カテゴリ:羽田空港( 8 )

ハミングバード・ディパーチャー。

とってもかわいいネーミングだよね♫

実はこれ、羽田空港で北風運用のとき、早朝3便のみに許可された珍しい離陸方法のこと。

▲武蔵小杉のマンション群をバックにハミングバードディパーチャーを行うB787


通常、騒音対策のために北風運用時の離陸は34R(C滑走路)と05D滑走路)を使用する。離陸後はできるだけ海上を飛行するためのルート選択だ。

▲34R(C滑走路からの離陸ルート例)
a0226258_21442608.png
▲05(D滑走路からの離陸ルート例)

ただ例外として早朝便、しかも低騒音機の3便に限って許可されているのが、34LA滑走路)から離陸するハミングバードディパーチャー。離陸後、上昇しながら左旋回をして、大田区の上空を通過して西日本方面へ向かう飛行ルート。住宅などの上空を通過するから、ラッシュ時に限り例外的に認められているというもの。ハミングバードとはハチドリのことなので、ハチドリの羽音のように静かに飛ぶからこのネーミングなのだろうか?

a0226258_21460485.png
a0226258_21464991.png
a0226258_21470559.png






実は、羽田空港内の展望デッキから、富士山を背景に入れた離陸写真を撮ろうと思うと、この3便が唯一のチャンスなのだ!

a0226258_21490931.jpg
a0226258_21495160.jpg
a0226258_21493585.jpg

写真は2017211日に撮影したもの。東京出張の際に、羽田空港内のホテルに泊まって、第1ターミナルの展望デッキに早朝出撃した写真♫ JALB737、エンブラエルANAB7873機が続けざまに離陸していった


富士山とピッタリかぶらなかったのだけど、雰囲気は分かっていただけるだろう。



しかし、この離陸方式が見直されようとしている。

大田区の広報ページによると、廃止されることは既定路線であり、できるだけ早期の実施を国土交通省に働きかけているということ。


羽田空港の離着陸コースは、2020年のオリンピックにむけて増便をはかるための新ルートの検討が始まっている(こちらの記事参照してね)。


こうした動きの一環として、ハミングバードディパーチャーが廃止される日が、意外に早くやってくるかもしれない。。。もしも、北風の日の早朝、時間は7:30少し前、羽田を訪ねるチャンスがあるなら、しっかりと目に焼き付けておいた方がいいと思う。



羽田で富士山バックの離陸写真を撮るのは今しかない!?

日本の空を、楽しもう!


ハミングバードディパーチャーはこちらの記事もみてね
(^^



[PR]
羽田空港には4本の滑走路がある。
a0226258_21345205.jpg
北風と南風、風向によって離着陸に使用される滑走路のフォーメーションは違うのだが、
冬場に多いのは北風運用。着陸は平行する34R(C滑走路)、34L(A滑走路)が使用される。

平行滑走路なので、タイミングがあえば同時に着陸するケースもある。
2017年2月10日。この日は、搭乗機がたまたまそのチャンスに恵まれた♫

乗っているのは伊丹初羽田行きNH14便、機材はB787-8。
ロールスロイス社製ジェットエンジン「トレント1000」に書かれたロゴがまぶしい(^^)/

房総半島上空で左の上を飛ぶANA機に気付いたのだが、高度差があったのですぐに見失っていた。
搭乗機は向かって右側の滑走路34Rへアプローチ。ふと窓を見ると、富士山や横浜ベイブリッジをバックに飛ぶANAのB767を発見。どうやら先ほど見かけた機体だろう。一気に高度を落として34Lへと着陸するようだ。

そこから慌ててiPhoneで撮影したのがこの映像。
画質が良くなくて申し訳ないのだが、ぜひご覧になっていただきたい。

富士山をバックに着陸するトリトンブルーのB767!
素敵なシーンだと思うよ!



雪をいただく富士山をバックに着陸するB767! ゾクゾクするシーンだよね♫
これがあるから、飛行機に乗るのはやめられない。
日本の空を楽しもうよ!



