空を通過
a0226258_11024169.png

★10月22日(木) 17:17頃に 北海道北部の上空を通過
a0226258_11062116.png

★同じく10月22日(木) 18:54頃には 大阪の上空を通過! ただし、ギリギリ太陽光が当たらない模様…
a0226258_11082046.png
★10月24日(土) 18:46分頃に九州南部を通過
a0226258_11120825.png

★10月25日(日) 17:55分頃に中国・四国地方を通過
a0226258_07491820.png

参考:JAXAの「きぼうをみよう」ページはこちら
こうして情報を知っていても、当日は忙しくて忘れるかも?? と思うなら今すぐ、スマホのスケジュールアプリに登録しよう!
→ ISS通過 10月23日 18:00  これを入れてアラームをかけておけば大丈夫!



もうひとつ、ISSは想像以上に動きが速い。飛行機にように赤いライトを点滅させずに、明るく光ったまま「スーッ」と動いていくのがISSだ。出現予測時間の少し前から北西の空を眺めて、目を慣らしておくことをおすすめする。
a0226258_08393162.jpg
▲2014年4月に自宅から撮影したISS。
(焦点距離約18mm、ISO400、f9、シャッタースピード17秒)


見つけられるか不安…という人は天体観測アプリの活用もおすすめ。
私が利用しているiOSアプリ「STAR WALK」で10月23日18:03、大阪の空をシミュレートしたのがこの画像。北西からのぼっていくISSの動きがしっかりと予測されている! 
a0226258_11320954.jpg

実は、肉眼でISSを観測できる機会はそれほど多くはない。太陽の光が当たる薄暮や早朝の限られた時間帯に、日本の上空を通過することが必要条件となるからだ。ちょうど秋の空、晴れの予報が続いているので雲も少ないだろう。チャンスを逃さずに!!


日本の空を、楽しもう!

[PR]
3夜連続の惑星&月の大接近、10月10日は木星と三日月が早朝の空に並んだ!
a0226258_15240283.jpg
同じ時刻、少し広角で撮ると金星、火星、木星、そして月が競い合って輝いている。国立天文台の星座図の予想通りの配置だ!
星の動きは予測されているから当然といえば当然なのだが、目にはみえない偉大な力、宇宙の神秘を感じてしまうな。。。きっと、この瞬間もニュートリノが飛び交っているのだろう(笑)
a0226258_15263017.png

10月8日からの動きと星座図を並べておこう。金星、火星、木星も微妙に位置を変えているのだが、やはり月の動きに驚かされる。毎日、夜明け前の空を登っていき、徐々に太陽に吸い寄せられるように位置と形を変えている。月は地球のまわりを巡っている、新月は13日だ。それにしても、3日間とも良く晴れてくれた! 天気の神さまにも感謝!!
a0226258_15311634.jpg
a0226258_20384066.png
▲3日間の動きと星座図。予想通りだ(^^;)
月の位置が下がり、太陽に近づいていく・・・


a0226258_15291574.jpg
▲木星と三日月、写真アプリで加工すると、ウインクしているみたい(^_-)
a0226258_07174385.jpg
▲こちらは10月9日、金星とのランデブ〜、ニコニコの笑顔♪
三日月はいろんな役を演じてくれる、素敵な役者だね! 




このあと、10月後半には金星と木星が接近する予定だ。夜明け前の天文ショー、見逃せないね!!
a0226258_15455706.png

秋の朝、早起きして
日本の空を、楽しもう!




[PR]