高度1万メートルを飛ぶジェット旅客機のスピードは、風によって大きな影響を受ける。
a0226258_04575026.jpg
沖縄でも雪が降るなど、超弩級の寒波が到来した1月25日の早朝、東西へ飛ぶキャセイパシフィック航空のB777-300ERで比較してみた。
a0226258_04542377.png
▲サンフランシスコ(SFO)から香港(HKG)に向かうCX893は時速675kmで飛行しているが、、、

a0226258_04543727.png
▲香港(HKG)から北米ロサンゼルス(LAX)へ向かうCX880は時速1250km!

その差はなんと575km。追い風と向かい風、フォローとアゲインストでこれだけの差が出るのだ! 単純計算すると287.5km、時速300km近い偏西風・ジェット気流の影響を受けている。実際、西へ向かう飛行機は時間もかかるし、燃料も余分に必要となる。例えば、ANAの直距離便・成田〜ムンバイ路線は、冬期のムンバイ行きだけが途中で燃料不足となるために給油のための着陸(テクニカルランディング)が必要となる。直行したいのだけど、風のせいでたどり着けないというわけだ。

偏西風の強まる冬場、「西へ向かう飛行機がゆっくり飛んでいるなぁ」と思うことがあるが、それは気のせいではない。ほんとうにスピードが遅いのだ。そんな時は、「頑張れっ!」とココロの中で応援してあげよう! アゲインストの風を受けながら必死で飛んでいるのだから(^^)/



寒いのはもう堪忍してほしいけれど、、、
日本の空を、楽しもう!









[PR]
師走にしては異常に暖かくなった2015年12月9日、
空はいろんな雲を見せてくれた。
その中から巻雲をいくつかご紹介。

a0226258_17242693.jpg
▲広角レンズ(約15mm)
a0226258_17244112.jpg
▲標準レンズ(約45mm)
a0226258_17245683.jpg
▲望遠レンズ(約120mm)

巻雲は5000m〜13000mの高い空、
小さな氷の粒が、
成長しながら落下してできた雲。

風の向きや氷の大きさで、すじのようにみえたり
かぎのように曲がったり、様々な形をみせてくれる。
a0226258_17334256.jpg
▲五線紙に書いた音符にみえなくもない♫

a0226258_21590291.jpg
▲その後はたくさんの「つぶ雲」が浮かぶ巻積雲へ。
中心には「穴あき雲」(ホールパンチ雲)が出現
a0226258_18010944.jpg
▲巻積雲が一面に広がり、「ぶつぶつの空」に!
鮫皮のおろし器にみえなくもない(^^;)


巻積雲はすぐにすぐに薄れて、蒸発してしまう雲でもある。
見かけたらラッキー♫
写真にのこしておこう!


日本の空を、楽しもう!




[PR]
by airbornjapan | 2015-12-13 17:35 | Sky | Comments(0)
12月9日。今日は高気圧が優勢の気圧配置のなか、高い空にいろんな雲が浮かんでいた。
珍しい雲のひとつ「穴あき雲」、別名「ホールパンチ雲」にも出会えたよ!
天の上から「ふっ」って息を吹きかけたような「ホール」がわかるかな?
a0226258_21590291.jpg

うろこ雲に石を投げ込んだかのように空いた穴。穴の真ん中からは筋のように垂れ下がった「尾流雲」も見えている。
夕方のニュースでは、尾流雲が太陽の光で虹色に輝いている写真も報じられていたから、各地で観測されたのだろう。
発生するロジックは以下の通り。Wikipediaさんより引用

穴あき雲(あなあきぐも, : fallstreak hole, hole punch cloud, canal cloud, cloud hole)あるいはホールパンチ雲とは、層状に薄く広がった巻積雲高積雲でみられる、円形の隙間が開いたのこと。隙間の下には垂れ下がるような筋状の尾流雲(降水条)がみられることが多い。
層状の雲を構成する雲粒が、氷点下にありながら凍結していない過冷却の状態にあって、ある一点で凍結が始まると、飽和水蒸気圧の差によって周囲の水滴が蒸発して氷晶表面に昇華し氷晶が急速に成長する現象(ライミング)が発生する。そして、成長した氷晶は落下を始める。これにより、雲に円形の穴が開き、その中心付近から筋状の尾流雲が降りる。尾流雲は氷晶からなることが多いので、羽毛のような巻雲の形状をしていることが多い。凍結開始のきっかけとしては、層状の雲が2層以上に重なっていて、上層の雲から落下してきた氷晶が過冷却雲層に達すること、などが指摘されている。