[PR]
羽田空港・国際線ターミナルの5Fにある「はねだ日本橋」。橋を渡った先の「お祭り広場」で、素敵なお札をみつけた。
a0226258_08343914.jpg
▲「日本航空の客室乗務員に 二人で内定もらえますように」。
JALのCAを目指す友人同士で願い事を書き記したものなのだろう。願いは叶ったのかな。。。


a0226258_08420137.jpg
▲広場の壁一面に、たくさんのお札。旅行の安全、合格祈願、恋愛成就…様々な願いがいろんな言葉で書かれている!
a0226258_08423022.jpg
▲木札の自動販売機! 500円なり〜


a0226258_08411501.jpg
▲日本語での案内だけかと思いきや、QRコードを読み取ると各国語での解説が読める仕組み

a0226258_08414632.jpg
▲お祭り広場らしく、櫓が組まれている。夏祭りでもやるのかな?


a0226258_08580690.jpg
▲はねだ日本橋の手前にはモスカフェと吉野屋も! 人も多くないし、意外な穴場かも…(^^)/
a0226258_08434217.jpg
▲「はねだ日本橋」のたもと。1603年に架けられた本物の「日本橋」を約半分のサイズで復元したもの。素材はすべて檜(ひのき)だ!
a0226258_08433108.jpg
▲国際線ターミナルの左手、一番上のフロアに橋が架かっている。やぐらも見えているね!

a0226258_10091037.png
▲場所はこちら。公式ホームページより

国内線の第1、第2ターミナルと国際線ターミナル間は無料シャトルバスが運行されているから、海外旅行に行かない人でも大丈夫。国内線でも搭乗まで時間があるときは、訪ねてみるといいよ。
さて、どんな願い事を書こうかな・・・

日本の空を、楽しもう!


[PR]
2015年もあと10日あまり。年越しの準備はいかが? 
初詣の計画をたてるなら、「羽田空港神社」はいかがだろうか?
a0226258_22395764.jpg
▲羽田空港第1ターミナルの1階、中央部分の奥にひっそりと鎮座する航空の神さま
a0226258_22412669.jpg
▲最近ではパワースポットとしても人気があるそうだ。
飛行機好きなら、一度はお詣りしておかないとね!

ソラの安全祈願のために建てられた神社で、新橋にある航空神社の分祠にあたるそうだ。
エアポートラウンジの横の通路を進み右に曲がったわかりにくい場所にあるから、迷わぬようにご注意を! せっかくだから地図も載せておこう(^_-)
a0226258_22391587.jpg



来年も、安全な運行が行われることを祈りながら、
日本の空を、楽しもう!

[PR]
今日、放送されていたテレビ番組、
「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団(テレビ朝日系列)」で
羽田空港と東京駅での仕事ぶりがレポートされていた。
番組ホームページはこちら

その中で驚いたのが「1年間のロストバゲージ件数は2400万件」というテロップ!

これまでスーツケースをロストした経験もないし、
番組で紹介されていたANAの仕事ぶりをみていると、
「預けた荷物がなくなることなんて考えられない」と思ってしまうのだが、
ソレは日本水準の仕事であって、他の国ではまったく状況が違うということなのだ。

日本に生まれて、日本のエアラインに乗ることができて幸せだぁ〜!
a0226258_21551398.jpg
▲この景色に出会えるのも、日本だけ(^^)



日本の空を、楽しもう!

[PR]
羽田空港内にはホテルが2つある。国際線ターミナルの出発ロビー横、
2014年秋にオープンしたのが「ロイヤルパークホテル ザ 羽田』だ。
2015年3月6日から1泊したので、ご紹介しよう。

a0226258_15464315.jpg
12時前にモノレールで国際線ターミナルに到着。ちょうど深夜便の出発ラッシュの時刻だ。
a0226258_15481477.jpg
深夜便のチェックインは終わった頃。でも、カウンターのスタッフはまだ働いてる。お疲れさん〜!
a0226258_15570100.jpg
カウンターを左の方へ歩いていくと、ホテルの入り口。途中のソファーには、朝の便まで過ごそうと考えているのか、寝転ぶ利用者がちらほら。こんな時、マイレージの上級会員ならお酒飲んで、シャワーを浴びて、くつろげるのだろう〜。

a0226258_15482489.jpg
ホテルのエントランス。シックな照明と、トランクをモチーフにした装飾にびっくり!

a0226258_15540672.jpg
部屋は最上階の8階。プレミアムフロアにアップグレードしていてくれた。感謝!
a0226258_15542855.jpg
横長の建物なので、廊下の先が霞んでみえる。
a0226258_15510956.jpg
部屋はシングルルーム。広くはないけれどバスルームとの間にガラスの仕切りがある独特のレイアウト。

a0226258_15521527.jpg
なんと、お風呂の向こうはA滑走路! 
a0226258_15523004.jpg
お風呂に入りながら、離着陸をみることもできる! ただし、外からも見えてしまうので、プライバシーには要注意(笑)。
感心したのは防音の良さ。外に面した窓は二重窓、さらにお風呂とのガラス張りの密閉仕切りがあるため、
居室には全くエンジン音が聞こえてこないのだ!
飛行機好きにとっては、残念なくらい、、、(これはちょっと贅沢を言いすぎか?)

