<   2015年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

スーパームーンの強力な月明かりによる虹色現象!
a0226258_21171921.jpg
これも「彩雲」と呼べるのかな?
それとも「月光環」と呼ぶべき??

まっ、いいか。美しいものは美しいのだ(^^)/


スーパームーンは明るすぎて、写真に収めるのが難しい。
a0226258_21190255.jpg
▲街路樹と送電線の向こうに、登ったばかりのスーパームーン

a0226258_05031091.jpg
▲29日午前5時、西の空、沈む直前のスーパームーン


日本の空を、楽しもう!

[PR]
2015年9月27日、中秋の名月。
マンションの向こうに登って来たでっかい月!
明日のスーパームーンは、もっとデカい!?
a0226258_20045067.jpg
風流ですねぇ。。。
日本の空を、楽しもう!

[PR]
by airbornjapan | 2015-09-27 20:49 | Sky | Comments(0)
本日、2015年9月27日は旧暦の8月15日で「十五夜」、いわゆる「中秋の名月」だ。天気も回復してきたからお月見を楽しめそうだ。ただし、満月を迎えるのは明日28日の夜。そして、明日の満月は「スーパームーン」

月の軌道は真円ではなく、いびつな楕円形。地球と月の距離は常に変化していて、見た目の大きさも微妙に違っている。9月28日のスーパームーンは、ちょうど地球の裏側の位置で最短距離を迎えるため、月の出直後が一番近い状態となるのだ。通常の満月と比較しても14%大きく見え、30%程明く輝く可能性もある!
a0226258_11581888.jpg
▲2014年9月9日のスーパームーン

「スーパームーン」の大きさを実感するなら、地上の建物との比較ができる月の出直後か、月の入り直前がおすすめ。
明日の月の出は18時頃だから、仕事を終えたころ東の空を眺めると、でっかい月に出会えるはず!
a0226258_11582652.jpg
▲2014年9月9日のスーパームーン。午前5時前、月の入り直前の姿



明日のスーパームーン、日本以外では「皆既月蝕」が見られるエリアもあるというう。
地球の影に隠れてしまう皆既月蝕は、2014年10月8日に日本でも観測できた。
2015年4月4日も皆既月蝕だったのだが、残念ながら関西地方は天候不良で月が見られず、、、

つぎに日本で観測できる皆既月蝕スケジュールは、2018年1月31日、2018年7月27日の予定。すこし先になるから、以前の写真を貼っておこう。
a0226258_12064443.jpg
▲2014年10月8日、左下から欠け始めた満月

a0226258_12072498.jpg
▲「皆既月蝕」状態の月。地球を回り込んだ光によって薄暗く赤銅色に光っている。。。
その横を飛行機がかすめていった

a0226258_12082369.jpg
▲左から光を取り戻し始めた状態


今日はお団子を食べながら、月を愛でる、
明日はビールグラスを傾けながら、でっかい月を愛でる、、、いいよね!
日本の空を、楽しもう!

[PR]
by airbornjapan | 2015-09-27 12:18 | Sky | Comments(0)
追記 当日の様子はこちらをみてね!

ANAと映画「STAR WARS」がコラボした特別塗装機「R2-D2 ANA JET」(B787-9 JA873A)が、10月18日から国際線での運航を開始する。実機は既にボーイングの工場で完成して、日本にデリバリーされてくるのを待つ状態だ。ただ、国際線機材なので羽田か成田にいかなければ実機を見られないなぁ、、、と思っていた。(コラボ機材の詳細はこちらも参照
しかし、特別に国内線での運航が行われるというニュースが入ってきた!
a0226258_11441826.png
「R2-D2 ANA JET」運航スケジュールは以下の通り。
伊丹では10月31日(土)の午後が唯一のチャンスだ! 忘れずにスケジュールを入れておこう! 当日は千里川やスカイパーク、そして空港展望デッキはたくさんの人だかりができそう〜(^^)/

宮崎、函館、松山、広島、鹿児島・・・各地のファンも見逃せないよね!

