9月5日、羽田空港を離陸したJAL006便がエンジントラブルで緊急着陸を行った。
a0226258_10420713.jpg
▲写真は同型機B777-300ER

トラブルの原因は世界最大級のジェットエンジン、ジェネラルエレクトリック社製「GE90」のタービンブレードと呼ばれる部品が損傷したため。タービンブレードは、エンジンの燃焼室で燃焼された高温・高圧ガスのパワーを受け止めて、回転エネルギーに変える重要な部品だ。回転力は前方にある「ファンブレード」に伝達され、大きな推進力を得ているのが旅客機のジェットエンジン。(こちらの記事も参照)。

タービンブレードは耐熱合金に耐熱コーティングを施した部品なのだが、燃焼ガスの温度は1300℃〜1700℃にもなるとされる。損傷したのは経年劣化の影響なのか、それともほかに原因があるのか、調査を待ちたい。。。

この「GE90」エンジンのタービンブレード、実は我々一般人も購入することができるのはご存知だろうか? どれだけ過酷な環境で働いているのか、実際に使われていたタービンブレードを手に取って確認することができる。

それが、ANAショッピングA-styleのサイト
ANAでは同じ機体B777-300ERに装着されている「GE90」エンジンの「排気側タービンブレード」の交換済み部品を再生メモリアルグッズとして販売している。サイトの写真をみると白くコーティングされていたはずの「羽根」は焼けただれたように茶色く変色し、所々コーティングが剥がれている。非常に厳しい環境で動いている部品だということが良くわかる。

価格は19,800円、資料としても価値があるかもしれないね。
a0226258_10405531.jpg
a0226258_10405746.jpg
a0226258_10411049.jpg

このほかANAショッピングA-styleでは、A320のファンブレード(こちらは298,000円!)、B737-500のピトー管といった部品も販売されている。オタク、いやマニアの方はポチしてみては(^^)
a0226258_10422953.jpg
▲こちらも「GE90」エンジンを使用しているANAの同型機。STARWARSの特別塗装機だ♬
a0226258_10515103.jpg
▲「GE90」の最前方に装着された羽根「ファンブレード」。


しっかりメンテナンスをしていただいて安全第一で!
日本の秋の空を、楽しみたいものだ。


[PR]
「空の上で本当にあった心温まる物語2 」を読了。
先日ご紹介した「1」にも負けない、珠玉のストーリーが28書かれていたよ。感動!!
(前回の記事はこちら
a0226258_09243852.jpg
実は、この書籍に書かれているストーリーのいくつかはANAの公式サイトでマンガ化されている。
読み比べてみると、、、

断然、書籍の方がいいよ!!

WEB、そしてマンガという読みやすい表現ではあるけど、内容が伝わるのは書籍のほう。
気持ちのやりとり、心の通い合い、おもてなし、おもいやり、、、
コマ数の少ないマンガでは伝わらない深い物語が綴られている。
感動する、心が洗われるようにも思える。


ここにWEBのリンクを貼っておくけど、書籍版で読まれることをオススメします(^^)



a0226258_11344039.jpg

ANAの機内で読むと、感動はより大きくなりそうだね♬
酷暑の夏、頭は冷やさないといけないけど、心は温かく、、、
ウォームハートで日本の空を、楽しもう!


[PR]
a0226258_11575823.jpeg
 
Facebookの「ANA All Nippon Airways」に投稿されていた新聞記事。ホロッとくる話だったので、引用させていただいた。

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。
 遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」
 搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。
 「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。 
(鎌田浩二) =2017/07/13付 西日本新聞朝刊=

エアラインの名称は書かれていないので、ANAなのかJALなのかわからないけれど、こういったホスピタリティをもっているのは、日本のエアラインだけなのかも知れないね。

思い出したのが、もっともっと心がホンワカするお話が詰まった一冊の本。
元ANAのキャビンアテンダントをされていた三枝理枝子さんが書かれた
「空の上で本当にあった心温まる物語」(あさ出版)


CAさんじゃなくても、ANAじゃなくても、こんな心配りがしてもらえたら感動するな、自分もそんな心配りができる人間になりたいな、と思わせてくれるストーリーが33話入っている良著。新聞の記事にホロッとした方は、ぜひAmazonでポチしてみて(^^)

何百、何千もの飛行機が毎日飛び交っている日本の空。
そのひとつひとつで、いろんな人の思いが交差している。

自分にも思い出がある。
義父の危篤の知らせを受けて急遽出張先の東京から、羽田〜関西空港の最終便に飛び乗った時のこと。機内では連絡が取れず、ひたすら祈るだけしかできない。到着ゲートで携帯の電源を入れ電話をしたが…間に合わなかった。ロビーでしばらく立てずにいたな。思い出したら、泣けてきた。

バカンスでワクワクした気持ちで乗る飛行機、
仕事のことをあれこれ考えながら乗る出張の飛行機、
大切な人のもとへ駆けつけるためにすがるようにして乗る飛行機、
いろんな気持ちを抱えた人が乗っているんだよね。

そんな人たちの気持ちを推しはかり、精一杯支えようと、そして楽しませようと心遣いをしてくれるCAさん。
この本を読むと、心が温かくなってきたよ。
心の中でも、日本の空を楽しめる!