ちょっと難しい解説だけど、空中にできた氷の粒がまわりを巻き込みながら大きく成長して落ちていく、と考えればよさそうだ。
a0226258_22055598.jpg
▲こちらは2年前に撮影したもの。やはりぽっこりと穴が広がっている。
a0226258_17403247.jpg
▲こちらは2008年5月の「穴あき雲」。
「誰のイタズラ?」と思ってしまうよね?

うろこ雲や刷毛で書いたような巻雲がでる気象条件の空には、穴あき雲が出現する可能性があるから、空を見上げてみよう。巨人のイタズラ(?)が見られるかも(^^)/

日本の空を、楽しもう!

[PR]
by airbornjapan | 2015-12-09 22:16 | Sky | Comments(0)
波照間島で瞬間風速80mを記録した台風21号は、中国大陸で熱帯低気圧に衰えた。
しかし(!) 運んできた大量の水蒸気はその後も日本周辺の気象に大きな影響を与えそうだ。
10月1日から3日にかけて急速に発達すると、警戒予報が出ている「爆弾低気圧」。
最大風速は20mを超える見込み、、、寒冷前線も発達するので局地的な豪雨や雷も要注意!

台風が衰えたけど、爆弾低気圧に姿を変える!? 
そんなことが起こりえる時代になったのか、、、
a0226258_05170387.jpg
▲10月2日午前6時の風力予報画像。日本海側や北日本は大荒れになるはず、、、
航空機や交通機関も影響がでそう!






気象情報に注意しながら、
日本の空を、楽しもう!



[PR]
by airbornjapan | 2015-10-01 05:25 | Sky | Comments(0)
ここ数日、午後は積乱雲(Cumulonimbus)が沸き立ち、さまざまな形に姿を変えながら夏の空を彩ってくれている。ゲリラ豪雨や雷といった被害も発生させているのだが、自然のつくり出す美しい雲形は見ていて飽きない。
地上からではなく空の上、飛行中の機窓からみた積乱雲の姿をいくつか紹介しよう。

a0226258_14461647.jpg
a0226258_14465036.jpg
▲2010年7月20日、羽田〜伊丹のフライト。富士山も雲の波に溺れかかっている、、、
a0226258_14455501.jpg
▲2010年8月26日、羽田〜伊丹。かなとこ雲も発生。
a0226258_14454892.jpg
▲2009年7月29日。羽田〜伊丹。

こちらはムービー。稲妻が走っている。。。
https://youtu.be/46Gvhmvwy5c?t=1m6s


振り返ると、こうした景色は夏の午後のフライトが多い。灼熱の太陽に熱せられた空気が積乱雲を発達させるのは、ほとんどが午後の時間帯だからだ。

発達した積乱雲は、旅客機の巡行高度である1万メートルを超えるケースもある。ジュラルミンやカーボン素材で作られた頑丈な機体でも、積乱雲に巻き込まれたら洗濯機の中にほり込まれたオモチャのようになるだろう。無事では済まないから、飛行機は積乱雲を避けて飛ぶことになる。

また、空港周辺に落雷が起こると地上スタッフが活動できなくなるため、空港機能がマヒしてしまう。

遅延や欠航が発生させることもある厄介者なのだけど、積乱雲のいない夏空は何か物足りない絵になる。

夏空の主役はやはり、こいつなのだ。



積乱雲の季節、日本の空を、楽しもう!