10月20日
NH603便 羽田 08:40 → 宮崎 10:25
NH608便 宮崎 11:10 → 羽田 12:45
NH555便 羽田 13:40 → 函館 15:00
NH556便 函館 15:50 → 羽田 17:15

10月22日
NH583便 羽田 07:25 → 松山 08:55
NH584便 松山 09:50 → 羽田 11:15
NH679便 羽田 13:15 → 広島 14:35
NH680便 広島 15:20 → 羽田 16:45

10月31日
NH619便 羽田 06:55 → 鹿児島 08:50
NH622便 鹿児島 09:45 → 羽田 11:20
NH27便 羽田 14:00 → 伊丹 15:05
NH32便 伊丹 16:00 → 羽田 17:10


当日の飛行状況は、“Flightradar24”アプリなどを利用すればリアルタイムで確認できるはず。アプリの検索窓に「NH27」、「NH32」にように便名を入れて検索すればいい。もしくは「JA873A」という機体番号を入れても飛行データが表示される!
こちらは本日 10月31日、午前8時過ぎの飛行状況。順調に鹿児島に向けて飛行中だ! 画面をチェックしておけば、見逃すこともないはずだよ!
a0226258_08202222.jpg


10月31日は伊丹空港へ!
日本の空を、楽しもう!


[PR]
「彩雲」という言葉をご存知の方は多いかもしれない。
a0226258_22225828.jpg
▲2007年11月3日撮影。彩雲をバックに飛行機が上昇していく。
伊丹空港から東に向かうCRJだろう

虹のように円弧を描いていないけれど、七色に輝く雲。虹色に彩られた雲だから「彩雲」、、、しかし、実際は「幻日」や「環天頂アーク」など光の屈折によって虹色が出現したケースを「彩雲」を読んでいることが多いようだ。屈折はプリズムと同じなので、線状になって赤から紫まできれいに光が分離されているのが特徴。

一方、虹色の光学現象のなかで「彩雲」と呼ばれるものは、屈折ではなく光の散乱によって起きる現象なので、不規則なかたちに淡く色づくのが特徴。太陽のそばにある積雲や高層雲、ずきん雲のなどが淡く色づいているのが彩雲だ。
a0226258_22224304.jpg
▲同じく11月3日の彩雲。高層雲の端が輝いている(^^)


a0226258_22392063.png
▲こちらは積乱雲の上部にできたずきん雲が輝く素晴らしい一枚。
南米コスタリカで2015年9月に撮影されたそうだ。
こちらのサイトからキャプチャさせていただきました)


a0226258_05235173.jpg
▲こちらは「幻日」。赤から紫へ、きれいに色が分離している

彩雲は、思った以上に見られる現象。
太陽のそばに薄い雲が浮かんでいるときには「虹色」を探してみるといい。
運が良ければ「彩雲」に出会えるかも!?

日本の空を、楽しもう!

[PR]
昨日(2015年9月17日)、大阪の空に虹が架かった。
夕方まで降ったり止んだりしていた雨雲が途切れ、西の空から太陽の光が差し込んむと、見事な半円を描いてくれた虹。
a0226258_15411928.jpg
▲広角レンズで全体をいれてみた



a0226258_15390969.jpg
▲色が鮮やかな“根元”のアップを480mm換算の望遠レンズで撮ってみると、
主虹の内側にもうっすらと円弧があるようにも見える。

肉眼では分からなかったけど、外側から赤、橙、黄、緑、青、藍、紫・・・と七色並んだ内側にも赤や緑がある? 

ダブルレインボーとも呼ばれる“副虹”は“主虹”の外側に出現し、色の配列も逆向きという特徴をもっているので副虹ではない。虹の空のことなら何でもわかる素敵な本「水滴と氷晶がつくりだす 空の虹色ハンドブック」を調べて見ると載っていた!
どうやら「過剰虹」「干渉虹」と呼ばれる現象のようだ。

以下、引用
「主虹の内側や、まれに副虹の外側に、虹のような光の帯がくり返して見えるもの。(中略)条件がよければ何重にも現れる。雨粒から光が出るときの干渉現象によるもので虹とは発色のしくみが異なる」とのこと。
a0226258_05290934.jpg
▲こちらは2010年8月27日、同じようなアングルで撮影したダブルレインボー。
上の副虹の色に注目。赤が内側にきて、配色が逆転していることがわかる!
a0226258_15145928.jpg
▲こちらは以前もアップした写真だが、朝の空に出現したダブルレインボー。
薄くてわかりにくいが、外側の副虹は色の並びが逆転している!


