タグ:羽田空港 ( 14 ) タグの人気記事

2016年5月27日、羽田空港での大韓航空機エンジントラブル事件は羽田空港全面クローズという事態を引き起こし、他社航空機にも多大な影響を及ぼした(ほんと大迷惑…)。欠航はもちろん、羽田へ向かっていた多くの航空機が出発地への引き返し、もしくは別空港へのダイバート・divert(目的地変更)を余儀なくされた。
a0226258_08403105.png
▲福岡からのNH250便は到着寸前だったものの房総半島上空で旋回の後、関西空港(KIX)へダイバート。12:50羽田着の予定が、14:50KIX着。
a0226258_08415130.png
▲那覇からのNH462便は紀伊半島沖で旋回待機後、関西空港(KIX)へダイバート

a0226258_08441239.png
▲伊丹からのNH24便は房総沖で旋回後、伊丹へと引き返した。チケットは払い戻しなので、約3時間の無料遊覧飛行となったわけだ…


そんななか、特に悲しい結果となったのが羽田発八丈島行きNH1893便(12:15発−13:10着)だろう。この日は八丈島が悪天候・視界不良のため降りられない場合は羽田に引き返すという「条件付き運航」であった。定刻に出発したが八丈島は案の定視界不良、しばらく上空で旋回したものの降りられず、着陸を断念し羽田へ引き返すことに。ところが、12:40頃に発生したトラブルのため、戻るに戻れない事態に…。

そして、たどり着いたのが関西空港(KIX) 
八丈島へ向かったはずが、降りてみたら関西空港島だった…
島違いにもほどがある!?
悲しきダイバート


実際にこの便に乗っていた方がブログに書かれていたが、関西空港から羽田までの交通費は実費精算(上限1万7000円)と伝えられたようだ。思ってもみなかった大阪湾の空港に放り出されて、新幹線の交通費は負担してくれるものの自力で東京まで帰ってくれ・・・というなんとも残念な結末に


旅客機は目的地の空港が利用できない場合に降りる代替空港を事前に決めて飛行しているが、この日はちょうど伊勢・志摩サミットの真っ最中。中部空港(セントレアは)特別警戒による利用制限がかかっていたため、多くの便が関西空港送りとなったのだろう。(関西空港は人工島なので、“島流し”といういう人も…)

混乱する羽田へのフライトの様子を捉えた映像があるのでご紹介しておこう。順調に流れていたトラフィックが12:40分ごろから滞り始め、羽田に集まっていた飛行機が房総沖で旋回して様子をみていたが、その後各地に散らばっていく様子が捉えられている。



こんなイレギュラーの時こそ、心に余裕をもって…
日本の空を、楽しもう!

[PR]
こちらは飛行機から撮影したANAのB777。空撮だ!
a0226258_07450250.jpg
空の上、飛行機同士のすれ違いは、意外と頻繁に起こっているもの。例えばこれ。
a0226258_07481472.jpg
a0226258_07483097.jpg
a0226258_07483761.jpg

以前の記事でも紹介したが、伊丹から羽田へのフライトは「すれ違い」の名所ともいえる。
(以前の記事はこちら
JAL(旧塗装)やフェデックスとすれ違ったこともある。
a0226258_07524500.jpg
a0226258_07525079.jpg
実は、伊丹発でなくても九州北部や中国・四国から羽田へ向かう便は同じような航路を通る。伊勢湾の上空から左手に富士山が見えてくるエリアは西へ向かう航空路と接近する場所なのだ。


あなたが「すれ違い」を体験したいと思うなら、向かって左の窓側・A席をキープすること!
天候が良く、少しの運と、外を眺め続ける集中力があれば「すれ違い」を見られるはずだ。
前方から迫る機影を見つけたら、焦らず冷静にカメラを構えてみよう。速度は速いのだがピントを合わせてズームする時間はあるはず♫

★関連記事 伊丹から羽田、フライトを楽しむコツ【その1】上空でのすれ違い

日本の空を、楽しもう!