[PR]
by airbornjapan | 2015-08-07 14:58 | Sky | Comments(0)
とてつもない酷暑が続く毎日。大阪では風も弱く夕立の気配もなく、「光化学スモッグ注意報」が発令中だ!
気象庁のページはこちら
「光化学スモッグ」とは、ちょっと懐かしい響きだけど、目がチカチカ、喉が痛い、頭痛、だるいといった症状が出るそう、、、笑ってもいられない。太平洋高気圧が勢力を保つと予測されるあと数日間は関東、東海、近畿、中国の広い範囲で要注意。

光化学スモッグとは何か?
以下オールアバウトより引用
光化学スモッグは、自動車や工場から排出される窒素酸化物や炭化水素が太陽の紫外線を受けて化学変化を起こしてできるもので、風が弱くて日差しの強い日に発生しやすくなります。高度成長期、工業地帯で多く発生していましたが、規制によって減少。しかし、最近都会のヒートアイランド現象に伴い、再び増加する地域もあります。症状は、目やのどに痛みを感じることが多く、ひどくなると吐き気や頭痛・手足のしびれや失神につながることも。
確かに、本日8月3日の大阪は空には白い霞がかかったように思えた。視程が悪く、空を飛ぶ飛行機もエンジン音だけがして機影は確認できないような状態だ。こんな天候の日は上空からも地上の景色はぼんやりと見えるもの。真夏のフライトから一枚。
a0226258_20501420.jpg
▲2014年7月30日、羽田〜伊丹のフライトから。17:25分に撮影。
入道雲が沸き立つ天候であれば富士山は見えないことも多いが、この日は霞の中に頂をみせていた。
a0226258_21041203.jpg
▲入道雲(積乱雲)が沸き立つと空気もかき回されて、光化学スモッグも発生しない。
2014年7月31日、大阪の都心部からの眺め。生駒山方面には雄大な積乱雲。


気温35℃以上の酷暑日、空が霞んでいるとしたら、それは光化学スモッグなのかも⁉︎
熱中症に光化学スモッグ、、、屋外での撮影には十分気をつけよう!



太陽には十分注意を払って。。。
日本の空を、楽しもう!




[PR]
by airbornjapan | 2015-08-03 21:08 | Sky | Comments(0)
〈以前の記事を編集、再掲〉

前日に東京を襲ったゲリラ豪雨、この日は大阪を襲撃。
1時間に70ミリ以上の雨とともに雷を落としていった影響で、
伊丹空港の離着陸ダイヤも乱れていたようだ。

このゲリラ豪雨をももたらすのが、夏の風物詩でもある積乱雲。
学術名はCumulonimbus(キュムロニンバス)、略号はCb。

遠くから眺めていると、自然の持つパワーを感じさせてくれる
雄大な景色だけど、飛行機にとっては大敵。

万が一、被雷しても電流は再びl空中に放電されるように
設計されているから機体には影響はないけれど、
Cbの中は激しい上昇気流、下降気流が巻き起こっているので、
上空を順行中は、パイロットがレーダーや目視でCbを避けて飛ぶ。

この日は着陸アプローチルートにあたる、大阪市上空に大きなCbが発生したため、
上空でのホールディング(待機)時間が発生し、ダイヤが乱れたようだ。


一方、空港周辺に雷雲があると、飛行機の周りで働く地上スタッフに落雷する
危険が生じるので、空港がクローズされることもある。

数年前の夏、雷雲の中、那覇から関西空港に着陸したときのこと。
ふらふら揺れながら無事にタッチダウンして思わず拍手、「ほっ」としたのはいいけど、
駐機場に止まったままボーディングブリッジが飛行機に動いて来ない。
「落雷の危険があるので、地上係員の作業にストップの指示がでています、暫くお待ちくだいい。。。」
とのアナウンス。結局30分ほど機内にカンヅメ。

