カテゴリ:伊丹空港( 15 )

伊丹空港は飛行機好きにとってはたまらないロケーション。
中でも有名なのが千里川土手、滑走路のすぐ手前のスポット。
頭上数十メートルを降りてくるB777の迫力は恐怖を感じるほど!

自分をめがけて突っ込んでくるような錯覚をおぼえ、
徐々に高鳴るエンジンの音、そして巻き起こる風に圧倒される。
朝夕の着陸ラッシュ時には3機、4機と列をなして降りてくる飛行機の灯りがドキドキものだ。

近くに駐車場がないのが不便なのだが、自転車もしくは徒歩で訪ねてみて!
阪急宝塚線岡町駅にはレンタサイクルもある。

阪急レンタサイクル

a0226258_13155421.jpg
2017年4月27日追記
Googleさんが千里川を題材にしたCMを始めたようです〜!

コインパーキングも少しできていますが、いかんせん数が少ない。。。
だからといって、迷惑駐車はダメだよ〜
(駐車違反の取り締まりも増えそうだし)


ルールを守って
日本の空を、楽しもう!!



[PR]
満開の桜の向こう、いきなり顔をだしたJALのB777!
a0226258_05060504.jpg
昨日(2017年4月13日)の午後、仕事の帰り道に30分ほど伊丹空港そばのエアフロントオアシス下河原に立ち寄った。すると、思ってみなかった満開の桜! レンズはAPS-Cに70mmで、このサイズ。
a0226258_05073622.jpg
▲滑走路は桜の向こうがわ。離陸機がいきなり飛び出してくる! こちらはiPhoneで撮影

a0226258_05072458.jpg
川沿いの土手に桜並木があったこと、知らなかったよ。風が出ると花吹雪になり始めていたから、ことしは今日(4/14)からこの週末がギリギリかもなぁ。今日は快晴の天気予報。時間がある人は、「桜と飛行機」を狙ってみて!

a0226258_05075532.jpg

この季節、桜を通じて空をみることが増えるねぇ、、、♬
桜と一緒に、日本の空を、楽しもぅ!


●伊丹空港14(ワンフォー)運用を、エアフロントオアシス下河原からみた時の記事はこちら

●エアフロントオアシスの情報はこちら



[PR]

伊丹空港でのこの写真、不思議なポイントがあるのだけど、わかるかな?
「いつもと何か違うぞ」って思った方は、相当な飛行機好きですね〜(^^)/
a0226258_21194766.jpg
答えは、年に数回みられるかどうかの、14運用でのゴーアラウンド風景だから。 違和感の原因はこのふたつ。
●いつもの離陸とは逆方向に機種が向いていること
●滑走路の真ん中あたりなのに、こんなに高度があり、しかも急上昇していること


2017年4月11日、今日も東風が強く伊丹空港では“逆ラン”、14(ワンフォー)運用が長時間続いていた。
14への着陸機は一旦宝塚方面へと向い、大きく右旋回をして滑走路へと進入するサークリングアプローチを行う。知る人ぞ知る、香港啓徳空港への“香港カーブ”のように、旋回しながら高度を下げるアプローチだ。慣れぬ着陸、さらに東風の場合は横風となるためか、着陸やり直し“ゴーアラウンド”が発生する頻度も高いように思われる。今日も何便か、ゴーアラウンドが発生していたよ。

写真は2009年5月28日、14運用でのゴーアラウンドにたまたま遭遇して撮影したもの。
a0226258_21171259.jpg
a0226258_21174226.jpg
a0226258_21182727.jpg
a0226258_21184255.jpg
a0226258_21191042.jpg
a0226258_21191769.jpg
a0226258_21192394.jpg
a0226258_21194766.jpg
a0226258_21195516.jpg
六甲山方面からバンクしながら高度を下げてきたJALのB777が、急にエンジンから黒煙を吐いたかと思うと高度を上げ始めた。何事かと思ったが、どうやら進入に失敗したようだ。めったにない14(ワンフォー)、そして滑走路をこの角度で上昇するB777をみることは珍しいだろう(^^)

操縦していたパイロットは、ちょっとへこんだかもしれないけどね(^^;)

伊丹空港14(ワンフォー)運用時には、ドラマがおきやすい。
やっぱり、14から、目が離せないよな〜。

伊丹が 14運用になっているかどうか、確認する方法はこちらを参考にしてね!

