タグ:富士山 ( 7 ) タグの人気記事

ハミングバード・ディパーチャー。

とってもかわいいネーミングだよね♫

実はこれ、羽田空港で北風運用のとき、早朝3便のみに許可された珍しい離陸方法のこと。

▲武蔵小杉のマンション群をバックにハミングバードディパーチャーを行うB787


通常、騒音対策のために北風運用時の離陸は34R(C滑走路)と05D滑走路)を使用する。離陸後はできるだけ海上を飛行するためのルート選択だ。

▲34R(C滑走路からの離陸ルート例)
a0226258_21442608.png
▲05(D滑走路からの離陸ルート例)

ただ例外として早朝便、しかも低騒音機の3便に限って許可されているのが、34LA滑走路)から離陸するハミングバードディパーチャー。離陸後、上昇しながら左旋回をして、大田区の上空を通過して西日本方面へ向かう飛行ルート。住宅などの上空を通過するから、ラッシュ時に限り例外的に認められているというもの。ハミングバードとはハチドリのことなので、ハチドリの羽音のように静かに飛ぶからこのネーミングなのだろうか?

a0226258_21460485.png
a0226258_21464991.png
a0226258_21470559.png






実は、羽田空港内の展望デッキから、富士山を背景に入れた離陸写真を撮ろうと思うと、この3便が唯一のチャンスなのだ!

a0226258_21490931.jpg
a0226258_21495160.jpg
a0226258_21493585.jpg

写真は2017211日に撮影したもの。東京出張の際に、羽田空港内のホテルに泊まって、第1ターミナルの展望デッキに早朝出撃した写真♫ JALB737、エンブラエルANAB7873機が続けざまに離陸していった


富士山とピッタリかぶらなかったのだけど、雰囲気は分かっていただけるだろう。



しかし、この離陸方式が見直されようとしている。

大田区の広報ページによると、廃止されることは既定路線であり、できるだけ早期の実施を国土交通省に働きかけているということ。


羽田空港の離着陸コースは、2020年のオリンピックにむけて増便をはかるための新ルートの検討が始まっている(こちらの記事参照してね)。


こうした動きの一環として、ハミングバードディパーチャーが廃止される日が、意外に早くやってくるかもしれない。。。もしも、北風の日の早朝、時間は7:30少し前、羽田を訪ねるチャンスがあるなら、しっかりと目に焼き付けておいた方がいいと思う。



羽田で富士山バックの離陸写真を撮るのは今しかない!?

日本の空を、楽しもう!


ハミングバードディパーチャーはこちらの記事もみてね
(^^



[PR]
今朝、日の出の空には美しい巻雲(Cirrus)が空を漂っていた。
a0226258_07520743.jpg
上5000m〜10000mの高い空に浮かぶ巻雲は、上空の氷の粒が風に吹かれながら落ちていく姿。
大気上層の湿度が高まることで氷の粒が成長するため、天気が崩れる前兆でもある。

天気の崩れは西から東へと徐々に移動していく。例えば大阪は曇っていても、東京ではまだ巻雲が出始めたばかり、という状況が起こりえるのだ。伊丹から羽田へのフライトを通じて、空から見た巻雲の様子と天気の変化をご紹介しよう。
a0226258_07530761.jpg
▲伊丹はモクモクとした積層雲に覆われていたが、巡航高度7000m前後まで上昇すると雲海の上に出た。雲には切れ間も見え始めている。
a0226258_07531255.jpg
▲愛知県から静岡県沖を水平飛行中。積雲は途切れて、刷毛ではいたような巻雲が増えて来た
a0226258_07532699.jpg
▲伊豆半島あたりから高度を下げ始める。中央には雪を頂いた富士山の姿もみえる。海上部には低い積雲が浮いている。
a0226258_07533983.jpg
▲着陸への最終アプローチ中、房総半島・館山の上空から三浦半島方向の眺望。このあたりはまだ雲が少なく、天気が崩れる前触れの巻雲が美しい巻き毛のような姿をみせている。飛行高度は2000mから3000m程度だろう、すでに巻雲は飛行機よりも高い空に浮かんでいる。青い空と海、遠くには富士山の姿も! これぞ日本の空だ!



