<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

iPhoneのカメラには“パノラマ”という機能が標準装備されている。
パノラマの活用術をお教えしよう。
a0226258_07155898.jpg
空を一直線に横切っていく飛行機雲は広角レンズでもすべてを収めることは難しい。いわゆる魚眼レンズを使わないと画角に入らない。。。しかし、“パノラマ”を使ってiPhoneを水平に動かすと1枚に収めることができるのだ! しかも、直線に飛ぶ飛行機を曲げるというオマケまでついて(^^;)

パノラマ機能は180度以上の画角があるはずだが、必要な部分が入れば撮影を中止すればいい。もし不要なエリアも写ってしまっても「編集」機能でトリミングもできる。とっても便利だから、空撮りにも使ってみて!!



広い空も、パノラマを使って1枚の写真に!
日本の空を、楽しもう!

[PR]
フジドリームエアラインズ(FDA)は2015年12月22日から、ホームページの運航情報の内容をリニューアル。各便の機体カラーがわかるデザインに変更したそうだ。

これ、結構面白い!

詳しくご紹介しよう。
フジドリームエアラインズは名古屋空港(小牧)と静岡空港を拠点とする航空会社。エンブラエルERJ170/175を9機保有している。ブラジル製の小型ジェット機だが、すべてカラーリングが異なる「マルチカラーコンセプト」を採用しているのが特徴。1号機ドリームレッド、2号機ライトブルー、3号機ピンク、4号機グリーン、5号機オレンジ、6号機パープル、7号機イエロー、8号機ティーグリーン、9号機ゴールドが就航しており、「赤は乗ったから、次はゴールドに乗りたいな…」、といった全色コンプリートを目指す人もいるとかいないとか(笑)。
a0226258_10361759.png
a0226258_10375203.png
WEBサイトよりお借りした画像

新しい運航情報のページでは、便名の下には保有する9機、いずれかのイラストとそのカラー、機体記号を明記し、一目で運航時間と共に分かるようになっている。
a0226258_10402857.png
   ▲12月24日のキャプチャ。運行情報ページはこちらだよ! FDA運行情報

このページから読み解けてしまうのが機材繰り。どの機材がどういうローテーションで運行されているのかが、簡単に掴めてしまうのだ。例えば2015年12月24日のページから一覧表をつくってみると。。。
a0226258_10435150.png
ここからみえてくるのは
・全56便を8機でローテーションしている
・1機あたり最高で一日8レグ(便)に使用されている
・1機は予備機とされている(もしくは整備か?)
・予備機は翌日はラインに戻ってきて、別の機材が予備機(休憩?)となる
・夜間は名古屋空港(小牧)に6機、静岡空港に2機駐機して、翌朝の始発便となる
などなど。


乗客の乗り降りと清掃を含めて、各空港での駐機時間は約30分。
九州へ飛んで、札幌まわって、松本へ飛んで。。。カラフルなエンブラエル君が、コマネズミのように日本中を飛び回っている。。。
どう、驚きませんか?

この運行予定をうまく利用すれば、全色コンプリートができるかも!?

JALやANAは機材数と便数が多いだけに、もっと複雑な機材運用となっているはすだけど、こういった機材繰り情報がわかるとおもしろいのになぁ、、、

飛行機を利用するときには、「この飛行機、どこから飛んでいたのかな?」なんて考えてみると、旅の楽しみも広がるはず!
日本の空を、楽しもう!

[PR]
2015年もあと10日あまり。年越しの準備はいかが? 
初詣の計画をたてるなら、「羽田空港神社」はいかがだろうか?
a0226258_22395764.jpg
▲羽田空港第1ターミナルの1階、中央部分の奥にひっそりと鎮座する航空の神さま
a0226258_22412669.jpg
▲最近ではパワースポットとしても人気があるそうだ。
飛行機好きなら、一度はお詣りしておかないとね!

ソラの安全祈願のために建てられた神社で、新橋にある航空神社の分祠にあたるそうだ。
エアポートラウンジの横の通路を進み右に曲がったわかりにくい場所にあるから、迷わぬようにご注意を! せっかくだから地図も載せておこう(^_-)
a0226258_22391587.jpg



来年も、安全な運行が行われることを祈りながら、
日本の空を、楽しもう!