さっ、明日は天気も回復する予報。今年最後の桜撮影に行ってこようかな。。。
日本の空を、楽しもう!



[PR]
2017年4月10日午後2時頃から始まった伊丹空港の14(ワンフォー)運用は、18:00現在も続行中だ!
14(ワンフォー)とは風向きが原因で通常と逆方向からの離着陸を行う運航のこと。
逆方向にランウェイ(滑走路)を使用するので、“逆ラン”とも呼ばれる。

14になると、吹田市山田駅のそばの仕事場からは、間近に上がっていく離陸機をみることができる。。。
a0226258_17551608.jpg
満開の桜、そしてワンフォー運用!
仕事はあるのだけれど、こんなチャンスを逃すと絶対後悔する。
そう思って、近所の桜並木へ1時間ばかりでかけてきた!
a0226258_18030326.jpg
▲山田〜南千里へ向かう道沿いの桜並木♬
a0226258_17593030.jpg
▲阪急千里線の線路沿いに植樹された桜も大きくなって、可愛い花を咲かせている。その上をJALのB7が上昇

a0226258_18034681.jpg
▲阪急電車とともに♬
a0226258_18033604.jpg
▲千里高校への陸橋のそばの桜。この枝振りは見事!



空が曇っているのが残念。これから雨の予報なので、花散らしの雨となりそう。。。

散り際も楽しめそうだね、今年の桜
身近な場所でもこれだけの桜があるなんて。。。
素晴らしい国だよ日本は!

日本の空を、楽しもう!
a0226258_18084494.jpg


[PR]
10月22日、伊丹空港で「空の日エアポートフェスティバル2016」が開催予定だ。
イベントの詳細はまだ開示されていないので、昨年の様子をご紹介しよう。
a0226258_08163994.jpg

2015年10月18日、昨年のイベントにはANA整備工場の公開があり、出かけてきた。
A320型機の実機展示をメインに、タービンブレードやブラックボックスの紹介コーナーが設けられ、飛行機好きにはたまらない展示に。また工場横は32L滑走路へ向かう誘導路でもあり、777や767などの大型機が動く姿も目の前で捉えることができた!
a0226258_08165341.jpg
▲A320のエンジンカウリングを開放
a0226258_08245741.jpg
▲交換されたタービンブレード。燃焼ガスを浴びて高温となるブレード面には、冷却用のエアー噴出口が無数にあけられており、非常に精巧なつくりであることが分かる。耐熱性を高めた特殊素材と特殊加工が加えられたこの部品、一枚何十万円? もっとするのかな。。。
a0226258_08302919.jpg
▲B747も格納できる巨大な整備工場!
a0226258_08174946.jpg
a0226258_08180459.jpg
▲誘導路をB7、B6が通り過ぎていく。パイロットが手を振ってくれていたよ!
a0226258_08400824.jpg
▲あれ、兵庫県警もイベントに参加!? 空港内をパトロールしてたよ(^^)/


【追記】
2016年のイベント詳細が発表されている。
シンガー開放、格納庫見学など昨年と同じような内容になるようだ!
詳しくはこちらを!

大阪国際空港「空の日」エアポートフェスティバル2016


a0226258_08172389.jpg
去年は、ほんとうに気持ちのいい空だったよ!
日本の空を、精一杯楽しもう!!

[PR]
伊丹空港、どうやら今朝(2016年8月29日)は始発から逆ラン、14(ワンフォー)運用のようだ。

以前の記事でも紹介したが、大阪空港ライブカメラの映像では4つの「PAPI」ライトが光っている! このLiveカメラに4つの灯りがみえるのは14の証拠! (「PAPI」についてはこちらの記事を参照!)
a0226258_07101581.png
大阪空港ライブカメラはこちらから

昨日も午前中、少しの時間だけ14になっていたが、今日はどれくらい続くだろうか?