[PR]
2015年もあと10日あまり。年越しの準備はいかが? 
初詣の計画をたてるなら、「羽田空港神社」はいかがだろうか?
a0226258_22395764.jpg
▲羽田空港第1ターミナルの1階、中央部分の奥にひっそりと鎮座する航空の神さま
a0226258_22412669.jpg
▲最近ではパワースポットとしても人気があるそうだ。
飛行機好きなら、一度はお詣りしておかないとね!

ソラの安全祈願のために建てられた神社で、新橋にある航空神社の分祠にあたるそうだ。
エアポートラウンジの横の通路を進み右に曲がったわかりにくい場所にあるから、迷わぬようにご注意を! せっかくだから地図も載せておこう(^_-)
a0226258_22391587.jpg



来年も、安全な運行が行われることを祈りながら、
日本の空を、楽しもう!

[PR]
関西空港を拠点に、着実にユーザー数を伸ばしているピーチ(PeachAviation)がいよいよ羽田空港路線を開設する。
路線は羽田と台北・桃園空港を結ぶ国際線で、運賃は片道7680円から4万2380円、さらに「東京ー台北線弾丸スペシャル」として往復1万2000円の就航記念運賃を販売された。これは安い!!

そして、8月8日が初便となる運航スケジュールは・・・
 MM1029 羽田(05:55)→台北(08:30)
 MM1028 台北(00:30)→羽田(04:45)
 運航日:月水木金土だが、10月25日からはデイリー運航へ

何と早朝5時前に到着し、6時前には折り返しで出発という、“朝駆け”フライトだ! 夏場はまだしも、冬場は暗くて機体もよく分からない。。。ということになりそうなスケジュール。
早く出発する分、9時前には台北に到着し、現地での時間をフルに活用できるというメリットがあるが、羽田までの早朝のアクセスをどうするかは事前に考えておく必要がありそうだね!
a0226258_16053151.jpg
▲羽田空港でピンクの可愛い機体を見たいのなら、日射しのあるこの夏休みがオススメ!


現在、羽田の国際線発着枠は、昼間時間帯(午前6時から午後11時)は空きがなく、新規に乗り入れる場合は深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時)しかない。この枠のギリギリを使ったのが5:55発のMM1029便、ということだろう。

ピーチは片道4時間のエリアを運航ターゲットと設定しており、短いサイクルでの多頻度運航によって収益をあげるLCCビジネスモデルの実践している。今回の機材運用をダイヤから推測してみると。。。
 MM029便 関西(21:05)⇒台北(22:55)
 MM1028 台北(00:30)→羽田(04:45)
 MM1029 羽田(05:55)→台北(08:30)
 MM922 台北(09:35)→那覇(12:15)

つまり、大阪(関西)⇒台北(桃園)⇒東京(羽田)⇒台北(桃園)⇒沖縄(那覇)というフライトを、1時間強の離着陸時間をはさみながら続けているということ。那覇はピーチ第2の拠点でもあるので国内路線も多く、香港やソウルといった国際線も就航しているから次はどこに飛ぶのかはハッキリしないが、きっと飛びつつけるのだろう。
LCCの飛行機は、本当に働き者なのだ!

ちなみに、便名の前に付くMMというアルファベットは2レターコード/3レターコードと呼ばれる航空会社の識別記号。日本航空はJL/JAL、全日空はNH/ANA、スカイマークはBC/SKY、スターフライヤーは7G/SFJといった具合だ。ANAの“NH”は前身会社の「日本ヘリコプター」から由来しているのは有名な話。では“MM”は? 

わかるよね。そう「桃色」、「MOMO」からとられているのだ!
桃色の飛行機、見かけたら写真に残してあげてね♪
a0226258_16324554.jpg
▲エンジンも桃色〜

a0226258_16312947.jpg
▲警備のおじさん、もう少し笑顔で〜(^^)/ 関西空港にて

ピーチの国際線ダイヤ(2015年8月1日〜10月24) PDF


国内LCCも羽田へ進出!
日本の空を、楽しもう!