天気の変化って、きれいなものだよね♬
機上からも地上からも、日本の空を、楽しもう!


[PR]
by airbornjapan | 2016-05-24 08:05 | Comments(0)
a0226258_09214004.jpg

久々のフライト、ANA14便19A席からの富士山。寒波が緩んだせいか霞がかかっていて、荘厳な雰囲気。

この景色を見ると、日本に生まれてきて良かったと思うね‼︎


日本の空を、楽しもう‼︎



[PR]
尊敬する飛行機乗り、“飛行機道”の達人・パラダイス山元氏のFacebookで、昨日の富士山の様子を見かけた。(リンクはこちら)  きれいに雪をまとい「これぞ日本のやま、富士山!」という姿。今年もそんな季節になりました。だけど、空からの富士山はしばらく観ていないなぁ、、、
a0226258_08013307.jpg
▲2013年11月23日 ANA31便(羽田〜伊丹) 28K席より
機材はB767 JA8368

そして思い出したのが、パラダイス山元氏の著書「パラダイス山元の飛行機の乗り方飛行機好き、飛行機に乗るのが好き、マイルを貯めている、という人には絶対おすすめの一冊。写真はアマゾンさんからお借りしました。(Amazonの購入はこちら。)
a0226258_18262102.jpg

年間搭乗1022回、1日11回という記録を保持するパラダイス山元氏。元スバルのデザイナーにして、東京パノラママンボボーイズ主宰、マン盆栽家元をもち、さらに国際サンタクロース協会公認のサンタクロースでもある“奇人”が綴った「世界一役に立たない飛行機の乗り方の本がこれ。

東京から名古屋に行くために新幹線を使うなんてもってのほか。「羽田〜那覇〜石垣〜名古屋」は序の口、パスポートが必要な「羽田〜香港〜名古屋」ときたらクチをあんぐり。。。極めつけは「羽田〜フランクフルト〜名古屋」を読んだときには大笑いをしてしまったよ! ほんと、役には立たないのだけど、面白い。最高のエンターテイメントだと思うぞ、この本。

Facebookの記事によると、どうやら続編を執筆中らいしい。しかも、すべて搭乗中の機内で書いているそうだ。そうりゃそうだよな、1年間ほとんど機内食だけで生活したことがあるって書いてあったから、飛行機で暮らしているようなものだろう、きっと。なんて羨ましい暮らしっぷりだ〜! 続編、いつでるのかなぁ、、、


あーっつ、飛びたい、飛びたい!!
日本の空を、飛びたいよ〜!

[PR]
by airbornjapan | 2015-11-12 18:32 | Comments(0)
とてつもない酷暑が続く毎日。大阪では風も弱く夕立の気配もなく、「光化学スモッグ注意報」が発令中だ!
気象庁のページはこちら
「光化学スモッグ」とは、ちょっと懐かしい響きだけど、目がチカチカ、喉が痛い、頭痛、だるいといった症状が出るそう、、、笑ってもいられない。太平洋高気圧が勢力を保つと予測されるあと数日間は関東、東海、近畿、中国の広い範囲で要注意。

光化学スモッグとは何か?
以下オールアバウトより引用
光化学スモッグは、自動車や工場から排出される窒素酸化物や炭化水素が太陽の紫外線を受けて化学変化を起こしてできるもので、風が弱くて日差しの強い日に発生しやすくなります。高度成長期、工業地帯で多く発生していましたが、規制によって減少。しかし、最近都会のヒートアイランド現象に伴い、再び増加する地域もあります。症状は、目やのどに痛みを感じることが多く、ひどくなると吐き気や頭痛・手足のしびれや失神につながることも。
確かに、本日8月3日の大阪は空には白い霞がかかったように思えた。視程が悪く、空を飛ぶ飛行機もエンジン音だけがして機影は確認できないような状態だ。こんな天候の日は上空からも地上の景色はぼんやりと見えるもの。真夏のフライトから一枚。
a0226258_20501420.jpg
▲2014年7月30日、羽田〜伊丹のフライトから。17:25分に撮影。
入道雲が沸き立つ天候であれば富士山は見えないことも多いが、この日は霞の中に頂をみせていた。
a0226258_21041203.jpg
▲入道雲(積乱雲)が沸き立つと空気もかき回されて、光化学スモッグも発生しない。
2014年7月31日、大阪の都心部からの眺め。生駒山方面には雄大な積乱雲。


