国内線だけど、国際線機材のビジネスシートを味わえる路線のひとつが伊丹〜成田を結ぶNH2176&NH2179便。写真は彩雲の虹色をバックに、大阪の空を上がって行くNH2176便。
a0226258_11522758.jpg
一時はファーストクラスに座れる3クラスシート仕様のB777−300ERで運航されていたが(当時の搭乗体験はこちらを参照)、ここ数年はB767−300ERと機材変更されていた。しかし、最近は2クラス仕様のB787−8(DreamLiner)での運航となっているようだ。
a0226258_11524565.png
シートマップはこれ。プレミアムクラスの設定はなく、全席普通席なので7列目までの予約を取れれば、国内線で国際線ビジネスシートを体験することができるよ!
a0226258_11524986.png
ただし、シートはゴージャスなスタッガード仕様ではなく、普通のクレードル仕様が多いようだ。
ANAのB787−8国際線仕様機材には中距離用の240席と長距離用の169席仕様があるが、伊丹〜成田のNH2176便には240席仕様の機材が充てられるケースが多いみたい。JA840A、JA834A、JA829Aなどは240席仕様の機材。
ちょっと早めに予約して、座席指定すれば約1時間の国内線フライトにも楽しみが増えるはず♫
早めのアクションで、日本の空を、楽しもう!


【追記】
B787での運航は2月中旬まで。その後はB767、B777での運航が予定されている。B777ではプレミアムクラスの設定もあり、前方席はファーストクラスのシートを利用できるチャンス! 予約の際は使用機材のチェックをお忘れなく!



[PR]
# by airbornjapan | 2017-01-27 03:29 | Flight | Comments(0)
あけましておめでとうございます。

a0226258_00123575.jpg
ふるさとの街、和歌山・和歌浦天満宮のおみくじは「中吉」。そこに書かれた和歌は
「庭の面は まだ乾かぬに 夕立の 空さりげなく すめる月かな」 
この月の美しさは人生の幸福を象徴している。。。
a0226258_00141663.jpg
うん、月を愛でるよ、今年もね♬

a0226258_00135085.jpg
日本の空を、月を、楽しもう!
今年もよろしくお願いいたします。


[PR]
# by airbornjapan | 2017-01-02 00:18 | Sky | Comments(0)
2016年も12月半ばとなってしまった。月日が経つのは、早い!
焦る気持ちを神様も案じてくれたのか、虹色の空に連続で出会えることができた。
おかげで、すこし癒やされたなぁ、、、(^^)/

●ノーマルな「虹」
2016年12月6日、大阪符茨城市にて。午前中10時頃、地表近くに虹が出現。  
a0226258_14125622.jpg
●「環天頂アーク」、別名「逆さ虹」
2016年12月8日、西明石市にて。太陽の上部に出現。「虹」と比べると7色の順が逆、だから「逆さ虹」とも呼ばれる。
a0226258_14132788.jpg
●「彩雲」 
太陽の光が雲の向こうから差し込み、虹色に変化する。2016年12月12日、大阪府吹田市にて。
a0226258_14211023.jpg


●「幻日」 
太陽の両側に出現する虹色に輝く光のスポット。2016年12月13日、大阪府吹田市にて。
a0226258_14243461.jpg
a0226258_14233542.jpg

虹色の空、、、良いでしょ♫
見上げて探してみると、結構出会えるものなんですよ、虹色に!

今年も残りわずか。クリスマスまでに、また出会えるかな、虹色に。
日本の空を、楽しもう!


[PR]
2016年12月3日、今夜は西の夕空で、月と金星がランデブー♬
a0226258_22335343.jpg
ウインク顔にみえなくもない(^_-)
a0226258_22315120.png

そしてもうひとつ、月がみせてみせてくれたが“地球照”
地球で反射した太陽光が、月の影の部分を照らし出し、月の全体像がうっすらと見える現象だ。
地球照を英語では "Earthshine" と言うそうだが、もうひとつ"Da Vinci glow"(ダ・ヴィンチの輝き)という表現もあるようだ。

天才レオナルド・ダ・ヴィンチは1500年代初頭、コペルニクスの地動説が発表されるよりも前に、地球の反射光が月を照らしていることに気付いて、ノートにそのことを書き残していた。彼の発見に敬意を表してつけられた名前が"Da Vinci glow"(ダ・ヴィンチの輝き)。
a0226258_23020554.png
ダ・ヴィンチさん、あなたは本当は宇宙人だったんでしょ?

詳しくはこちら

a0226258_22342401.jpg
本日のDa Vinci glow"
うまく撮れていなくてゴメン!


ちなみに、明後日は月と火星が接近するよ!
日本の空を、楽しもう!

