トラブルが続くANAから、こんどはかなり深刻なトラブルが発表された。
a0226258_09415457.jpg
世界で初めて導入したB787のエンジンに問題があり、改修作業のため欠航便が継続して発生するというのだ。
(AviationWireさんのこちらの記事に詳しく書かれている http://www.aviationwire.jp/archives/98012

問題が発生したのはロールスロイス社製の「トレント1000」型エンジン。発表資料によると2016年に入って3度のエンジントラブルで離陸空港に緊急着陸する事例がおこっている。

1)2月22日 クアラルンプール発成田行きNH816便
2)3月3日 ハノイ発羽田行きNH858便
3)8月20日 羽田発宮崎行きNH609便 

さらに、原因は違うとされるものの、離陸時のエンジントラブルで緊急中断した事例が
4)8月15日 成田発上海行きNH692便
そして発表当日の朝にも離陸中のトラブルによる緊急着陸事例が発生し、原因がまだはっきりしていない。(⇒ANAのリリース
5)8月25日 羽田発福岡行きNH241便 

怖いのはいずれも離陸中で、高度がそれほど高くない状況でトラブルが発生していること。旅客機は片方のエンジンだけでも飛行できる性能はある。しかし、2つのエンジンが同時に停止すれば、あとはグライダーのように滑空するしかできない。高度が低ければ滑空の余地もない。これだけトラブルが続くと、2機のエンジンが同時にストップする緊急事態の可能性も心配してしまうのが人情だ。


「ハドソン川の奇跡」と呼ばれる事件があった。離陸直後の高度850mという低空でバードストライクしたA320型機の両エンジンがストップ。空港に引き返すことも不可能だったが、機長の奇跡的な操縦によってハドソン川に不時着して、無事に救助されたという事件(映画化され2016年秋の公開予定)。詳しくはWikipediaさんの記事を参照して欲しい。

ANAのB787も両エンジンがストップして海上に不時着、「東京湾の奇跡」という事態だけは避けなければいけない。そのためには、徹底的に問題を排除してほしい。



実は、ロールスロイスのエンジンはA380に装着された「トレント900」型でも、飛行中にエンジンが破損し機体を損傷させるという、重大トラブルを発生させている。原因は設計通りに製造管理が行われていなかったこと(詳しくはこちらの記事を参照
a0226258_09202430.jpg
▲カンタス航空のA380型機でのエンジン破損事故(写真はREUTER、WSJさんより引用)


ロールスロイス社の品質管理は信頼できるのか?
そんな不安を抱いてしまうよ。

B787に搭載された「トレント1000」型は、787用に開発された最新型。そして、787を世界で初めて運航させたのはANA。そのため、いちはやく不具合が出現するのもANAの機材から、という背景があるのだろう。であれば、改修作業も速やかにANAから完了させておくれ!


日本の空を、安全第一で楽しもう、、、!



[PR]
2016年8月22日、台風10号が関東に上陸する予報が出ている!
既に欠航便が100を超えるなど、今日一日、羽田、成田空港の運航はかなり混乱しそう。。。
a0226258_07333298.png
▲22日6:00の大気の動き。これだけの風が渦巻いていると、欠航やダイバートが大量にでるかもしれない。

明日23日早朝7:30発の関空(KIX)〜成田(NRT)便をジェットスタージャパンを家族が予約しているのだが、果たして飛べるのか、、、欠航時の対応を調べて運航状況の確認をと思ったのだが、なかなか見つけられないサイト構成にプンプン。
これを機会にまとめておこう! 国内航空会社の運航状況確認はここ!

JAL
 
ANA

スカイマーク

エアドゥ

スターフライヤー

Peach

ジェットスタージャパン 

フジドリームエアラインズ



ちなみにジェットスタージャパン、やっと見つけた約款はここ ジャットスタージャパン運航約款
欠航した場合は自社便への振替、もしくは払い戻し。天候理由だろうと、整備不良だろうと対応は同じ。LCCの基本的なルールだよね。(ただ、ユーザーのブログなどをみていると自社都合の場合はホテル手配などを行ったケースもあるようだ)


■オマケ情報 
風が強すぎると空港はクローズとなる。全国各空港の気象はこちらからチェックできるよ!
気象庁 空港の気象

a0226258_07564417.png
▲午前7:00の羽田空港の気象。北北東の風が10m弱。これから東風に風向がかわると運用が難しくなりそう、、、



大阪の空は朝からピーカン、灼熱だよ、、、
台風に負けるな!
日本の空を、楽しもう!