[PR]
今日、放送されていたテレビ番組、
「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団(テレビ朝日系列)」で
羽田空港と東京駅での仕事ぶりがレポートされていた。
番組ホームページはこちら

その中で驚いたのが「1年間のロストバゲージ件数は2400万件」というテロップ!

これまでスーツケースをロストした経験もないし、
番組で紹介されていたANAの仕事ぶりをみていると、
「預けた荷物がなくなることなんて考えられない」と思ってしまうのだが、
ソレは日本水準の仕事であって、他の国ではまったく状況が違うということなのだ。

日本に生まれて、日本のエアラインに乗ることができて幸せだぁ〜!
a0226258_21551398.jpg
▲この景色に出会えるのも、日本だけ(^^)



日本の空を、楽しもう!

[PR]
伊丹から羽田、やはり一番の楽しみは「富士山」。
冬場に雪をかぶったFuji、夏の積乱雲に埋もれる富士、笠雲帽子をまとったふじ・・・。
四季折々の様々な姿で楽しませてくれる、「日本一」の山であることは間違いない。
a0226258_11123546.jpg
▲2010年12月8日NH18便(ITM〜HND)56A席より。機材はB777−300(JA752A)

a0226258_21053864.jpg
▲2010年6月16日NH30便(ITM〜HND)6A席より。機材はB777−200(JA714A)
a0226258_21070872.jpg
▲2007年10月11日NH37便(HND〜ITM)61K席より。機材はB777−300(JA753A)
a0226258_21050970.jpg
▲2007年11月15日NH23便(HND〜ITM)45K席より。機材はB777−200(JA714A)

富士山をじっくりと楽しむために必要になるのが、窓側席のキープ。
伊丹から羽田へは駿河湾から伊豆半島上空を通過していくので飛行機の左舷、「A席」を確保することが大切。
九州や四国からの便も基本的には同じルートを通過するので、「左側の窓」をオーダーしよう。

逆に羽田から伊丹へは右舷の「K席」が必須だ。
ただ、九州や四国へは富士山の真上や北側を通過する航路になるので、「A席」が特等席になるようだ。

チケットが取れたなら、まず窓側の席を予約する。。。
それが、空を楽しむための秘訣だ。

日本の空を、楽しもう!


伊丹から羽田、フライトを楽しむコツ シリーズ



[PR]
by airbornjapan | 2015-01-12 21:16 | Comments(0)
私は大阪在住だが、東京への出張を毎週のように行っていた時期がある。
もちろん新幹線は使わず、なにが何でも飛行機での往復を選択する。
伊丹〜羽田間は少なくとも100往復以上搭乗しているだろう。
そんな私がルーティンとしている、伊丹〜羽田フライトの楽しみ方をお教えしよう。

その1は「上空でのすれ違い」。

伊丹〜羽田間では日中は1時間に1本の間隔で“シャトル運航”が行われている。
ANAの場合は毎時00分、JALの場合は毎時30分に羽田と伊丹からから出発するダイヤが組まれているのだ。
同時に出発するということは、単純に考えれば中間地点ですれ違うということ。さらに航空路も三河湾の上空で交差するようなルートになっているため、逆方向に向かう便と浜名湖近辺の上空ですれ違うケースが多々あるのだ。
a0226258_10153351.jpg
FlightRadarアプリで、すれ違いを捉えたのがこの画像。
ちょっと距離は離れているが、ANA32便と33便がすれ違う様子が分かる。
32便がもう少し遅れていればと愛知県の岡崎から豊川あたりでもっと接近してすれ違っていただろう。
逆に、もっと出発時間が遅延するなど、タイミングがあわなければ
すれ違いに遭遇しないケースもあるので、その時は富士山をゆっくり眺めておこう。


すれ違っても、もちろん衝突することはない。
飛行機は定められた高度で飛ぶことが指定されているのだ。
東行きの便は1000ft(フィート、約300m)単位で奇数の高度、
たとえば33000ft(フィート)、31000ft・・・。
西行きは偶数で32000ft、24000ftといったように。
でも、このルールを知ったのは最近のこと。