[PR]
# by airbornjapan | 2016-12-03 23:02 | 天文 | Comments(0)
昨日(11月5日)、TBSの番組でJAL協力の情報番組が放送されていた。
その中で紹介されていた「1000円で憧れのビジネスクラスに乗る驚きの方法とは!?」コーナー。
このブログでも何度かご紹介しているが、国内線を飛ぶ国際線のゴージャス機材を狙うという方法だ。
「Jクラス」の追加料金1000円でビジネスクラスのシートがゲット出来るというヤツ。

紹介されていたのは
●成田〜伊丹間 JAL3002便(伊丹⇒成田)、JAL3007便(成田⇒伊丹) 
●成田〜中部(セントレア) JAL3082便(中部⇒成田)、JAL3087便(成田⇒中部) 
の2路線だ。

このうち、伊丹〜成田はB777−300ER、ファーストクラスが設定された4クラス機材なので
こんなシートに乗ることもできる! (画像はJALさんからお借りしました)
 
a0226258_16304674.png
シートの数は8席限定、予約は早く入れないとダメだけどね!
チャンスがあれば、1時間のファーストクラスの旅を楽しんで♬

ANAも同じようなフライトがあるよ。
こちらの記事も参照してね。

中部空港(セントレア)便はB787での運航もあるよ。




ちょっとした工夫で、日本の空は楽しめる!

[PR]
# by airbornjapan | 2016-11-06 16:38 | Flight | Comments(0)
雲に太陽の光があたり、薄く虹色に変化する「彩雲」。
「幻日」を「彩雲」と間違えるケースも多いのだけど、今回ご紹介するのはほんとの「彩雲」。
(幻日と彩雲の見分け方は
を参照してね)
a0226258_09013600.jpg
太陽が左上方にある。光が雲粒にあたり、散乱して虹色がかるのだ。
a0226258_09034572.jpg
a0226258_09044787.jpg

彩雲と似ているのだが、太陽のまわりに環になって虹色に染まるのが「光環」
a0226258_09060112.jpg
右側に太陽があり、ぽつん浮かぶ雲の影が、薄雲に映る不思議な光景。
a0226258_09052850.jpg
こちらは光環の真下を横切る旅客機だ。

a0226258_09063620.jpg
これも「光環」。太陽のまわりに環ができるという意味がよくわかるよね。



日本の空を、楽しもう!


[PR]
季節はすっかり秋色。
キンモクセイの香りもピークを越えたかな。。。
高い空には巻雲や、巻積雲が浮かぶこの季節は、「幻日」に出逢うチャンスでもある。
手を伸ばし、てのひらで太陽を隠したとき、てのひらの両側くらいに輝く虹色をみつけたら、それが「幻日」だ!
a0226258_09273247.jpg
▲10月12日、伊丹空港から離陸したB777だろう。その上に幻日が輝いている。
a0226258_09305585.jpg
▲10月21日、夕暮れの阪和高速道路上に現れた幻日。うっすらと虹色に染まっている。

幻日の虹色は縦に現れるのが特徴。赤の方向に太陽があるはずだ。
薄い雲が浮いている空を見かけたら、太陽と幻日を探してみてね!

a0226258_09314062.jpg
▲秋空と観覧車(EXPOCITY)


日本の秋空を、楽しもう!

[PR]
今朝の出来事。
東の空が、それも一部だけがピンポイントで急に赤く染まり始めた! 大きなストーブの炎が燃えるようなあか。その上には三日月も🌙見えている。
a0226258_07213589.jpg

ふと振り返ると、西の空には虹‼︎
うっすらとダブルだ♫
a0226258_07213609.jpg


なんてゴージャスな夜明けだろう。
ありがとう、そらの神様!
いいことあるかな(-_^)

日本の空を、朝から楽しみましたよ!


[PR]
2016年9月22日、本日は秋分の日。昼と夜の時間が等しくなる日。
夜明けの空が、季節を分ける日にふさわしい様子をみせてくれた。
a0226258_21422761.jpg
低い空には夏の空気の名残なのか、モクモクとした黒い雲。
高い空にはかすかに巻雲もみえている。
中間の積雲には、朝日が射し込んで紅色から黄金色に。

まだまだ寒暖を繰り返して季節は巡っていくのだろう。

夜明けの空は季節の移り変わりを感じられる貴重な時間。
少しだけ早起きして、日本の空を、楽しんでみよう(^_-)

[PR]
# by airbornjapan | 2016-09-22 21:47 | 気象 | Comments(0)
国内線でも、国際線仕様のゴージャス機材に乗れる「レア路線」がいくつかある。
たとえば伊丹〜成田で、国際線機材が使用されている便はJAL、ANAとも毎日往復1便ずつある。
(詳しくはこちらの記事を参照)
おなじように、中部国際空港(セントレア)〜成田間も「レア路線」のひとつ。

特にJALは国際線でしか使用していないB787が、国内線として運航されることがあるので、狙って乗りたい路線だ!
a0226258_13574184.jpg
▲2015年8月にセントレアで撮影したJALのB787。ANAのボンバルディアと並んでいることから国内線ターミナルであることがわかる

a0226258_13582742.jpg
▲羽田へ向かうANA機内からみた国際線仕様のJAL787(JA839J)


早朝8:20発のJAL3082便はB767で運航されることが多いようだが、日によって787-8、787-9に機材変更となる。

a0226258_14081319.png
使用機材は予約サイトからも確認できるので、早速チェックしてみると、、、。明日(2016年9月19日)の「クラスJ」席は残席4。白いマークの「クラスJ」は国際線仕様機材だと書かれているので、これは787のビジネスクラスシートということだ!

逆区間をみるとJAL3087便(成田空港18:30発)は789(B787-9)となっている。
普通運賃で22050円。レア路線を狙って、つかの間のゴージャス気分の体験してみては!?

豪華なシートで日本の空を、楽しもうよ!


[PR]