タグ:空の虹色ハンドブック ( 9 ) タグの人気記事

環水平アークの季節がやって来た!
a0226258_07055118.jpg
▲2017年4月22日、大阪の空に浮かんだ「環水平アーク」。
a0226258_07060406.jpg

虹色をしているけれど、虹ではない。太陽の下、地平線に近いところに出現する、真っ直ぐな虹の橋。それが“環水平アーク”。

太陽高度が58度以上の時に現れ、68度の時に最も明るくなる。太陽高度が58度以上になるのは関東なら春分・秋分の正午前後、夏至の頃なら正午を挟んだ前後1時間邸度。特に初夏に現れやすい現象だ。

以上「空の虹色ハンドブック」から引用。

つまり、
春から秋への数ヶ月間、
お昼前後の南の空に浮かぶのが、“環水平アーク”なのだ!


巻雲や巻層雲、目に見えないよな小さな氷の粒が高い空にかんでいるときにみられる光学現象で、
“環天頂アーク”とは真逆の位置関係になる。

季節と時間限定だから、出会えたら「瑞兆」、素晴らしいことが起こる兆しともされている。
たしかに、絡まった糸が解れるような出来事があったなぁ、昨日は(^^)/
a0226258_07061920.jpg
▲伊丹空港から離陸したJALのB777。飛行機と比較すると、虹色のサイズが分かるだろう♬


飛行機雲が出るような日は、空をみあげてみて。
瑞兆に出会えるかもしれないから♬
空を見上げて、虹色を探そうよ。

日本の空を、楽しもう!



[PR]
1月10日、商売繁盛を願う「十日戎」の朝、今年初めての「幻日」をみることができたよ!
a0226258_15315822.jpeg
「幻日」とは何か? 「空の虹色ハンドブックより」抜粋させていただく。
太陽の左右に現れるスポット状の光。太陽から視角で22度離れたほぼ水平の場所に出現し、太陽に近い方が赤、遠いと青白く色づく(中略)。条件が良いと太陽と同じくらいの明るさになることがあり、そのことから幻(まぼろし)の太陽「幻日」の名が付いた。

※興味のある方はこちら、Amazonへ「空の虹色ハンドブック」
a0226258_15315067.jpg
▲望遠レンズで電線のスズメと一緒に。スズメも不思議そうに虹色を眺めている。。。?

今朝の空はブツブツとした巻積雲が浮かんでいたのだけど、その中で氷の粒が成長したのだろう、大きく裂け始めて薄い筋のようになった部分に幻日が発生。虹色の輝きが見えていた時間はほんの1分ほど。光の氷晶の発達と太陽光の差し込み方が、つかの間の虹色ショーをつくり出してくれた。。。素敵な空をみせてくれて、ありがとう!!


この虹色の空を眺めたあと、地元・伊射奈岐神社の「十日戎」にお詣りにいき「熊手」を求めたところ、お宮のおっちゃんに「福笹」をオマケしてもらうという、ちょっとうれしい出来事も(^^)/ 今宮戎のように「福娘」じゃなかったけれど、おっちゃんのご厚意もうれしいものだ! さらに、ガラガラ福引きではムスメが2等賞を引き当てるというオマケのオマケも〜(賞品はポテトチップスだけどね…笑)。

やはり、虹色の空のおかげかなっ。
商売繁盛、良いことがありますように!!
a0226258_15562198.jpeg

▲大阪府吹田市山田・伊射奈岐神社 ホームページはこちら


今年も、たくさんの虹色に出会いたいな。
日本の空を、楽しもう!

[PR]
新しい一年となりました。遅ればせながら虹色に染まるおめでたい画像をお披露目いたします。
(既出のものもありますが、すべてオリジナルです。転載の際などにはコメントなどでお声がけくださいませ)
a0226258_22042057.jpg
▲エンジンの排気ではなく、翼の上で圧縮された水蒸気がつくりだす“ベイパー”の雲。太陽の光を屈折させて虹色に輝いている。2015年7月16日撮影、この日は台風の影響で大気中の水蒸気が多かったことでたくさんの“虹色”に出会えた!

a0226258_22072025.jpg
▲こちらも同じく翼の上の“ベイパー”が虹色に! 2015年7月16日撮影

a0226258_22084926.jpg
▲波打つような“波状雲”に出現した虹色の環「光環」。伊丹空港を離陸したばかりの飛行機が巡航高度へ上昇中(2015年11月29日撮影)

a0226258_22190029.jpg
▲こちらはもっと太陽のそば出現した“彩雲”の中を飛ぶ飛行機。小さな機体は伊丹から離陸したボンバルディアCRJ機(2007年11月3日撮影)
a0226258_22241198.jpg
▲太陽の下に出現した“環水平アーク”に向かって上昇するB737。これも伊丹からの離陸機だ(2015年7月16日)



虹色の空と飛行機は大好物!
虹色の雲が出現するのは天気が崩れる前が多い。そう、飛行機雲が出るような天候がチャンス。
そして、虹色に変わるのは、空のほんの一部分。
望遠レンズをつけた一眼レフを持ち、空を見上げているときっと出会えるよ!