 
あるとき、ANAのB777と窓がハッキリ見えるくらいの距離ですれ違った。
あまりに近く感じたので、到着後ANAのサポートセンターへ
「今日乗った●●便、ニアミスではなかったのですか?」とメールで訪ねたことがある。
a0226258_10075868.jpg
担当の方は乗務員に確認をとられたようで、「問題のない、通常運航でした」という返信をいただいた。
機首がこちらを向いているように思え、迫力にビビッてしまった私が悪いのだ。

ANAスタッフの方、その節は大変お手間をおかけしました・・・うるさい客でゴメンナサイでした!
a0226258_10075105.jpg
まっ、それくらい近くに感じることもあるるということを、
機外風景の楽しみ方のひとつとして覚えておいてはいかが? 

日本の空を、楽しもう!


伊丹から羽田、フライトを楽しむコツ シリーズ
★【その1】上空でのすれ違い
★【その2】富士山を眺められる席は?
★【その3】サーキット&滑走路
★【その4】伊豆大島、利島
★【その5】伊豆、房総、三浦・・・半島

[PR]
by airbornjapan | 2015-01-07 10:32 | Comments(0)
ハミングバード・ディパーチャー。
なんとも可愛らしいネーミング。

航空関係のブログを見ていて最近知ったのだが、羽田空港で北風運用のとき、早朝3便のみに許可された珍しい離陸方法とのことをこう呼ぶらしい。通常、北風運用時の離陸は34R(C滑走路)と05(D滑走路)の使用が決められているのだが、例外として早朝便の数便に許されたのがハミングバードディパーチャー。ハミングバードとはハチドリのことなので、ハチドリの羽音のように静かに飛ぶからなのだろうか?

ランウェイ34Lを離陸し左旋回、大田区や川崎市などの住宅街の上空を飛ぶために、エンジン音の小さな機体だけ、しかも7時台の3便だけが飛んでいるとのこと。第1ターミナルから富士山を背景にした離陸機を撮影できるので、狙っている人もいるようだ。逆に富士山を背景に離陸する飛行機はハミングバードディパーチャーしかないということ。

そこで、思いだした。
「富士山をバックにした離陸機の写真、撮ったシーンがあるなぁ。」


あった。これだ、これこれ。2010年11月16日7:58撮影だから、もう4年前か。。。
この前日から八重洲で仕事があったのだけど、あえて宿を「羽田エクセルホテル東急」にしたんだ。
a0226258_11010818.jpg

羽田エクセルホテル東急は第2ターミナルの中、34Rに面した部屋がよかったのだけど、
残念ながら案内されたのは逆側、管制塔や第1ターミナルが見える部屋。
富士山だけでも撮っておこうとおもって構えていたらファインダーに飛び込んできたのがこの737。
だから、この1枚しか撮れていない、まぐれのカットだ。
でも、空港に泊まるとこうしたサプライズもあるってことだよね。

a0226258_11214614.jpg




2014年、今年は国際線ターミナルに「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」も開業している。
機会があれば泊まってみよう。ちょっとお値段高そうだけど、、、




[PR]

右翼の上と機体後部に書かれている機体番号はそれぞれ固有の登録番号。JA757A等と書かれているもので、レジ(Registration)とも呼ばれているようです。この番号にも注目してみると、飛行機を見ること、搭乗することがさらに楽しめると思いますよ。



写真1枚目の「777」はB777-300ER JA777Aのもの。
なにせ「777」の「777」、トリプルセブンのトリプルセブン!大当たり〜なのです!! 
伊丹空港でこの娘に会ったときはテンションがあがりましたね(^^)
300ERは国際線機材なので、伊丹〜成田の毎日1便しか飛んでいませんでしたから、伊丹で会えるのはとてもラッキーだったのです。(写真は2008年、今は300ERでの運航はされていません、残念)


2枚目、ピカチュウジャンボのJA8957は個人的にかかわりの深い番号。
とある家の電話番号下4桁が「8957」なのです! どこの番号かは内緒〜。



そして3枚目、モヒカンジェットJA602Aは思い入れの深い番号。
学生時代ヨット部に所属していた私は、「スナイプ」という種類のディンギーが愛艇だったのですが、その艇番が「25602」、略して「ロクマルニ」だったのです。モヒカンもいまは通常塗装に戻ったようですが、またこの娘に乗ってみたいものです(^^)

皆さんも思い入れあるの機材番号ってありませんか?