奥が深いぞ、虹色の空!


雨上がりに太陽の光が射したなら、空を見上げて虹を探してみて!
日本の空を、楽しもう!






[PR]
2015年8月14日、秋の気配が級に深まった朝は「明けの明星」がきれいに見えている。
今の時期、ちょうど火星が接近しているゾ!
a0226258_05215212.jpg
▲右上に輝いているのが金星「明けの明星」。
わかりにくいが、金星と鉄塔との中間にオレンジに輝くのが火星だ!

a0226258_05220577.jpg
▲広角にして画面をひいた状態、鉄塔の左あたりから太陽が昇る。ほぼ東の空だ。

a0226258_05235816.png
▲2015年9月14日の星の位置。木星は地平線すれすれで見るのは難しい…

a0226258_05240271.png
▲2015年9月22日の予測。明け方の空、木星も一緒に見えてきそうだ!



[PR]
by airbornjapan | 2015-09-14 05:28 | Sky | Comments(0)
朝早く、4時過ぎに目覚めてしまい窓の外を見ると弓のような月とまばゆい星が輝いていた。
窓は東向きだから、明けの明星・金星と月だ。
a0226258_16102853.jpg
▲9月11日4:32撮影。右上に輝いているのが金星。月は弓のよう…

a0226258_16265197.jpg
▲5時12分、空も明るくなり月だけが輝く


ところで、この月は「上弦」「下弦」どちらかわかる?
弓の「弦」というのは弧を描いた部分ではなく、端と端を結ぶ直線の部分のこと。
この写真の場合は、「弦」が上にあるから「上弦の月」…という答えは間違い!

答えは「下弦の月」なのだ!


下弦か上弦かは、西の空に沈む際の向きで判断するもの。
この写真は、日の出前の東の空に登ったばかりの月だから、西へ沈む頃(昼間でみえないが…)は
「弦」が下向きになるから「下弦の月」なのだ。

どう? 知ってた?

詳しい理屈は色々なサイトにも載っているけど、
こちらの記事が分かりやすかったな。http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0215.htm
ありがとうございました!


a0226258_17205317.jpg
▲こちらはオマケ。満月の光がつくり出した虹色の環。「月光環」という名前だ(^_-)
2015年8月30日撮影



お月見が楽しみな季節。
日本の空を、楽しもう!




[PR]
by airbornjapan | 2015-09-13 17:23 | Sky | Comments(0)
アクロバット飛行で有名な、航空自衛隊の飛行チーム「ブルーインパルス」が和歌山の空に登場する!
9月26日(土)の和歌山国体開会式のセレモニーで、展示飛行を披露する予定なのだ。
a0226258_05285647.jpg
▲2015年3月26日、姫路城のオープニングセレモニーで展示飛行を行ったブルーインパルス!
a0226258_05291635.jpg
▲大変な人混みのためお城の近くへはたどり着けなかったが、見事な登場シーンを観覧することができた


和歌山国体では紀三井寺陸上競技場で開会式が行われる予定。風光明媚な和歌浦湾上空で、見事な演技をみせてくれるのだろう。私のふるさとでもある和歌山の空をご紹介しておこう。
a0226258_07093736.jpg
▲和歌山市の雑賀崎灯台から和歌浦湾、太平洋を望むパノラマ写真。
正面右手には四国、左端の山の麓に紀三井寺陸上競技場がある。

a0226258_07091170.jpg
▲和歌浦湾を望む観光ホテルから見下ろした海。南国のような色合いでしょう!?
a0226258_07085705.jpg
▲和歌山マリーナシティにはヨットハーバーがあり、セーリング競技における日本のメッカでもある。
マンション群の向こう、入道雲の下に紀三井寺陸上競技場がある。ヨットハーバーからのジェット機も素敵な写真が撮れそう!
a0226258_08270039.jpg

