<   2015年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

双発旅客機で世界最長を誇るボーイング777−300。
先日のJAL・嵐ジェットも777−300型機に特別塗装をほどこされたものだ。
777−300の航続距離延長型が“777−300ER”(Extended Range)で、国際線用機材として主流となっている。

伊丹空港は国際線が就航していないので、777−300ERは飛来しないはずだが、
唯一の例外が、成田とをむすぶJAL3002便、JAL3007便。
国際線機材の有効活用(?)と成田からの乗り継ぎ利便性を高めるために
夜、伊丹に飛来してステイ、翌朝成田に戻る運航スケジュールとなっている。
こちらの記事を参照

300と300ER、見た目はほとんど同じなのだが、見分け方をお教えしよう。

1)エンジンの大きさ
   300ERには航空史上最も巨大なエンジン「GE90」が使用されている。     
   波打ったファンブレード、グルグル渦巻き型の先端塗装が特徴で、正面から見ると一目瞭然。
a0226258_05182521.jpg
▲GE90エンジンを正面から。渦巻き型に塗装された先端部分。ファンブレードは曲線を描いた独特の形状
a0226258_06192247.jpg
▲通常型777−300のエンジン先端には白線が書かれているのみ。ファンブレードは直線で構成されている
ただし、B787もグルグル模様なので間違えないように注意!


2)翼の先端のかたち
   300ERの主翼は長さが延長されており、翼端は角度を付けて後方に曲げられた
   レイクドウイングチップが装備されている。
   横からみるとわかりにくいけれど、下から眺めると違いがわかるはずだ。
a0226258_05201230.jpg
▲上は「300ER」、下が通常型の「300」。翼端が後ろ向きに鋭角に伸びているのが特徴。
写真はANA機だが、機材のパターンは同じ。成田行きには300ERが飛んでいた時期があった。
現在はダウンサイズでB767での運航となっている。




羽田や成田、関西空港では777−300ERがたくさん見られるから、
見分け方をしっかりとみにつけて!



日本の空を、楽しもう!


[PR]
今日はとても空が青くて、高い一日だった。
大阪の空を記録しておこッ。
a0226258_17083905.jpg
▲阪急電鉄京都線、淀川の鉄橋をわたる車窓より。
エンルートの旅客機が引く飛行機雲、その為たには伊丹に降りるエンブラエルが小さく写っている!

a0226258_17085700.jpg
▲中之島では高層ビルが建設中。太陽のまわりに虹色の日暈(ハロ)

a0226258_17084961.jpg
▲建設中のビルを双子ビルであるフェスティバルタワーの中層階から撮影


今日は嵐ジェットが伊丹空港に再び飛来していたようだ。
隔日での大阪飛来なのかな?
こんな空の日は、空港で飛行機を眺めているときれいだろうなぁ、、、



日本の空を、楽しもう!


[PR]
by airbornjapan | 2015-06-29 17:16 | Sky | Comments(0)
JALの人気特別塗装機「嵐ジェット」が復活、今日(2016年6月27日)から運航を開始した。
正式には「JAL FLY to 2020特別塗装機」、東京オリンピックのオフィシャルパートナーを記念した特別塗装だ。
といっても、デザインは大野君だし、ファンにとっては「嵐ジェット」だよね!?

機材はB777−300(JA751J)、国内線用としては最大の機体なので
幹線である羽田〜札幌、羽田〜那覇、那覇〜伊丹を結ぶようだ。

初便はJL905便(羽田〜那覇)として飛行中だ。
嵐ジェットに乗るためには運航パターンを見極めたいところ。
那覇からは羽田に戻る906便(12:20発、羽田15:40着)となるのか、
それとも伊丹行き2084便(12:05発、伊丹13:55着)となるのか気になるねぇ。。。

※追記 2084便として伊丹へ、さらに折り返しで2087便として那覇へ戻った


夏のバカンス、嵐ジェットに乗れたらラッキーだよね!

(写真はこちらのページより借用しました)JALの公式サイト
a0226258_10283719.jpg


この機会に、以前の「嵐ジェット」を紹介しておこう。
a0226258_8434290.jpg
▲2013年には2機のB777−200が特別塗装機となり運航されていた。(JA772J、JA8982)

a0226258_9113758.jpg
▲こちらは初代「嵐ジェット」。2010年に撮影、まだアーク塗装だ(JA8982)



日本の空を、楽しもう!
