[PR]
# by airbornjapan | 2016-08-22 07:57 | Comments(0)
2016年8月21日(日曜日)、今日の伊丹空港は初便から“ワンフォー”運用となった。
ワンフォーとは通常とは逆向きの滑走路・ランウェイ14を使用する運用方法で、“逆ラン”とも呼ばれる。
a0226258_17014797.jpg
▲成田行きのNH2176便。今日の機材はSTAR ALLIANCE塗装のB767-300ER!(JA614A)
a0226258_17024417.jpg
a0226258_17031163.jpg
▲ぽかりと浮かぶ積雲の上を通過するB737。機影が雲に映り、編隊飛行しているようだ!

a0226258_17022673.jpg
▲何かおかしい、、、と思ったらギア(車輪)がアップされていないB787。通常はもっと早くに格納されるはずだけど、慣れない離陸でギアアップが遅れた、、、?


南岸を西へ向う台風10号の影響で東寄りの風が強く、珍しく晴れ渡った夏空でのワンフォー運用が続いたが、残念ながら17:00前に通常のランウェイ32へと戻っている。


以前の記事にも書いたが、風向きに注意しておくとワンフォー運用は予測することができる。
空港周辺の風向きはこのサイトから。
気象庁 アメダス(大阪空港)


a0226258_17074170.png
大きな風の流れはこのサイトから確認するといいよ!
https://earth.nullschool.net/
a0226258_13501354.jpg

日本の空を、楽しもう!

[PR]
2016年8月21日、3つの台風が接近中。
通常の台風がたどるコースとは全然違う、不思議なルートでせまるやつら。
台風がつくり出す大気の渦、風の動きを可視化したのがこの写真。
a0226258_13494391.jpg

大きな目玉は9号と10号。この後はそれぞれが別の方向に進む予報が出ている。特に10号は沖縄方面へ南下するという、初めてお目にかかるようなルートをたどるよう。
a0226258_15361301.png
23日には家族が関西空港から成田空港へフライトする予定なのだが、大丈夫だろうか、、、
しかもLCCのジェットスタージャパンのフライト。欠航となるとややこしそう、、、
台風よ、早く過ぎ去っておくれ。


上記の写真、風の流れをみせてくれるのはこのサイト。グーグルアースと同じ要領で、希望の地点の画像を拡大縮小することができる。地表の風だけでなく高空のジェット気流の流れも表示できるよ。活用してみて!
https://earth.nullschool.net/


台風に負けずに、
日本の空を楽しもう!





[PR]
# by airbornjapan | 2016-08-21 15:44 | 気象 | Comments(0)
RCサクセションの「雨上がりの夜空に」はご存知だろうか? 
こんな夜に、お前に乗れない…♪ 発車できない…♬ というオトコの気持ちを込めた歌だ。。。
2016年8月14日、この名曲の歌詞が現実のものとなった、悲しい出来事が伊丹空港で発生した。
a0226258_22121939.jpg
▲写真は別の日、無事に伊丹空港を飛び立つANA機


この日、夕方のゲリラ豪雨のため空港機能が一時マヒした伊丹空港では、発着ダイヤが大幅に乱れていた。
ANA511便(宮崎行き)は定刻19:55発だが、ダイヤ遅れの影響で離陸のため滑走路までたどり着いたのは21:00を過ぎてしまったのだ。もちろん乗客も搭乗し離陸ゴーサインを待つだけの状態で、、、
乗客はみんな「飛んでくれ!」と祈っていただろう。

しかし、下された判断は無情にも「欠航」
伊丹空港の運用時間は7:00〜21:00。
門限を過ぎた場合、到着機は他の空港へダイバート(行き先変更)となったり、出発地へ引き返したりする。
発車(?)できない離陸機は「欠航」となってしまうのだ。。。

残念ながら、511便も飛び立つことが出来ずに「欠航」となってしまった。
雷雨もあがってコンディションは良好なのに、飛び立つことが出来ない、、、
あとほんの数分だったのに、、、

「こんな夜に お前が飛べないなんて・・・」 

ああ、伊丹空港の悲劇。


この場合は、エアライン責任の欠航扱いになるのだろうか?
それとも、台風や大雪などと同様、不可抗力となるのだろうか?
1時間遅れでなんとか乗り込んだものの、結局は大阪に留め置かれた乗客への対応も気になるところ。
対応を調べてみたいと思う。