日本の空を、楽しもう!

[PR]
「彩雲」という言葉をご存知の方は多いかもしれない。
a0226258_22225828.jpg
▲2007年11月3日撮影。彩雲をバックに飛行機が上昇していく。
伊丹空港から東に向かうCRJだろう

虹のように円弧を描いていないけれど、七色に輝く雲。虹色に彩られた雲だから「彩雲」、、、しかし、実際は「幻日」や「環天頂アーク」など光の屈折によって虹色が出現したケースを「彩雲」を読んでいることが多いようだ。屈折はプリズムと同じなので、線状になって赤から紫まできれいに光が分離されているのが特徴。

一方、虹色の光学現象のなかで「彩雲」と呼ばれるものは、屈折ではなく光の散乱によって起きる現象なので、不規則なかたちに淡く色づくのが特徴。太陽のそばにある積雲や高層雲、ずきん雲のなどが淡く色づいているのが彩雲だ。
a0226258_22224304.jpg
▲同じく11月3日の彩雲。高層雲の端が輝いている(^^)


a0226258_22392063.png
▲こちらは積乱雲の上部にできたずきん雲が輝く素晴らしい一枚。
南米コスタリカで2015年9月に撮影されたそうだ。
こちらのサイトからキャプチャさせていただきました)


a0226258_05235173.jpg
▲こちらは「幻日」。赤から紫へ、きれいに色が分離している

彩雲は、思った以上に見られる現象。
太陽のそばに薄い雲が浮かんでいるときには「虹色」を探してみるといい。
運が良ければ「彩雲」に出会えるかも!?

日本の空を、楽しもう!

[PR]
昨日(2015年9月17日)、大阪の空に虹が架かった。
夕方まで降ったり止んだりしていた雨雲が途切れ、西の空から太陽の光が差し込んむと、見事な半円を描いてくれた虹。
a0226258_15411928.jpg
▲広角レンズで全体をいれてみた



a0226258_15390969.jpg
▲色が鮮やかな“根元”のアップを480mm換算の望遠レンズで撮ってみると、
主虹の内側にもうっすらと円弧があるようにも見える。

肉眼では分からなかったけど、外側から赤、橙、黄、緑、青、藍、紫・・・と七色並んだ内側にも赤や緑がある? 

ダブルレインボーとも呼ばれる“副虹”は“主虹”の外側に出現し、色の配列も逆向きという特徴をもっているので副虹ではない。虹の空のことなら何でもわかる素敵な本「水滴と氷晶がつくりだす 空の虹色ハンドブック」を調べて見ると載っていた!
どうやら「過剰虹」「干渉虹」と呼ばれる現象のようだ。

以下、引用
「主虹の内側や、まれに副虹の外側に、虹のような光の帯がくり返して見えるもの。(中略)条件がよければ何重にも現れる。雨粒から光が出るときの干渉現象によるもので虹とは発色のしくみが異なる」とのこと。
a0226258_05290934.jpg
▲こちらは2010年8月27日、同じようなアングルで撮影したダブルレインボー。
上の副虹の色に注目。赤が内側にきて、配色が逆転していることがわかる!
a0226258_15145928.jpg
▲こちらは以前もアップした写真だが、朝の空に出現したダブルレインボー。
薄くてわかりにくいが、外側の副虹は色の並びが逆転している!


奥が深いぞ、虹色の空!


雨上がりに太陽の光が射したなら、空を見上げて虹を探してみて!
日本の空を、楽しもう!






[PR]

2015年8月26日の朝、台風一過の大阪の空にうっすらと出現した虹色の空。
朝日が出た直後だったので、西の空に半円状に立ち上がったのがこれ。
これぞ王道、正当派(?)の虹だ。
a0226258_22312030.jpg
先日の「幻日」と比べると、かなり淡い色合いだが、それはそれでまた美しい。
台風は去ってしまったけど、水蒸気が残って少し霧雨が舞ってくれたおかげだね♪
a0226258_22315345.jpg
下ばっかり見ていないで、
空を見上げてみると、いいことがあるよ!
きっと!



日本の空を、楽しもう!