欠航や遅れがあったようだけど、この日の伊丹や昨日の羽田も、
きっと同じような状況だったのかな。

こんな時は自然に抗っても仕方ない。
「安全第一」で、空を楽しみましょ。



写真は2011年8月26日、六甲山の上空に広がるCb。
みるみる形を変えて、六甲山脈を覆い尽くしてしまった。
a0226258_17382888.jpg



a0226258_18314237.jpg
▲雲の縁を上昇する伊丹からの離陸機。すでに退役した「MD81」だ


a0226258_17474948.jpg
▲こちらは上空からの積乱雲。
2010年8月26日、羽田〜伊丹便から。

a0226258_21065662.jpg
▲これは本日、2015年7月27日の積乱雲。
マリオのボスキャラ、クッパの横顔にみえなくもない、、、(^^;)

a0226258_21141767.jpg
▲こちらも2015年7月27日の大阪上空。沸き立った雲の頂には「レンズ雲」も発生中!
いわゆる「笠雲」だが、下から押し上げられた空気が伏せたお椀のような雲をつくり出している



ゲリラ豪雨は勘弁して欲しいけど、積乱雲は雲の王様だ。
暑い夏だけど、日本の空を、楽しもう!


[PR]
by airbornjapan | 2015-07-27 21:19 | Sky | Comments(0)
今日はとても空が青くて、高い一日だった。
大阪の空を記録しておこッ。
a0226258_17083905.jpg
▲阪急電鉄京都線、淀川の鉄橋をわたる車窓より。
エンルートの旅客機が引く飛行機雲、その為たには伊丹に降りるエンブラエルが小さく写っている!

a0226258_17085700.jpg
▲中之島では高層ビルが建設中。太陽のまわりに虹色の日暈(ハロ)

a0226258_17084961.jpg
▲建設中のビルを双子ビルであるフェスティバルタワーの中層階から撮影


今日は嵐ジェットが伊丹空港に再び飛来していたようだ。
隔日での大阪飛来なのかな?
こんな空の日は、空港で飛行機を眺めているときれいだろうなぁ、、、



日本の空を、楽しもう!


[PR]
by airbornjapan | 2015-06-29 17:16 | Sky | Comments(0)
今日は高気圧に覆われ、今年一番の冷え込みだった。
その分、秋空は様々な表情を見せてくれた!

たくさんの雲を撮ったけど、それは別サイトに載せることにして、
飛びたくなるシーンをいくつか。


太陽の周りにできた暈(ハロ)で少し虹色に染まった高層雲へ向けて飛ぶ双発機。
a0226258_1439797.jpg


飛行機雲は時間がたつと、フリルのように姿を変えていく。。。
a0226258_1442026.jpg


虹色のベイパーを見せてくれたJAL機!
a0226258_1449767.jpg



こんな日のフライトは最高だろうな! 
[PR]
by airbornjapan | 2011-10-04 14:51 | Comments(0)
台風一過どころか、大変な被害をもたらした台風12号。
いったいどれだけの水蒸気を南の海から運んできたのだろう。

昨日、東京へ日帰り出張した際、行きのNH24便からみた関東上空の雲。
高い空には巻雲もあるが、その下には台風に吹き込む湿った空気の雲の固まりもたくさん見られる。
a0226258_17394250.jpg



フライト途中、翼の先から「リボンベイパー」を発生させている瞬間があった。
着陸間際には翼の先端から引きずるリボンを見たことがあるが、上空では初めて。
よほど、水蒸気量が多かったのだろうか?
(薄くて見えにくいが、翼端から流れる白い筋)
a0226258_17294136.jpg



雨の日や、湿った空気が流れる島では良く見られる「リボンベイパー」、
こちらは2008年7月、宮古島での写真。
a0226258_17303031.jpg




今回の出張、
「台風通過後で雲が多いし、富士山も見えないだろう」
「一眼レフに望遠レンズ、広角レンズ、重たいからなぁ」
「帰りは夜で、翼の上した座席指定が取れてない」
「でも、何かあるかもしれななぁ。。。」と、さんざん迷った末に
デジタル一眼カメラを持たずに軽装備で臨んだ。
(機窓からの写真はiPadでの撮影)


結論から言うと「持たずに後悔」よりも「持って後悔」が正解!


広角や望遠レンズで撮りたいシーンは、やっぱりたくさんあったなぁ。
[PR]
by airbornjapan | 2011-09-06 17:41 | Comments(0)