a0226258_15534415.jpg
アメニティはMIKIMOTO製品。とても良い香り、女性にも嬉しい仕様。

a0226258_15542108.jpg
浴槽にはマクラが! お湯をはって体を横たえると、浮かぶようにして頭を支えてくれる優れもの!
これはGood!!

a0226258_15533688.jpg
お風呂からの空港。タイ航空のスターアライアンス塗装機がよこぎっていく。
北風運用だったが、タイミングを逃したのか、残念ながらハミングバードデパーチャーを見ることはできず。
以前の記事で書いたシーンはこの写真の右手にみえている『羽田エクセルホテル東急』から撮影したものだ。
富士山をバックにしたハミングバードデパーチャーをとらえるのなら『羽田エクセルホテル東急』になるな。

a0226258_15535867.jpg

a0226258_15543639.jpg
朝の風景。プレミアムフロアにはコーヒーマシンが備えられている。美味しいコーヒー、ごちそうさま!


a0226258_15541409.jpg
こちらは朝食ブッフェをいただいたレストラン。目の前でオムレツを調理してくれる。美味しかった!!


a0226258_16261990.jpg
ロビーは明るく、開放的。地球儀のオブジェが国際線ターミナル隣接のホテルらしいな!
ターミナルの中にはお土産用ショップや展望台、Flightsimulator設備もあって、一日楽しめそうな場所。
このホテルを拠点にして羽田を満喫する、という旅も面白いと思う。





日本の空を、楽しもう!










[PR]
ハミングバード・ディパーチャー。
なんとも可愛らしいネーミング。

航空関係のブログを見ていて最近知ったのだが、羽田空港で北風運用のとき、早朝3便のみに許可された珍しい離陸方法とのことをこう呼ぶらしい。通常、北風運用時の離陸は34R(C滑走路)と05(D滑走路)の使用が決められているのだが、例外として早朝便の数便に許されたのがハミングバードディパーチャー。ハミングバードとはハチドリのことなので、ハチドリの羽音のように静かに飛ぶからなのだろうか?

ランウェイ34Lを離陸し左旋回、大田区や川崎市などの住宅街の上空を飛ぶために、エンジン音の小さな機体だけ、しかも7時台の3便だけが飛んでいるとのこと。第1ターミナルから富士山を背景にした離陸機を撮影できるので、狙っている人もいるようだ。逆に富士山を背景に離陸する飛行機はハミングバードディパーチャーしかないということ。

そこで、思いだした。
「富士山をバックにした離陸機の写真、撮ったシーンがあるなぁ。」


あった。これだ、これこれ。2010年11月16日7:58撮影だから、もう4年前か。。。
この前日から八重洲で仕事があったのだけど、あえて宿を「羽田エクセルホテル東急」にしたんだ。
a0226258_11010818.jpg

羽田エクセルホテル東急は第2ターミナルの中、34Rに面した部屋がよかったのだけど、
残念ながら案内されたのは逆側、管制塔や第1ターミナルが見える部屋。
富士山だけでも撮っておこうとおもって構えていたらファインダーに飛び込んできたのがこの737。
だから、この1枚しか撮れていない、まぐれのカットだ。
でも、空港に泊まるとこうしたサプライズもあるってことだよね。

a0226258_11214614.jpg




2014年、今年は国際線ターミナルに「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」も開業している。
機会があれば泊まってみよう。ちょっとお値段高そうだけど、、、




[PR]
今週月曜日(11月7日)、久々に空を飛んだ。
伊丹~羽田・NH26便、機材はBoeing777-200(JA702A)、座席は18A、窓側だが翼の上だ。

a0226258_16454664.jpg
房総半島上空での左旋回中、正面に見える島影はい伊豆大島

以前のエントリーで述べたように、「ブロッケン」にオススメの昼の便
残念ながら雲が少なく、撮影のタイミングは逃してしまったが
一瞬だけブロッケンが見えていた!
やはり確率は高いぞ!


おや、っと思ったのが羽田へのアプローチ。
北風運用で34Lへの着陸だったのだが、いつもなら千葉の君津あたりからまっすぐに進入するのだが、
この日は房総半島上空で左旋回し、かなり三浦半島に近い位置を進入していった。

a0226258_1645028.jpg
青が通常の進入コース、赤がこの日のコース(イメージ)

横須賀港や八景島、本牧のあたりがよく見えて、まるで遊覧着陸コース。
右に少し旋回し、ギアダウン後、最後は空港の手前で左旋回して着陸。
調べてみると「北風好天時の着陸ルート」にあたる。
昼間のトラフィックの少ない時間帯で、好天という条件でのビジュアルアプローチで着陸したのだろう。
かれこれ100回以上34Lに降りていると思うが、最後の左旋回は初めての体験だったな。

[PR]