⇒追記 
ANAに電話で確認したところ、原因によって対応も違うとのこと。
整備不良などの自社責任の場合は代替交通機関や宿泊などの手配も想定できるが、
台風や悪天候などの不可抗力の場合は手数料ナシでのフライト変更または払い戻しとなるようだ。
このときは雷雲発生による天候要因だったので、飛べなかったお客さんは泣く泣くお帰りになったのだろう、、、


関連記事 「欠航や遅延、ダイバート。その対応は航空会社によって大きく違う!」


もしも、こうしたトラブルに巻き込まれても、悠然と構えていられる人でいられるだろうか?
「あと5分、なんとか飛ばしてくれてもいいやん!」って文句を言いたくなるだろうな、、、
でも、相手が雷様だと文句も言えないか。

a0226258_22375350.jpg


エアラインの運航にはいろんなトラブルが起こるけれど、
いちいちカリカリしていないで、広い心も大事〜
ゆったりと構えていられる「オトナ」になりたいものだ。

日本の空を、楽しもうよ!



[PR]
ANAのプレミアムメンバー向け会員誌が新しくなった。
AZURE (アズール)が全面リニューアルされ、 ana-logue (エーエヌエー・ローグ)へ。
a0226258_23024830.jpg
この会員誌はマイレージ会員のダイヤモンド、プラチナ、スーパーフライヤーズ(SFC)ステイタスの人に対して、季刊で送付されていたもの。2008年の創刊号を手に入れて以来、毎号楽しみにしていた冊子だ。

AZURE (アズール)とは「澄み切った空の色」という意味。ANAプレミアムメンバーに対して、より豊かな人生の役に立つ情報を提供することを目指す。キーワードは「上質な温かさ」と、創刊号の目次に山元社長(当時)からの挨拶として書かれてあった。

ana-logue (エーエヌエー・ローグ)には、「これからの豊かさ」をANAの言葉(logue)でお伝えする…そんな想いを込めた誌名だと01号の目次に書かれてある。ただし、発信者の署名がない。編集部からの言葉ということだろうか。


率直に言って、とてもつまらない冊子になってしまったよ。残念…


版型や紙質も変わったのだけど、一番残念なのは特集記事の内容。
「ニューヨーク コミュニティ・ハブの物語」
「環境を愉しむ 山形のDIYピープル」
「人生を豊かにする 靴磨きの時間」という3本の記事があるのだけど、
何を伝えたいのかよくわからない仕上がりになっている。

何故だろう? 
「コミュニティ・ハブ」「DIYピープル」という聞き慣れない概念、新しい(ひとりよがりの?)概念をテーマにしているせいもあるのだろう。ただ、写真にはキャプションもなく、知りたいことが載っていないという、ストレスのたまる誌面になっている。
提案や啓蒙を目指すのであれば、もっとていねいな、親切な誌面作りが必要なのだと思う。
推測なのだけど、取材・撮影・原稿制作に対する予算は数分の一に減っているのではないだろうか? 

この誌面が優良顧客に対するメッセージ、ANAからの言葉(logue)だとするなら、ANAファンを減らすことになるだろう。。。やばいよ。
いろいろ思うこともあるのだけど、青組の自分としてはANAに頑張って欲しいと思っている。頑張れると思う。
気になる箇所も多数あるので、ページに朱書きをして編集部に意見をお伝えしてみるよ。


a0226258_23025479.jpg
▲創刊号からほとんど揃っているバックナンバー。今読み返しても面白い記事がたくさんあるよ!



今日の空は澄み切っていたなぁ、、、
a0226258_23390926.jpg
a0226258_23424504.jpg
▲失敗したら、やり直せばいいんだよ。787もいくつものトラブルを乗り越えてきたのだからね


日本の空を、楽しもう!


