<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前回は話題づくりのバーゲン運賃を考えてみたが、
次にボリュームゾーン運賃を、競合との比較から考えてみよう(2011年11月現在) 

まず大阪~札幌
■ANA 大阪(関西&伊丹)~札幌(通常期) 
普通運賃41,300円 ビジネスきっぷ36,400円 特割33,600円~ スーパー旅割9,800円~
■スカイマーク(2012年5月就航予定) 大阪・関西~札幌(通常期) 
普通運賃14800円 WEB割3 12800円 WEB割21 5,800円 WEBバーゲン780円 

「大手の半額以下」、「運賃で勝負する」というコメントがトップからも出されていたから
言葉通りに考えると、
普通運賃スカイマークより安い13,900円、
割引が10,000円を切る9,990円、
早期割引運賃が5,000円以下の4,990円でどうだろう?




次に大阪~福岡。
こちらは新幹線や高速バスという手強いライバルも存在している。
■ANA 大阪~福岡(通常期) 
普通運賃21,900円 ビジネスきっぷ15,800円 特割13,000円~ スーパー旅割9,500円~
■JR新幹線 新大阪~博多(指定席)
普通指定席14,890円 EX予約12,800円 往復割引11,940円 IC特割11,450円(3日前までの予約)
■高速バス(WILLER EXPRESS) 梅田駅~博多駅
高速バス 6,100円 (梅田スカイビル22:40発博多駅7:50着) 

忘れてならないのが関西空港までの交通費。
空港リムジン 梅田~関西空港 1,500円、
地下鉄御堂筋線利用&なんば乗り換え南海電鉄利用で合計1,120円
当然、大阪のお客さんはこのコストも考えて比較、選択するはず。

ということで、
普通運賃スは10,000円を切る9,990円、
割引が高速バスに対抗でき、5,000円をきる4,990円、
早期割引運賃が2,990円でどうだ? 
「ニキュッパで博多へGO!」ならインパクトある。



もしくは、他社のような料金体系から抜け出してシンプルにしてみるのは?
「早い者勝ち500円」が座席数が少なくて、でほとんど可能性がない料金体系なら
「5,000円均一」のようなシンプル&ロープライス料金のほうが
浸透していくのかもしれない。

「いつでも誰でも5,000円」

どないでしょ?



旅行会社を通じたパッケージツアーは狙っていないとコメントされているので、狙うは個人客。
福岡や札幌からの個人旅行者を関西に呼び込む手立ても重要。
関西エリアではローカルニュースで取り上げられてもいるが、
福岡、札幌での認知はどうなのだろうか?
潜在需要を掘り起こすだけのインパクトを持てるかどうか、
「運賃発表」がとても気になるね。
[PR]
by airbornjapan | 2011-11-17 05:38 | Comments(0)
明日、待ちこがれたたあの娘に初めて乗ります。
なんだかワクワクしてきたよ!

a0226258_2121584.jpg
[PR]
by airbornjapan | 2011-11-16 21:22 | Comments(0)
真新しいパープルの塗装もまぶしい使用機材A320も「納機」され、
来年3月からの関西~福岡/札幌の運行開始を前に
いよいよ次は運賃発表が待たれるPeach。

勝手ながらユーザ-視点で「運賃予測」をしてみよう。
(独断と偏見、妄想と願望も入っている)

インパクトを考えたなら、まず思いつくのは
「ワンコイン」500円
12年5月から関空~那覇&札幌を運行予定のスカイマークが
既に「WEB割 780円」を打ち出しているので、
後出しジャンケンで勝ちにいくならワンコインは実現の確率も高そう。

「ワンコインPeach」、略して「わんぴ」って
わかりやすいキャッチフレーズになると思うな。
大阪のおばちゃん達に浸透したら面白い。

「わんぴで北海道行こうや~」


さらに、ゼニにうるさい大阪のお客さんを狙うならもう一歩頑張って
スカイマークの「半値八掛け」で300円っていうのはないか?
「300円&消費税で315円! これでどうや! もってけ泥棒」
こうなるとバナナのたたき売り牛丼並なみの値段やね。
しかし、300円で乗って機内で毛布レンタル300円とか言われた日には、
お金の価値が分からなくなってきそうだけどなぁ。


以上は座席数限定、話題づくりのバーゲン運賃を想定したもの。
これだけだと、もちろん採算がとれないだろうから、
問題はボリュームゾーンをどんな価格帯で出してくるか。
競合他社やライバル交通機関との戦いに勝てる設定、
ユーザーからみて「これなら乗ってみよか」になる運賃とは?

(続く)

a0226258_9413759.jpg
このお花、PeachのA320と色合いが似ているね。
[PR]
by airbornjapan | 2011-11-14 09:03 | Comments(0)
今週月曜日(11月7日)、久々に空を飛んだ。
伊丹~羽田・NH26便、機材はBoeing777-200(JA702A)、座席は18A、窓側だが翼の上だ。

a0226258_16454664.jpg
房総半島上空での左旋回中、正面に見える島影はい伊豆大島

以前のエントリーで述べたように、「ブロッケン」にオススメの昼の便
残念ながら雲が少なく、撮影のタイミングは逃してしまったが
一瞬だけブロッケンが見えていた!
やはり確率は高いぞ!


おや、っと思ったのが羽田へのアプローチ。
北風運用で34Lへの着陸だったのだが、いつもなら千葉の君津あたりからまっすぐに進入するのだが、
この日は房総半島上空で左旋回し、かなり三浦半島に近い位置を進入していった。

a0226258_1645028.jpg
青が通常の進入コース、赤がこの日のコース(イメージ)

横須賀港や八景島、本牧のあたりがよく見えて、まるで遊覧着陸コース。
右に少し旋回し、ギアダウン後、最後は空港の手前で左旋回して着陸。
調べてみると「北風好天時の着陸ルート」にあたる。
昼間のトラフィックの少ない時間帯で、好天という条件でのビジュアルアプローチで着陸したのだろう。
かれこれ100回以上34Lに降りていると思うが、最後の左旋回は初めての体験だったな。

[PR]