[PR]
「虹色の空コレクション」に追加!
台風が接近する前の8月24日、大阪の空には見事な「幻日(げんじつ)」が出現した。
下の写真は日没前に一段と輝きを増した「幻日」。縦に伸びる虹色の柱のようだ!
a0226258_05235173.jpg
▲手前にある層雲は、かなり低い位置にある雲だと思われる。幻日ははるか高層の雲が光っているもの

高い空に浮かぶ氷の粒によって太陽光が屈折させられて虹色の環ができる「暈(かさ)」。
運がよければ暈の左右の位置、太陽の真横に出現するのが「幻日」だ。
非常に明るく輝くことから「幻の太陽」という意味で「幻日」と名付けられたそう。

a0226258_05222870.jpg
▲飛行機雲が見られる日には暈(かさ)や幻日(げんじつ)が出現する可能性が高い
a0226258_05232771.jpg
▲右端の太陽を中心として半円状に暈(かさ)が拡がり、左横に幻日(げんじつ)。
a0226258_05233517.jpg
▲暈や幻日は、太陽に向かって腕を伸ばして指を広げたあたりに出現する。
角度にして22度ほど。これは光を自然のつくりだした法則だ

※「水滴と氷晶がつくりだす空の虹色ハンドブック」を参考にさせていただきました




飛行機雲を見つけたら太陽を探してみよう。
暈(かさ)や幻日(げんじつ)がみつかるかも。。。!

日本の空を、楽しもう!


[PR]
私の「虹色の空コレクション」から。

「映日」は飛行機よりも下に漂う氷の層に映った太陽の光。
氷の粒が鏡の役割を果たしていると考えればいいのかも。
「映幻日」は映日の左右に現れた「幻日」だ。

写真は2008年3月30日、伊丹から仙台へ向かうNH731便・B767の機上より。
地平線を真ん中にして、上下鏡映しに太陽が映った「映日」と、その右手に「映幻日」がみえている。
a0226258_13224564.jpg
a0226258_13303701.jpg
▲ワンカットでは入りきれなかったが、左側にも「映幻日」が出現していたよ!


この日は「春霞」のような天候だったと思う。巡航高度に達するまでは薄い霧の中を上昇。
上空にはいくつもの飛行機雲(contrail)がみえていた。
薄雲を抜けて、その層を上から見下ろすような位置になると「映日」と「映幻日」が出現したのだ!

a0226258_13343510.jpg
▲上昇中、さらに上の空には何本もの飛行機雲。ちょうど太陽を横切る位置に来た瞬間…



虹色があふれている…
日本の空を、楽しもう!

[PR]
図書館で調べ物をしていたら、思いがけず素晴らしい本と出会えた。

「〜水滴と氷晶がつくりだす〜 空の虹色ハンドブック」池田圭一 (著), 服部貴昭 (著), 岩槻秀明 (監修)だ。
a0226258_15110403.jpg
私は虹色の空マニアでもあると自負していたのだが、
その種類や光学的な仕組みを体系立てて教えてくれる書物には出会ったことがなかった。
a0226258_14561141.jpg
たとえば2014年2月7日に撮影したこのカット、4つの光学現象が写っている。
①デッサン人形の腰の右横、太陽の間近にある虹色は「彩雲」と思っていたが、正しくは「光環/光冠」だった
②人形を中心にした環状の虹色は暈(かさ)、ハロ、内暈とも呼ばれるもの
③暈のすこし外側・左右それぞれに虹色の光点として輝いているのが「幻日(げんじつ)」
④暈の上部に接するようにほぼ水平に左右に伸びる虹色の環は「タンジェントアーク」

④がラテラルアーク、もしくは天頂アークなのか判断できなかったのだが、
「空の虹色ハンドブック」を見ると一目瞭然!
この本は、、、素晴らしい内容だ!

このほかに掲載されているのがローウィッツアーク、環天頂アーク、環水平アーク、タンジェントアーク、ラテラルアーク、バリーアーク、ウェゲナーアーク…虹色の橋「アーク」だけでもこんなに種類があるなんて!!
a0226258_15193816.jpg
▲2015年5月22日に撮影したのは、やはり「環水平アーク」だったことが確認できた


a0226258_15375340.jpg
▲208年7月26日。機上からの暈(かさ)。内暈(22度ハロ)と外暈(46度ハロ)が見えているぞ!
a0226258_15145928.jpg
▲2013年8月26日撮影。うっすらと二重になった「ダブルレインボー」。
西の空に出ているから、朝焼けの虹だ!


そして、花粉の飛散によって光環ができる「花粉光環」があるなんて、初めて知ったよ!
図書館での偶然の出会い、セレンディピティ(serendipity)に感謝!!
a0226258_15110259.jpg
▲こちらのカットはAmazonさんよりお借りしました





「〜水滴と氷晶がつくりだす〜 空の虹色ハンドブック」
手元に置いておきたいから、早速Amazonでポチしてしまった(^^;)
撮りだめした「空の虹色」もご紹介していきたいと思う。

Amazonでの購入はこちらから


空には虹色が溢れているから…
日本の空を、楽しもう!


[PR]