ひとつ、追加情報。
伊丹空港気象の予報はこちらからも確認できることを知った。残念ながら10時からは西南西の風向予報。こうなると、滑走路は通常の32に戻る。14は長く続かないかもしれないなぁ、、、

大阪/伊丹 空港の天気


台風10号には、万全の備えをして
日本の空を、楽しもう!

[PR]
2016年8月21日(日曜日)、今日の伊丹空港は初便から“ワンフォー”運用となった。
ワンフォーとは通常とは逆向きの滑走路・ランウェイ14を使用する運用方法で、“逆ラン”とも呼ばれる。
a0226258_17014797.jpg
▲成田行きのNH2176便。今日の機材はSTAR ALLIANCE塗装のB767-300ER!(JA614A)
a0226258_17024417.jpg
a0226258_17031163.jpg
▲ぽかりと浮かぶ積雲の上を通過するB737。機影が雲に映り、編隊飛行しているようだ!

a0226258_17022673.jpg
▲何かおかしい、、、と思ったらギア(車輪)がアップされていないB787。通常はもっと早くに格納されるはずだけど、慣れない離陸でギアアップが遅れた、、、?


南岸を西へ向う台風10号の影響で東寄りの風が強く、珍しく晴れ渡った夏空でのワンフォー運用が続いたが、残念ながら17:00前に通常のランウェイ32へと戻っている。


以前の記事にも書いたが、風向きに注意しておくとワンフォー運用は予測することができる。
空港周辺の風向きはこのサイトから。
気象庁 アメダス(大阪空港)


a0226258_17074170.png
大きな風の流れはこのサイトから確認するといいよ!
https://earth.nullschool.net/
a0226258_13501354.jpg

日本の空を、楽しもう!

[PR]
RCサクセションの「雨上がりの夜空に」はご存知だろうか? 
こんな夜に、お前に乗れない…♪ 発車できない…♬ というオトコの気持ちを込めた歌だ。。。
2016年8月14日、この名曲の歌詞が現実のものとなった、悲しい出来事が伊丹空港で発生した。
a0226258_22121939.jpg
▲写真は別の日、無事に伊丹空港を飛び立つANA機


この日、夕方のゲリラ豪雨のため空港機能が一時マヒした伊丹空港では、発着ダイヤが大幅に乱れていた。
ANA511便(宮崎行き)は定刻19:55発だが、ダイヤ遅れの影響で離陸のため滑走路までたどり着いたのは21:00を過ぎてしまったのだ。もちろん乗客も搭乗し離陸ゴーサインを待つだけの状態で、、、
乗客はみんな「飛んでくれ!」と祈っていただろう。

しかし、下された判断は無情にも「欠航」
伊丹空港の運用時間は7:00〜21:00。
門限を過ぎた場合、到着機は他の空港へダイバート(行き先変更)となったり、出発地へ引き返したりする。
発車(?)できない離陸機は「欠航」となってしまうのだ。。。

残念ながら、511便も飛び立つことが出来ずに「欠航」となってしまった。
雷雨もあがってコンディションは良好なのに、飛び立つことが出来ない、、、
あとほんの数分だったのに、、、

「こんな夜に お前が飛べないなんて・・・」 

ああ、伊丹空港の悲劇。


この場合は、エアライン責任の欠航扱いになるのだろうか?
それとも、台風や大雪などと同様、不可抗力となるのだろうか?
1時間遅れでなんとか乗り込んだものの、結局は大阪に留め置かれた乗客への対応も気になるところ。
対応を調べてみたいと思う。


⇒追記 
ANAに電話で確認したところ、原因によって対応も違うとのこと。
整備不良などの自社責任の場合は代替交通機関や宿泊などの手配も想定できるが、
台風や悪天候などの不可抗力の場合は手数料ナシでのフライト変更または払い戻しとなるようだ。
このときは雷雲発生による天候要因だったので、飛べなかったお客さんは泣く泣くお帰りになったのだろう、、、