[PR]
近所の小さな公園に銀杏の大木がある。
千里ニュータウン誕生の頃に植えられたと思われるから、樹齢は50年前後だろうか。今年も見事に、落ち葉の絨毯を敷きつめてくれた!
a0226258_08475956.jpg
▲12月13日、大木のまわりが落ち葉で埋まる。。。


a0226258_08482807.jpg
▲11月27日、黄色に染まり始めたころ
a0226258_08481186.jpg
▲12月7日、ほぼ全体が黄葉した状態


落ち葉の写真を撮ったところで、昨年も同じ木を撮っていたことを思い出した。それがこれ。
a0226258_08501736.jpg
a0226258_08502738.jpg
▲この2枚は2014年11月29日に撮影


今年の落葉は、昨年と比べて10日から2週間ほど遅くなっている。
この冬はとても暖かな日が続いているし、これも温暖化の影響なのだろうか??
と思い調べて見ると、気象台がしっかりと定点観測していることを知った!
a0226258_08591842.png
この観測によると大阪での銀杏の落葉は11月27日、逆に昨年よりも3日早いではないか。。。
温暖化が進むと桜の開花は早まり(春が早く来る)、銀杏の落葉は遅れる(秋が遅く訪れる)はずなのだが、おかしいなぁ。個体差なのだろうか? 日当たりなどの条件によるのだろうか?
いろいろと気になるがよく分からない。調べてみないと。

大阪管区気象台のレポートページはこちら
(各地方気象台でも同様に定点観測されているよ)


空を楽しむためには気象の変化は大切な意味を持つ。
植物の営みにを愛でるとともに、その変化にも敏感でいたいなぁ。

今日も日本の空を、楽しもう!


[PR]
師走にしては異常に暖かくなった2015年12月9日、
空はいろんな雲を見せてくれた。
その中から巻雲をいくつかご紹介。

a0226258_17242693.jpg
▲広角レンズ(約15mm)
a0226258_17244112.jpg
▲標準レンズ(約45mm)
a0226258_17245683.jpg
▲望遠レンズ(約120mm)

巻雲は5000m〜13000mの高い空、
小さな氷の粒が、
成長しながら落下してできた雲。

風の向きや氷の大きさで、すじのようにみえたり
かぎのように曲がったり、様々な形をみせてくれる。
a0226258_17334256.jpg
▲五線紙に書いた音符にみえなくもない♫

a0226258_21590291.jpg
▲その後はたくさんの「つぶ雲」が浮かぶ巻積雲へ。
中心には「穴あき雲」(ホールパンチ雲)が出現
a0226258_18010944.jpg
▲巻積雲が一面に広がり、「ぶつぶつの空」に!
鮫皮のおろし器にみえなくもない(^^;)


巻積雲はすぐにすぐに薄れて、蒸発してしまう雲でもある。
見かけたらラッキー♫
写真にのこしておこう!


日本の空を、楽しもう!




[PR]
by airbornjapan | 2015-12-13 17:35 | Sky | Comments(0)
12月9日。今日は高気圧が優勢の気圧配置のなか、高い空にいろんな雲が浮かんでいた。
珍しい雲のひとつ「穴あき雲」、別名「ホールパンチ雲」にも出会えたよ!
天の上から「ふっ」って息を吹きかけたような「ホール」がわかるかな?
a0226258_21590291.jpg

うろこ雲に石を投げ込んだかのように空いた穴。穴の真ん中からは筋のように垂れ下がった「尾流雲」も見えている。
夕方のニュースでは、尾流雲が太陽の光で虹色に輝いている写真も報じられていたから、各地で観測されたのだろう。
発生するロジックは以下の通り。Wikipediaさんより引用

穴あき雲(あなあきぐも, : fallstreak hole, hole punch cloud, canal cloud, cloud hole)あるいはホールパンチ雲とは、層状に薄く広がった巻積雲高積雲でみられる、円形の隙間が開いたのこと。隙間の下には垂れ下がるような筋状の尾流雲(降水条)がみられることが多い。
層状の雲を構成する雲粒が、氷点下にありながら凍結していない過冷却の状態にあって、ある一点で凍結が始まると、飽和水蒸気圧の差によって周囲の水滴が蒸発して氷晶表面に昇華し氷晶が急速に成長する現象(ライミング)が発生する。そして、成長した氷晶は落下を始める。これにより、雲に円形の穴が開き、その中心付近から筋状の尾流雲が降りる。尾流雲は氷晶からなることが多いので、羽毛のような巻雲の形状をしていることが多い。凍結開始のきっかけとしては、層状の雲が2層以上に重なっていて、上層の雲から落下してきた氷晶が過冷却雲層に達すること、などが指摘されている。

ちょっと難しい解説だけど、空中にできた氷の粒がまわりを巻き込みながら大きく成長して落ちていく、と考えればよさそうだ。
a0226258_22055598.jpg
▲こちらは2年前に撮影したもの。やはりぽっこりと穴が広がっている。
a0226258_17403247.jpg
▲こちらは2008年5月の「穴あき雲」。
「誰のイタズラ?」と思ってしまうよね?

うろこ雲や刷毛で書いたような巻雲がでる気象条件の空には、穴あき雲が出現する可能性があるから、空を見上げてみよう。巨人のイタズラ(?)が見られるかも(^^)/

日本の空を、楽しもう!

[PR]
by airbornjapan | 2015-12-09 22:16 | Sky | Comments(0)