[PR]
# by airbornjapan | 2016-08-10 16:52 | AirLine | Comments(0)
太陽を中心として虹色の環ができる現象を日暈(ひかさ、にちうん)、暈(かさ)、ハロと呼ぶ。
a0226258_08424973.jpg
▲2016年4月6日、大阪の空に出現した暈(かさ)。桜とのコラボだ!
a0226258_04352168.jpg
▲こちらは2017年4月5日、日暈とその上に浮かぶ環天頂アーク(別名 逆さ虹)

呼び名はいくつかあるのだが、その発生ロジックは明確。高い空に浮かぶ氷の粒に太陽光が屈折、反射して虹色の環がみえるのだ。高い空の水蒸気量が増えている証しで、天気が崩れる前兆でもある。飛行機雲ができる条件とも同じなので、虹色の環と飛行機雲が一緒に撮られている写真も多い。また同時に環天頂アークや、環水平アークが見られることも多い『光学現象』だ。環天頂アークはこちらのエントリーも参照♪


だから、地震とはまったく関係ない。

しかし、あたかも地震の前兆のようにウェブ誌面をつくる報道機関がある。
「沖縄タイムス」がそれ。
ここに2016年4月23日のWEBキャプチャーを貼っておく。
a0226258_08455005.png
沖縄県名護市で観られた日暈。美しい写真もついていて、とてもいい記事だと思う。
しかしだ、記事のど真ん中に挿入されたリンクはいったい何だ!?

「沖縄で大地震の可能性 今後30年で30%」

画面下には関連リンクもあるが、2番目に出ているのが
「19世紀の地球は地震多発? フランスで文書発見」だ。

まるで、日暈と地震が関連しているとでも言いたげな誌面構成。
虹色の空は地震の前兆なのか? そんなことはありえないだろ!
まったくのミスリード誌面、これぞマスゴミだ。

何故、こんなひどいリンクをいれるのだろう?
ページビューが欲しいだけか?
そうだとしたら報道機関にあるまじき行為だ。
こんなデマをまき散らすメディアは、今すぐ消えるべきだと思う。


【追記】
その後もずっと同じ体裁のまま掲載されている。
ほんとうにひどい。



日本の空を、正しく楽しもう。



[PR]
「Pokemon GO」が大ブームとなっているそうだ。まもなく配信開始とされる日本でも、ヤバイことになるかも…。
あれっ、そういえば、、、残念なことに気がついてしまった! 長年日本の空を飛び続けていたANAの「ポケモンジェット」が、つい先日惜しまれながらその姿の消したばかりなのだ。。。
a0226258_14425223.jpg
a0226258_04240940.jpg
▲B777-300(JA754A)は約5年間にわたって特別塗装機「ピースジェット」として国内を飛び続けてきたが、2016年4月から通常のANA塗装に戻っている。こんなに大きなピカチュウが描かれていたのだが(>_<)
a0226258_13491211.jpg
▲B747-400D(JA8957)ピカチュウジャンボ
a0226258_13525582.jpg
a0226258_13491891.jpg
▲B747-400D(JA8956)お花ジャンボ。B747ジャンボジェットはすべて退役しているので、この2機も今は見ることができない。。。

ANAは2015年4月に、「STAR WARSプロジェクト」を展開すると発表した。国内ではフラッグシップキャリアの地位を固めつつあるANAだけど、国際的には知名度はまだまだ低い。日本の英訳はJapanなので、[All NIPPON Airways]といわれても日本のエアラインと分かってくれない人もいるという。そこで10年ぶりの新作が上映される「STARWARS」とコラボレーションした世界的なキャンペーンを展開しはじめたわけだ。「R2-D2」、「BB8」とドローン塗装の国際線用機材2機と、国内用の1機に続いて、7月15日には4機目の特別塗装機「C-3PO」の登場を発表したばかり。
a0226258_14060633.png
▲B777-200が特別塗装される。2017年3月就航予定、こちらは国内線用機材なので、大阪にも飛んできてくれるだろう♬
ANAの特別サイト

ここで沸き起こってきたのが「ポケモンGO」ブームだ。7月7日から配信が開始され、約5日間で1500万ダウンロード、ユーザーの平均利用時間は33分とすでにFacebookを超えているという報道もある!

なんと、これは、、、
世界的知名度を上げることを考えれば、
ドロイドよりもモンスターのほうがよかったのでは!?
いまごろANAさん、および広告代理店の皆さまは、さぞかし悔しがっているのではないだろうか・・・ 


子ども達には妖怪ブームがおこり、ポケモン人気が下降しているなかでプロモーションをどうするか? ANAと広告代理店は世界的な知名度やターゲットへの訴求度合いを考えてSTARWARSでいこう! と判断したのだろう。。。
しかーし、急に風向きが変わってきた!?(ヘッダーをはしっていたつもりが、逆サイドから強烈なブローが吹き寄せてきたみたい。ヨットに例えるとね)

2020年3月までの5年間はSTARWARSとの契約があるはずだ。ポケモンGOがどんな展開になっていくのか今の時点では未知数なのだけど、振り返ったときに「やっぱりSTARWARSにしておいてよかったね」って語れるように、頑張るしかないねANAさん!