気温35℃以上の酷暑日、空が霞んでいるとしたら、それは光化学スモッグなのかも⁉︎
熱中症に光化学スモッグ、、、屋外での撮影には十分気をつけよう!



太陽には十分注意を払って。。。
日本の空を、楽しもう!




[PR]
by airbornjapan | 2015-08-03 21:08 | Sky | Comments(0)
伊丹便を始め、西日本各地から羽田空港へ着陸する便は
伊豆大島付近の上空を通過し、房総半島を経て羽田へと降りていく。
天気が良ければ大島空港へ降りる飛行機を見ることもできるはず!
活火山を抱え、土砂災害も発生した伊豆大島だが、空からは美しい姿をみせてくれる。
四季折々の大島の姿をご紹介!

a0226258_11561915.jpg
▲2009年2月16日 島のまわりには白波が取り巻いている(NH20 B777−300 JA754A 54A席より)

a0226258_11553021.jpg
▲2011年1月17日 伊豆大島、左上には富士山も(NH24 B777−300 JA754A 17A席より)


a0226258_12055570.jpg
▲2008年2月18日 伊豆大島・三原山の火口(NH20 B777−200 JA8197A 14A席より) 

a0226258_11575236.jpg
▲2007年9月7日 台風接近中の南風が強い中を着陸、島には低く雲が沸き立っている。このときは羽田空港では横風が強くなりゴーアラウンド(着陸のやり直し)。(NH16 B777−300 JA753A 56A席より)

a0226258_11572329.jpg
▲2008月年3月29日 大きく南下して伊豆諸島・利島の上空から羽田へ(NH22 B777−300 JA751A 7A席より)



日本の空を、楽しもう!



[PR]
by airbornjapan | 2015-01-24 12:19 | Comments(0)
伊丹から羽田、やはり一番の楽しみは「富士山」。
冬場に雪をかぶったFuji、夏の積乱雲に埋もれる富士、笠雲帽子をまとったふじ・・・。
四季折々の様々な姿で楽しませてくれる、「日本一」の山であることは間違いない。
a0226258_11123546.jpg
▲2010年12月8日NH18便(ITM〜HND)56A席より。機材はB777−300(JA752A)

a0226258_21053864.jpg
▲2010年6月16日NH30便(ITM〜HND)6A席より。機材はB777−200(JA714A)
a0226258_21070872.jpg
▲2007年10月11日NH37便(HND〜ITM)61K席より。機材はB777−300(JA753A)
a0226258_21050970.jpg
▲2007年11月15日NH23便(HND〜ITM)45K席より。機材はB777−200(JA714A)

富士山をじっくりと楽しむために必要になるのが、窓側席のキープ。
伊丹から羽田へは駿河湾から伊豆半島上空を通過していくので飛行機の左舷、「A席」を確保することが大切。
九州や四国からの便も基本的には同じルートを通過するので、「左側の窓」をオーダーしよう。

逆に羽田から伊丹へは右舷の「K席」が必須だ。
ただ、九州や四国へは富士山の真上や北側を通過する航路になるので、「A席」が特等席になるようだ。

チケットが取れたなら、まず窓側の席を予約する。。。
それが、空を楽しむための秘訣だ。

日本の空を、楽しもう!


伊丹から羽田、フライトを楽しむコツ シリーズ



[PR]
by airbornjapan | 2015-01-12 21:16 | Comments(0)