[PR]
国内線で、国際線用機材のゴージャスシートを体験する方法がある。

まず、JALのB777−300ER(国際線)とB777−300(国内線)をシートの違いを知っておこう。
同じB777でも国際線と国内線ではシートアレンジが大きく違っている。


■国際線 ファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの「4クラス」アレンジ
a0226258_04592621.png














■国内線 クラスJと普通席の「2クラス」アレンジ
a0226258_04563587.png













国際線ファーストクラスのひとり分は、エコノミー席の6席分ほどのスペースを占めている。
(ビジネスクラスでも3席分は使っている!)
a0226258_05141771.png













写真はJALさんのサイトからお借りしました


こうしてみると、椅子なのかよく分からないくらいにデカい。。。
もちろんフルフラットのベッドにもなるし、窓は4つも占領するそうだ。
どれほどスペシャルなシートなのかがわかるだろう! 
ちなみに料金もスペシャル、成田からNYのファーストクラス運賃は片道196万300円(税・燃油説込み)!
まさに雲の上にあるシート、、、

しかし、このシートに国内線運賃で乗れてしまう方法がある。


それは、伊丹発成田行きJAL3002便の「クラスJ」席に乗ること

成田と主要国内空港を結ぶ便には、国際線の機材を転用しているケースがいくつかある。
伊丹に19:50分に到着する3007便、その夜伊丹にステイして翌朝の3002便となる機材が国際線用の777−300ERなのだ。
運賃は国内線の通常運賃なので、サービスは通常の国内線と同じ。スペシャルな食事や高級ワイン飲み放題、といったサービスはないのだが、何十万円ものファーストクラス運賃を払わなくても、最上級シートの座り心地が味わえるというわけだ。そのために、羽田行きでもいいのだが、あえて成田行きを選ぶ人も結構いる(^^)/
a0226258_16282503.jpg
▲2015年10月26日、伊丹に到着した3007便。娘が搭乗していたが、残念ながらエコノミーシートだった〜(>_<)


同じような運用はANAでも行われており、ANA2176便は国際線機材だ。
僕はANAのファーストクラス席に乗ったことがある。
東京都内の仕事だったのだが、わざわざ成田経由にして2176便に乗ったのだ・・・(汗)
a0226258_05264879.jpg
▲ANA2176便。機材はB777−300ER(JA782A)、2A席に搭乗したよ!

a0226258_06331032.jpg
▲ファーストクラスのサービスではなく、プレミアムシートとして運航。朝食をいただいたのだ。

搭乗した2009年当時はB777−300ERで運航されていたが、
最近ではひとまわり小さなB767−300ERとなっている。
また、シートも改良が進んでいるので同じ景色にはならないかもしれないが、
時間の余裕と、ちょっとした遊び心がある方は、あえて成田便を選んでみるのはいかがだろうか。

その時には、前方のシートを座席指定することを忘れずに!
後方席はエコノミーシートなので、国内線とほぼ同じだからね〜

a0226258_06274713.jpg
▲ANA2176便に使用されているB767−300ER。
翼の先端にウイングレットが装着されているのが特徴! カッコいいよね!




飛行機の乗り方にもいろんな方法があるものだ!
日本の空を、楽しもう!


[PR]
6月も残すところ1週間。
いまのところ、出張の予定もない。
うーん、今月はFlightできなかったなぁ、、、
禁断症状がでてきそうだだ。


仕方ない、地表から空を眺めるか、、、
a0226258_21293358.jpg






日本の空を、楽しもう!

[PR]
by airbornjapan | 2015-06-24 21:32 | Sky | Comments(0)
本日、B787の初号機ZA001が中部国際空港・セントレアに到着した。
ボーイングカラーの787を出迎えようと、たくさんの人で賑わったようだ。
初号機が日本のセントレアで展示されるのなら、2号機はいずこへ?

調べて見ると、こんな記事があった。

ボーイング、787のZA002をピマ航空宇宙博物館に正式に寄贈

どうやら、アリゾナの博物館で展示されているようだ。
ローンチカスタマーであるANAカラー塗装された2号機は
世界中を巡ってB787のお披露目をした機材でもある。
2011年7月5日には伊丹にも飛来し、大興奮の1日を過ごしたのが懐かしい。。。

a0226258_22065567.jpg
▲千里川のみんなから大歓声! 翼がしなってる〜!!!
a0226258_22080692.jpg
▲B787、伊丹に初めてのタッチダウン!!
a0226258_22083269.jpg
▲お見送りはみんなで〜
a0226258_22092559.jpg
▲先輩格のスターアライアンス塗装B777。
「やっと来たわね♫ 待ちくたびれたわよ〜(^_-)」って言ってるみたい





日本の空を、楽しもう!

[PR]
夏休みを前にして、飛行機で家族旅行をするためのノウハウ記事があった。

子どもさんが泣いたときの対処法、ほ乳瓶への調乳の頼み方などが書いてあるから
小さな子どもさんがいあるファミリーは参考に!


a0226258_21330913.jpg
▲空港でも、子ども向けにいろいろな工夫をしてくれている。
こちらは高知龍馬空港にて。子どもに大人気、アンパンマンだ(^^)/

a0226258_21391937.jpg
▲伊丹空港ではマスコットキャラクター「そらやん」が出迎えてくれる(^^)/



a0226258_05185594.jpg
▲こんな飛行機なら、ちびっ子たちも大喜び!
あっ、最近は“妖怪”が主流だっけ?



以前の記事、こちらも参考に(^_-)

幼児2人連れの4人家族が並んで座れないのはなぜ!?




日本の空を、楽しもう!

