飛行機の欠航や遅延への対応は、エアラインや原因によっても大きく差があることは知っている?
ANAとPeachの対応を、ホームページから調べてみた。
a0226258_08273983.png
■フルサービスエアラインであるANAの場合
■台風や大雪など不可抗力による欠航・遅延
 自社便への変更・払い戻しが可能。チケットの種類によっては他社便への変更も可能。

■機材故障など自社理由による欠航・遅延
 他社便変更・払い戻しに加えて、鉄道への振替、追加発生した交通費・宿泊費も負担(上限1万5000円)

■目的地以外の別空港へのダイバート(注釈)
 ダイバート先の空港から目的地までの地上交通費を負担

ここで注目したいのは自社都合でイレギュラーが発生したときのフォローだ。
たとえば故障箇所を修理したために出発と到着が遅れ、公共交通機関がなくなった場合などはタクシー代やホテル代を負担してくれるというもの(上限1万5000円)。これは覚えておくべき!


私も一度経験がある。大型連休前の最終便で羽田〜関西空港を利用した際、オーバーブッキングの調整がなかなかできずに出発が1時間以上遅れたことがあった。ほとんどの乗客がシートに着いてから、残る数席の調整のために飛び立てない状態が続いたのだ。どんな対応をしたのかはわからないが、なんとか離陸したものの、関空からの鉄道は途中・大阪駅まで、自宅へ向かう私鉄はすでに終電が出た後だ。大阪駅から自宅までは想定外のタクシー利用となったわけだが、翌日ANAへ連絡をするとタクシー代の精算をしてくれた。
ただし、「タクシー代をお支払いします」と機内アナウンスがあったわけではない。「不可抗力じゃないから、何とかして欲しい」と連絡(いわゆるクレームですね)をしたからこその対応だ。同じ便に乗った人の中にも、残念ながら知らなかった人もいただろう…。


また、ダイバート(目的地変更)の経験もある。羽田〜伊丹の最終便を利用したときのこと、悪天候の影響で全国的にダイヤが乱れたことによって出発が遅延。飛び立ったものの伊丹空港の門限21時までに着陸ができず、やむなく関西空港へダイバートとなった。このときは目的地までの交通費ということで、着陸後に2000円の入った封筒が乗客全員に配られた。伊丹空港⇒関西空港の変更はちょくちょくあるケースなのだろう、何百枚もの現金入り封筒が事前に準備されているようだ(現在も同じ対応可なのか不明)。
a0226258_10372672.jpg
▲JA712A。こんな気持ちのいい空を飛びたいねぇ!

■LCCであるPeachの場合
比較するのがおかしいといわれればそれまでだが、LCCの対応は“簡素”だ。
Peachのホームページをみると、欠航や大幅な遅延をした場合は「自社便への振替」もしくは「払い戻し」の対応が記載されているが、「他社便振替はしない」と明記されている。交通費や宿泊費の負担は何も記載されていないから、当然ナシだと考えるべきだろう。だから安い、それがLCCのサービスということだ。

また、ピーチはダイバートの記載もない。就航地が限られているLCCの場合は、地上サービスが出来ない空港へ降りることは基本的には想定していないのだろう。どうしても無理なら出発地に引き換えす、ということか。


そういえば面白い記事があった。
2015年1-3月、国内航空各社の運航状況を国土交通省がまとめた資料によると、
遅延率が一番高いのがPeach(APJ)なのだが、欠航率は1.04%と低いのだ。
つまり、遅れても飛ばす、欠航させない、それがPeachなのだ。
a0226258_09100122.jpg
LCCの利用を考える際には、こうした航空会社の“特性”を知っておくことも大切かも。


航空会社  定時運航率   遅延率   欠航率
・JAL   93.35 (91.33) 6.65 ( 8.67) 1.90 ( 2.70) 日本航空
・ANA 94.35 (91.23) 5.65 ( 8.77) 1.89 ( 2.10) 全日空
・JTA   91.29 (90.54) 8.71 ( 9.46) 0.51 ( 0.43) 日本トランスオーシャン
・SKY 81.51 (83.85) 18.49 (16.15) 3.79 ( 1.53) スカイマーク
・ADO 82.59 (86.05) 17.41 (13.95) 5.67 ( 3.00) エアドゥ
・SNA 90.16 (90.43) 9.84 ( 9.57) 0.71 ( 1.65) ソラシドエア
・SFJ   92.31 (92.96) 7.69 ( 7.04) 0.88 ( 2.11) スターフライヤー
・APJ   76.59 (78.65) 23.41 (21.35) 1.04 ( 0.73) ピーチ
・JJP   81.78 (82.89) 18.22 (17.11) 2.22 ( 1.89) ジェットスタージャパン
・VNL 85.71 (77.39) 14.29 (22.6) 0.83 ( 4.47) バニラエア
・SJO 93.66 (-) 6.34 (-) 0.00 (-)        春秋航空日本
*括弧内は前年同期の値


※ダイバート(Divert):目的地の気象条件が着陸に適さなくなった、または空港や滑走路施設に不具合が有って着陸出来なくなった時に、最初に予定していた代替空港や他の空港へ向かう事


【参考:各航空会社の対応についてのリンク】
JAL 悪天候での欠航時の対応について
JAL 欠航時の対応の払い戻しについて

ANA 悪天候での欠航時の対応について
ANA 旅作(ダイナミックパッケージ) 飛行機欠航時の案内

スカイマーク 悪天候時の航空券取扱について
エア・ドゥ 悪天候時の航空券の取り扱いについて
ソラシドエア お客様都合以外での変更・払い戻しについて
スターフライヤー お客様都合以外での変更・払い戻しについて

<LCC>

ジェットスタージャパン 遅延・欠航に関するご案内
ピーチ 変更・払い戻しに関するご案内
バニラエア ご予約便が欠航した場合の変更・払い戻しについて



欠航や遅延があっても・・・日本の空を、楽しもう!


[PR]