関連記事 「欠航や遅延、ダイバート。その対応は航空会社によって大きく違う!」


もしも、こうしたトラブルに巻き込まれても、悠然と構えていられる人でいられるだろうか?
「あと5分、なんとか飛ばしてくれてもいいやん!」って文句を言いたくなるだろうな、、、
でも、相手が雷様だと文句も言えないか。

a0226258_22375350.jpg


エアラインの運航にはいろんなトラブルが起こるけれど、
いちいちカリカリしていないで、広い心も大事〜
ゆったりと構えていられる「オトナ」になりたいものだ。

日本の空を、楽しもうよ!



[PR]
a0226258_13504782.jpg
ボーイング767-300国内線仕様のスターウォーズ特別塗装機「STAR WARS ANA JET(スター・ウォーズANAジェット)」が、11月22日の伊丹発羽田行きNH14便から運航を開始する。14便は7:30分発、通常は10番搭乗口につけられるはず。展望デッキからの一番近い場所だ。展望デッキ「ラ・ソーラ」は6時オープンなので、早起きして場所取りに行ってみようかなぁ〜
a0226258_13502547.jpg
▲機体番号は「JA604A」。写真は伊丹空港に飾られていたモデルプレーン

このスター・ウォーズANAジェットはスターウォーズ特別塗装3機のうち唯一の国内線仕様機。現在も国内を飛び回っている機材を塗装しての就航となる。いままでは“フツー”のB767だった機材が、塗装によって特別な存在となるのは、なんだか不思議な気持ちもするな。


a0226258_13520344.jpg
▲JA604Aが「特別な存在」に生まれ変わる場所は伊丹の格納庫
a0226258_13503527.jpg
▲塗装のメンテナンスに使用されることが多い伊丹の格納庫の床は、青の塗料がこびりついている。
機材別の停止位置が床に書かれているのだが、B737のむこうにはB747の文字もうっすらと残っている。
B4がここにくることは二度とないのだろうか、、、



映画上映もいよいよ来月に迫ってきた。
プロモーションに、かなり乗せられている気もするのだが、それもまた楽し!
わいわい騒ぎながら日本の空を、楽しもう!



[PR]
伊丹空港へ特別に飛来したR2D2 ANA JETが羽田へ戻ろうとしているところ。ちょうど降りてきたJALのプロペラ機SABB340Bが重なった。
こんな会話が交わされてるかも。。。
a0226258_05361063.jpg

鶴丸SABB「おっと、ぶつかりそうやん、ビックリした〜なんやオマエ、見たことないやっちゃなぁ、新入りか!?」


R2D2「ピーピーピュルピュル〜」


鶴丸SABB「はぁ? 日本語しゃべらんかい! ちゃんとワシらの組に挨拶したんやろなぁ!?」

R2D2「ピーピュルピュル、ピュル、、ル、、」

鶴丸SABB「ピーヒャラぴーひゃら、わけわからへんなぁ。お祭りみたいなやっちゃな…。そういえば、ピカピカ言うヤツがおったのう、オマエも仲間か?」

R2D2「ピュ〜ル、ピュル〜」

鶴丸SABB「まぁええわ、今日はこれくらいで堪忍しといたるわ。次来るときはちゃんとワシに挨拶に来るんやで。そうせな、ワシのプロペラは、切れ味鋭いで〜。覚えとけや〜」

R2D2「ピーピュルピュル!」


な〜んてね。

a0226258_05414635.jpg

▲伊丹空港の真横にある公園「伊丹スカイパーク」には赤い「デススター」が、、、(^^;)

実はコレ、子ども向けの遊具で、離れていても会話が楽しめるパラボラ集音器(?)



a0226258_05552534.jpg
▲「ピッカピカ〜♪」と言うのはこのこ。懐かしのピカチュウジャンボ。すでに退役してしまった。。。(>_<)


R2D2、また伊丹に来てや♫


日本の空を、楽しもう!


[PR]