ブルーインパルスがどちらの方向から飛来するのか、本番前(前日か?)には予行演習の訓練飛行が行われるはずだから、Twitterなどをチェックすると事前に情報が得られるだろう。上の写真の雑賀崎灯台は全天が見られる場所でもあるから、意外な穴場スポットかもしれない。開会式会場に入れなくても、和歌山マリーナシティ、ポルトヨーロッパなどがある海辺からは視界が開けているので、きっと見えるだろう!
a0226258_08012176.jpg
※9月13日追記 コメント欄で情報提供いただきましたので、こちらにも情報を記載しておきます
大会ホームページはこちら⇒http://www.wakayama2015.jp/common/topics/2015/09/04/23236  
○展示飛行
   日 時:平成27年9月26日(土)14:20頃
   場 所:紀三井寺公園陸上競技場(和歌山市紀三井寺毛見200)上空
 ○予行飛行
   日 時:平成27年9月25日(金)14:20頃(予備時間10:00頃)
   場 所:紀三井寺公園陸上競技場(和歌山市紀三井寺毛見200)上空
   
※1 天候等により、飛行が中止することや、飛行時間が変更となることがあります。
  ※2 国体開催の祝賀飛行であり、アクロバット飛行は予定しておりません。
※3 総合開会式当日、入場券をお持ちでない場合は、会場となる紀三井寺公園内に
       入場することは出来ません。
  なお、入場券の申込は終了しておりますので、御了承下さい。

※9月25日追記 本日、無事に予行飛行が行われたようです。ただ雲が多かったため、すべての演目を練習したわけでなはく、1機がループを描いたのみだったそう。6機の飛行機は浜松基地から飛来し、また浜松基地に戻ったよう。明日は天候が回復する予報、楽しみですね!! 


ブルーインパルスとは…以下航空自衛隊のホームページより引用 
航空自衛隊の存在を多くの人々に知ってもらうために、航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行(これを展示飛行と呼びます)を披露する専門のチーム、それがブルーインパルスです。正式名称は、宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。青と白にカラーリングされた6機の機体が、大空で展開する一糸乱れぬフォーメーション、そしてダイナミックなソロ演技――次から次へ繰り広げられる驚異のパフォーマンスは、初めて観る人にとっては驚きの連続に違いありません。



和歌山でブルーインパルス、、、!!
日本の空を、楽しもう!



[PR]
飛行機の欠航や遅延への対応は、エアラインや原因によっても大きく差があることは知っている?
ANAとPeachの対応を、ホームページから調べてみた。
a0226258_08273983.png
■フルサービスエアラインであるANAの場合
■台風や大雪など不可抗力による欠航・遅延
 自社便への変更・払い戻しが可能。チケットの種類によっては他社便への変更も可能。

■機材故障など自社理由による欠航・遅延
 他社便変更・払い戻しに加えて、鉄道への振替、追加発生した交通費・宿泊費も負担(上限1万5000円)

■目的地以外の別空港へのダイバート(注釈)
 ダイバート先の空港から目的地までの地上交通費を負担

ここで注目したいのは自社都合でイレギュラーが発生したときのフォローだ。
たとえば故障箇所を修理したために出発と到着が遅れ、公共交通機関がなくなった場合などはタクシー代やホテル代を負担してくれるというもの(上限1万5000円)。これは覚えておくべき!


私も一度経験がある。大型連休前の最終便で羽田〜関西空港を利用した際、オーバーブッキングの調整がなかなかできずに出発が1時間以上遅れたことがあった。ほとんどの乗客がシートに着いてから、残る数席の調整のために飛び立てない状態が続いたのだ。どんな対応をしたのかはわからないが、なんとか離陸したものの、関空からの鉄道は途中・大阪駅まで、自宅へ向かう私鉄はすでに終電が出た後だ。大阪駅から自宅までは想定外のタクシー利用となったわけだが、翌日ANAへ連絡をするとタクシー代の精算をしてくれた。
ただし、「タクシー代をお支払いします」と機内アナウンスがあったわけではない。「不可抗力じゃないから、何とかして欲しい」と連絡(いわゆるクレームですね)をしたからこその対応だ。同じ便に乗った人の中にも、残念ながら知らなかった人もいただろう…。