[PR]
更新します!もう、3年ぶりになるのかな、お待たせしました。
といっても誰も待ってはいなかったでしょうが。。。
空のこと、飛行機のこと、エアラインのこと、日本のこと、そして自分のこと。
写真を中心に、つづっていきます。

再開第1弾は、Flightログ。2014年10月19日、NH16便(ITM〜HND)で東京へ日帰りしたときの記録。
機材は777-200(JA741A)・36B席。窓側A席は娘に譲りました(涙)。

この2014年9月から、飛行機内でも電波を発信しない電子機器の使用が常時可能となりました!
これは、私にとっては大きな変化、嬉しい解禁です。
地表が間近に見えて、翼の動きも慌ただしい離着陸時はワクワクするシーンの連続、
「このシーンを写真に、ムービーに残したい!」とずっと思っていましたらね。
デジタル機器がダメならと、フィル一眼レフを持ち込んだこともありました。

しかし、そんな苦労や、悔しい思いをしなくてよくなったのです。
iPhoneさえあれば、スチールもムービーも思いのまま!

伊丹空港離陸後の「日本列島が浮かぶ池」、伊丹空港の滑走路、千里中央や万博公園が。
羽田への着陸前には、房総半島のゴルフ場銀座や千葉の製鉄所も記録に残せるようになりました。

さらには離着陸のムービーも!!

翼の右側に見える、板のような動翼(エルロンっていいます)が下がると上昇、
上がると下降する様子がわかるでしょ? たまんないですね!


伊丹離陸後は武庫川に沿うように左旋回をしますが、
エルロンが上がることで左翼が下がります。
右翼では逆にエルロンが下がっているはず。
左右の翼が逆の動きをすることで機体は左にロールするのです!


羽田着陸の際には、エルロンが上下動を繰り返しながら高度を下げる様子がわかります。
接地と同時に5枚のスポイラー(ブレーキですね)が立ち上がり翼から揚力を奪っていきます!
このとき、エンジンは逆噴射をしているはず。

揚力とスピードを奪われた飛行機は無事に地表へと戻ってこれるのです。




離陸から順にご紹介。

a0226258_07294209.jpg

離陸後すぐ、左旋回を始めると昆陽池(こやいけ)が見えてきます。池に浮かぶ島は日本列島のカタチ。


a0226258_15075949.jpg

伊丹空港離陸後は左旋回して、滑走路を見下ろしながら東へ向かいます。
タイミングが合えば離着陸機を撮ることもできるでしょう。
a0226258_07453583.jpg

こちらは千里中央から、箕面方面。新御堂筋がトンネルとなって山に入って行くのがわかります。
a0226258_07482089.jpg

千里ニュータウン全景。緑地帯に囲まれるように、街がつくられています。中央右手には万博公園と「太陽の塔」も。
a0226258_07563210.jpg

南側から京都市街を一望。手前の高速道路は東西が京滋バイパス、南北が第二京阪道路。

a0226258_08051264.jpg

伊勢湾から名古屋方面。揖斐川、木曽川の河口も見えている。

a0226258_08041243.jpg

噴煙をあげる御嶽山。犠牲者のご冥福を祈ります。
a0226258_08134823.jpg

駿河湾上空から静岡方面。富士山ものぞいています。
a0226258_08192888.jpg

房総半島のゴルフ場。

a0226258_15081329.jpg

君津の製鉄所。
a0226258_15064623.jpg

















Inspiration of JAPAN

[PR]