[PR]
787ドリームライナー飛行試験機(ZA001号機)が、ボーイング社からからセントレア空港へ寄贈される。787ゆかりの地、中部国際空港への里帰りだ。
a0226258_05342995.jpg
▲ANAへ納品された実用1号機JA801Aの翼とセントレア。
2011年11月17日、岡山〜羽田のフライトより。

以下、セントレアのホームページより引用
ボーイング787型機の機体構造体の35%は中部地域で生産されており、大型貨物機のドリームリフターにて、ボーイングの米国内最終組立工場に輸送されています。ZA001号機は、日本唯一のドリームリフター就航地点である中部国際空港及び中部地域へ里帰りすることとなります。

寄贈後はどんなかたちで展示されるのか、飛ぶことはあるのかなど詳細は未定のよう。
まだ降りたことがないけど、セントレアに行く楽しみができるね(^^)

セントレア到着 は6月22日(月)13:00予定、明日だ!
時間のある方は、ぜひ現地でお迎えを!


☆当日のシアトルからセントレアまでのフライトの状況はボーイングのホームページでもご覧いただけます。

☆6月22日(月)にはセントレアの公式USTREAMでも到着の様子をご紹介いたします。




日本の空を、楽しもう!

[PR]
伊丹空港の使用滑走路はほとんどが「32」のLとR。
南東方向から大阪市の市街地上空を降下して、新大阪駅上空を通過するアプローチだ。
しかし南風や東風が強い場合は反対向きの運用「14」(ワンフォー)となる。
逆方向からの離着陸となるため「逆ランウェイ」、縮めて「逆ラン」と呼ばれることもあるようだ。

あまりみられない、非日常の景色なので、
「14」になるとテンションが上がる飛行機好きも多い(ボクもそのひとり)

ワクワクするチャンスを逃さないために、
「14」かどうかの確認方法をお教えしよう。


■その1■
大阪空港ライブカメラをチェックする。
下記のサイトでは24時間ライブでustream中継をおこなっている。
大阪空港ライブカメラ
「14」の場合は滑走路端に赤い4連ライトが見えるはずだ。
(4連のP型進入角表示灯(PAPI)についてはこちらの記事をみてね)
a0226258_15424175.jpg
そして、画面右側から奥へ向かってバンクしながら降下する飛行機が見えるだろう。
香港啓徳空港の「香港カーブ」を彷彿させる着陸を是非ライブで楽しんでほしい!

■その2■
気象庁のアメダス 豊中(トヨナカ:大阪国際空港)をチェックする
豊中(トヨナカ:大阪国際空港
風向が東、南東、南で風速が5〜6m以上になっていれば
「14」運用となっている可能性が高い。

このキャプチャ、6月18日も昼間の時間帯は「14」で運用されていた!
a0226258_15381300.png
■その3■
Flightradar24をチェックする
a0226258_08292026.jpg
旅客機の運航状況をリアルタイムで教えてくれるFlightradar24をみて、タイミング良く離着陸機が飛んでいると「14」の確認ができる。この画像ではNH1695が離陸後左旋回して東へ向かう姿と、伊丹へ着陸するJL103が滑走路と平行するダウンウインド・レグへ向かう姿が確認できる。通常の32運用出あればJL103は空港へ直進しているはずだ。



東風!? 
南風!?
と思ったらアメダスをチェック、
ひょっとしたら14?
と思ったらFlightradar24か、ライブカメラをチェックするのが
ボクのルーティン♬



日本の空を、楽しもう!


[PR]
関東地方に突風被害をもたらしたのは竜巻ではなく、
積乱雲から吹き下ろす「ダウンバースト」が原因だったみたい。
a0226258_04074707.jpg
▲2010年8月26日、羽田から伊丹へ向かう機上から。
関東地方上空で発達した積乱雲が夕陽に染まって美しい姿をみせていた


地表の暖かい空気が上昇して成長する積乱雲。
上昇する空気が渦を巻いたのは「竜巻」だが、
上空で氷や雨粒がつくられ、重たくなった空気の塊が
猛烈な勢いで落とされてくるのが「ダウンバースト」だ。

地上の建物や木々をなぎ倒すダウンバーストは飛行機にとっても非常に恐ろしい敵である。
着陸間近で高度を落としている飛行機がダウンバーストの下降気流を浴びると、
立て直す時間もなく地表にたたき落とされてしまう。
実際に大きな事故も起きているし、
広島空港でのアシアナ航空機事故もダウンバーストが影響しているとの報道もある。

そのため、空港周辺には気象観測用の「ドップラーレーダー」が設置され、
事前に警報が発令されるシステムが作られているのだ。

気象庁のホームページ


上昇する空気の流れもあれば、逆に下降する空気もあり、
まさに嵐が渦巻いているのが積乱雲。
しかし、飛行機の窓から眺めていると、時に美しい姿をみせてくれることもある。
a0226258_04185072.jpg
▲2007年7月26日、関西から那覇へ向かう機上から。
太平洋上にはたくさんの積乱雲が建ち並んでいた、、、


梅雨が明けると、積乱雲が立ち上がる夏空の季節になる。
フライト中に出会う機会があれば、自然の驚異に畏怖の念を抱きながらも、
その姿を静かに見守っていたいと思う。


日本の空を、楽しもう!





[PR]
by airbornjapan | 2015-06-18 04:22 | Sky | Comments(0)