でも、これだけは言える。
嵐の羽田空港でみかけた
ピカチュウジャンボの尾翼は、
文句なしにカッコ良かったよ!
a0226258_14323428.jpg
a0226258_14364735.jpg
▲台風の強烈な南風を受けながら、すまし顔で飛び立っていくピカチュウ。。。ほれぼれするぜ!!

ドロイドでもモンスターでも、なんでも来やがれ〜
日本の空を、楽しもう!


[PR]
# by airbornjapan | 2016-07-18 15:09 | AirLine | Comments(0)
ジェットエンジンに魚のひれ、フィンのような板がついているのをご存知だろうか? 
a0226258_07531931.jpg
a0226258_07572832.jpg
a0226258_07573881.jpg
▲上からB737、B777、B787のエンジンと微妙にカタチの違う「ストレーキ」

「ストレーキ」「ストレーク」、または「チャイン」と呼ばれる部品なのだが、このフィンが飛行機にとって大切な役割を果たしていることを知っている人は少ないかもしれない。。。2016年7月12日、B787-9のフライトで、「ストレーキ」の働きをムービーに残せたのでご紹介しよう!

伊丹空港からの離陸シーン、40秒あたりで「ガタン」を音がしてメインギアが地面から離れエアボーン! その直後、エンジンについたひれ「ストレーキ」から一筋のチューブ、リボンのようなものが出現したのがわかるだろう。これはストレーキによって流れを変えられた空気が、渦をつくりながら流れる姿が可視化されたもの。渦をつくることで空気のはく離を防ぐための装置が「ストレーキ」なのだ。
a0226258_08093446.png
離陸の際、エンジンは推力を生み出す一方で、翼への空気の流れを乱す巨大な障害物でもある。放置すると空気は翼からはがれて失速の原因となる。空気の流れを整えて渦をつくることで、翼からのはく離を防ぐのが「ストレーキ」なのだ。映像では、見事に翼のカタチに沿って流れる渦を確認できる! そのあと、翼の上に「ベイパー」も確認できる。翼の上を高速で空気が流れて瞬間的に気圧が低くなり、水蒸気が飽和して雲をつくり出しているのが「バイパー」「ベイパートレイル」とよばれる現象だ。

ただし、ストレーキの生み出す渦を見るためには条件がある。
(ベイパーも同じ)
●離陸した直後など高迎角の機体姿勢
●空気中に水蒸気が大量に含まれていること

梅雨時や雨模様のフライトで、エンジンが見える席をキープできたなら「ストレーキ」や「ベイパー」に注目してみてほしい! 運が良ければ、翼の上を流れる空気を目で見ることができるから!


雨のフライトは景色がみえない、ってがっかりする必要はない。
雨の日ならではのシーンに出逢えるかもしれないよ♬
雲を抜けるとこんな空が待ってくれているしね(^_-)
a0226258_08473113.jpg
日本の空を、楽しもう!

[PR]
梅雨は明けていないものの燦々と太陽が照りつける晴れの日、積乱雲が湧く立つ前の午前中、高い空には巻雲や高積雲が広がっていた。ちょうど太陽が雲の向こう来たときに現れたのが虹色に輝く『光冠』だ(『光環』ともいうようだ)。
a0226258_21050859.jpg
▲2016年7月5日、大阪府吹田市より



虹色の空は素敵なのだが、まともに視界に入れると眩しすぎて撮影もままならないので、太陽は何かで遮りながら観察するといい。この時はマンション上階のバルコニーで影を作った。
a0226258_21050821.jpg
東の空に輝く光冠。夕刻には積乱雲によって夕立となり、太陽の反対側である東の空に虹が輝くこともある。太陽高度が高くなるお昼時には「環水平アーク」が出現することもあるなぁ。
そう、夏は虹色を存分に楽しめる季節でもあるんだよね〜♬


そうは言っても暑いんだけどね、、、
汗を流しながら
日本の空を、楽しもう!


[PR]