カテゴリ:虹色の空 環水平アーク( 3 )

環水平アークの季節がやって来た!
a0226258_07055118.jpg
▲2017年4月22日、大阪の空に浮かんだ「環水平アーク」。
a0226258_07060406.jpg

虹色をしているけれど、虹ではない。太陽の下、地平線に近いところに出現する、真っ直ぐな虹の橋。それが“環水平アーク”。

太陽高度が58度以上の時に現れ、68度の時に最も明るくなる。太陽高度が58度以上になるのは関東なら春分・秋分の正午前後、夏至の頃なら正午を挟んだ前後1時間邸度。特に初夏に現れやすい現象だ。

以上「空の虹色ハンドブック」から引用。

つまり、
春から秋への数ヶ月間、
お昼前後の南の空に浮かぶのが、“環水平アーク”なのだ!


巻雲や巻層雲、目に見えないよな小さな氷の粒が高い空にかんでいるときにみられる光学現象で、
“環天頂アーク”とは真逆の位置関係になる。

季節と時間限定だから、出会えたら「瑞兆」、素晴らしいことが起こる兆しともされている。
たしかに、絡まった糸が解れるような出来事があったなぁ、昨日は(^^)/
a0226258_07061920.jpg
▲伊丹空港から離陸したJALのB777。飛行機と比較すると、虹色のサイズが分かるだろう♬


飛行機雲が出るような日は、空をみあげてみて。
瑞兆に出会えるかもしれないから♬
空を見上げて、虹色を探そうよ。

日本の空を、楽しもう!



[PR]
a0226258_09421151.jpg


前日に彩雲と環水平アークとの違いを紹介したばかりだったが、6月6日にも見事な虹色の帯に出逢えた!

環水平アークは太陽高度が上がっていかないと、物理的見えないという宿命を持っている。もうすぐ夏至が近いこの季節、環水平アークを観察できるチャンスだ。

梅雨の晴れ間、天気が再び崩れかける日が狙い目だろう。飛行機雲や巻雲がみえたなら、太陽の周囲を見回してみて。虹色に出逢えるるかもしれないよ(-_^)

日本の空を、楽しもう!
[PR]
雨上がりでもないのに、空の一角が虹色に輝くことがある。彩りがとてもきれいだから「彩雲」と呼ばれることも多いが、厳密には「環水平アーク」「環天頂アーク」「幻日」といった別な現象であるケースも多い。これらは、出現する場所、太陽との位置関係が決まっているので識別できるはずだ。虹色の現象を整理しておくと、、、

環水平アーク⇒太陽の真下に水平な虹色の帯、赤色が上(太陽に近い方向)
環天頂アーク⇒太陽の真上に円弧状の虹色の帯、赤色が下(太陽に近い方向)
幻日⇒太陽の左右にまぶしく輝く虹色のスポット、赤色が左or右(太陽に近い方向)
彩雲⇒太陽の周辺の雲が、淡いピンクなどパステルカラーに色づく
日暈(ひかさ・にちうん)・ハロ⇒太陽を中心にした円弧状に虹色の帯
a0226258_17044026.jpg
▲画面の下に、水平な虹色の帯が出ている。これは「環水平アーク」。赤黄緑青という色の変化が明確だ。太陽は画面の上、ヘリコプターの上側だ。うっすらと円形の虹色「日暈・ハロ」も見えている。
a0226258_17044901.jpg
▲同じ日の「環水平アーク」。太陽の方向に赤色が見えている

a0226258_17343202.jpg
▲太陽を中心にした虹色の環、日暈・ハロが出現している。写真は半円だが、真円になるケースも多い。こんな日には日暈の上に「環天頂アーク」、日暈の下に「環水平アーク」が現れる確率が高い。暈(かさ)、日暈(にちうん)など呼び名はいくつかあるようだ
a0226258_17051699.jpg
▲こちらは「環天頂アーク」。別名「逆さ虹」。太陽の上、空の頂上部分に現れる。こちらも太陽に近い部分が赤で、色の変化が明確だ。
a0226258_09115900.jpg
▲これは「幻日」。太陽の左右に現れる虹色で、赤色の方向に太陽があるはずだ。



一方、こちらは「彩雲」のコレクション。太陽と比較的近い場所に現れるが、位置は決まっていない。色の出方も不規則で、雲のカタチによって様々な虹色が現れる。季節や時間帯の条件も特にないので、比較的よく観察できる現象だ。
a0226258_17110352.jpg
a0226258_17103756.jpg
a0226258_17105271.jpg


虹色の空にもいろいろな種類があるんだよ♬
スマホばっかり見ていないで、見上げてみたら虹色に出会えるかも。。。
日本の空を、楽しもう!



[PR]