また、ダイバート(目的地変更)の経験もある。羽田〜伊丹の最終便を利用したときのこと、悪天候の影響で全国的にダイヤが乱れたことによって出発が遅延。飛び立ったものの伊丹空港の門限21時までに着陸ができず、やむなく関西空港へダイバートとなった。このときは目的地までの交通費ということで、着陸後に2000円の入った封筒が乗客全員に配られた。伊丹空港⇒関西空港の変更はちょくちょくあるケースなのだろう、何百枚もの現金入り封筒が事前に準備されているようだ(現在も同じ対応可なのか不明)。
a0226258_10372672.jpg
▲JA712A。こんな気持ちのいい空を飛びたいねぇ!

■LCCであるPeachの場合
比較するのがおかしいといわれればそれまでだが、LCCの対応は“簡素”だ。
Peachのホームページをみると、欠航や大幅な遅延をした場合は「自社便への振替」もしくは「払い戻し」の対応が記載されているが、「他社便振替はしない」と明記されている。交通費や宿泊費の負担は何も記載されていないから、当然ナシだと考えるべきだろう。だから安い、それがLCCのサービスということだ。

また、ピーチはダイバートの記載もない。就航地が限られているLCCの場合は、地上サービスが出来ない空港へ降りることは基本的には想定していないのだろう。どうしても無理なら出発地に引き換えす、ということか。


そういえば面白い記事があった。
2015年1-3月、国内航空各社の運航状況を国土交通省がまとめた資料によると、
遅延率が一番高いのがPeach(APJ)なのだが、欠航率は1.04%と低いのだ。
つまり、遅れても飛ばす、欠航させない、それがPeachなのだ。
a0226258_09100122.jpg
LCCの利用を考える際には、こうした航空会社の“特性”を知っておくことも大切かも。


航空会社  定時運航率   遅延率   欠航率
・JAL   93.35 (91.33) 6.65 ( 8.67) 1.90 ( 2.70) 日本航空
・ANA 94.35 (91.23) 5.65 ( 8.77) 1.89 ( 2.10) 全日空
・JTA   91.29 (90.54) 8.71 ( 9.46) 0.51 ( 0.43) 日本トランスオーシャン
・SKY 81.51 (83.85) 18.49 (16.15) 3.79 ( 1.53) スカイマーク
・ADO 82.59 (86.05) 17.41 (13.95) 5.67 ( 3.00) エアドゥ
・SNA 90.16 (90.43) 9.84 ( 9.57) 0.71 ( 1.65) ソラシドエア
・SFJ   92.31 (92.96) 7.69 ( 7.04) 0.88 ( 2.11) スターフライヤー
・APJ   76.59 (78.65) 23.41 (21.35) 1.04 ( 0.73) ピーチ
・JJP   81.78 (82.89) 18.22 (17.11) 2.22 ( 1.89) ジェットスタージャパン
・VNL 85.71 (77.39) 14.29 (22.6) 0.83 ( 4.47) バニラエア
・SJO 93.66 (-) 6.34 (-) 0.00 (-)        春秋航空日本
*括弧内は前年同期の値


※ダイバート(Divert):目的地の気象条件が着陸に適さなくなった、または空港や滑走路施設に不具合が有って着陸出来なくなった時に、最初に予定していた代替空港や他の空港へ向かう事


【参考:各航空会社の対応についてのリンク】
JAL 悪天候での欠航時の対応について
JAL 欠航時の対応の払い戻しについて

ANA 悪天候での欠航時の対応について
ANA 旅作(ダイナミックパッケージ) 飛行機欠航時の案内

スカイマーク 悪天候時の航空券取扱について
エア・ドゥ 悪天候時の航空券の取り扱いについて
ソラシドエア お客様都合以外での変更・払い戻しについて
スターフライヤー お客様都合以外での変更・払い戻しについて

<LCC>

ジェットスタージャパン 遅延・欠航に関するご案内
ピーチ 変更・払い戻しに関するご案内
バニラエア ご予約便が欠航した場合の変更・払い戻しについて



欠航や遅延があっても・・・日本の空を、楽しもう!


[PR]