梅雨明けの空、入道雲が威張っているよ。
a0226258_11565280.jpg


[PR]
伊丹と成田を結ぶNH2176便・2179便は国際線仕様の機材が国内線を運行する珍しい路線。
最近はB767、B777、B787の3つの機材が日替わりのようにアサインされているので、色々楽しめる。
昨日2017年2月6日は、世界初のB787(運航機材として)であるJA801Aが飛んでいたよ。

a0226258_11082827.jpg
朝日に染まる“彩雲”の上を飛ぶJA801A


⇒2011年に国内線に初登場した頃、初号機を利用した搭乗記録はこちら
大阪から東京へ行くために、わざわざ岡山経由で飛んだのだ〜懐かしい。。。


⇒彩雲とは? 虹色の雲はすべてが彩雲ではない。見分け方はこちらを参照♫
彩雲の虹色は、鯖の模様にもみえなくないね、、、(^_-)

日本の空を、楽しもう♫


[PR]
国内線だけど、国際線機材のビジネスシートを味わえる路線のひとつが伊丹〜成田を結ぶNH2176&NH2179便。写真は彩雲の虹色をバックに、大阪の空を上がって行くNH2176便。
a0226258_11522758.jpg
一時はファーストクラスに座れる3クラスシート仕様のB777−300ERで運航されていたが(当時の搭乗体験はこちらを参照)、ここ数年はB767−300ERと機材変更されていた。しかし、最近は2クラス仕様のB787−8(DreamLiner)での運航となっているようだ。
a0226258_11524565.png
シートマップはこれ。プレミアムクラスの設定はなく、全席普通席なので7列目までの予約を取れれば、国内線で国際線ビジネスシートを体験することができるよ!
a0226258_11524986.png
ただし、シートはゴージャスなスタッガード仕様ではなく、普通のクレードル仕様が多いようだ。
ANAのB787−8国際線仕様機材には中距離用の240席と長距離用の169席仕様があるが、伊丹〜成田のNH2176便には240席仕様の機材が充てられるケースが多いみたい。JA840A、JA834A、JA829Aなどは240席仕様の機材。
ちょっと早めに予約して、座席指定すれば約1時間の国内線フライトにも楽しみが増えるはず♫
早めのアクションで、日本の空を、楽しもう!


【追記】
B787での運航は2月中旬まで。その後はB767、B777での運航が予定されている。B777ではプレミアムクラスの設定もあり、前方席はファーストクラスのシートを利用できるチャンス! 予約の際は使用機材のチェックをお忘れなく!



[PR]
10月22日、伊丹空港で「空の日エアポートフェスティバル2016」が開催予定だ。
イベントの詳細はまだ開示されていないので、昨年の様子をご紹介しよう。
a0226258_08163994.jpg

2015年10月18日、昨年のイベントにはANA整備工場の公開があり、出かけてきた。
A320型機の実機展示をメインに、タービンブレードやブラックボックスの紹介コーナーが設けられ、飛行機好きにはたまらない展示に。また工場横は32L滑走路へ向かう誘導路でもあり、777や767などの大型機が動く姿も目の前で捉えることができた!
a0226258_08165341.jpg
▲A320のエンジンカウリングを開放
a0226258_08245741.jpg
▲交換されたタービンブレード。燃焼ガスを浴びて高温となるブレード面には、冷却用のエアー噴出口が無数にあけられており、非常に精巧なつくりであることが分かる。耐熱性を高めた特殊素材と特殊加工が加えられたこの部品、一枚何十万円? もっとするのかな。。。
a0226258_08302919.jpg
▲B747も格納できる巨大な整備工場!
a0226258_08174946.jpg
a0226258_08180459.jpg
▲誘導路をB7、B6が通り過ぎていく。パイロットが手を振ってくれていたよ!
a0226258_08400824.jpg
▲あれ、兵庫県警もイベントに参加!? 空港内をパトロールしてたよ(^^)/


【追記】
2016年のイベント詳細が発表されている。
シンガー開放、格納庫見学など昨年と同じような内容になるようだ!
詳しくはこちらを!

大阪国際空港「空の日」エアポートフェスティバル2016


a0226258_08172389.jpg
去年は、ほんとうに気持ちのいい空だったよ!
日本の空を、精一杯楽しもう!!

[PR]
9月10日、“つきぬけ” を捉えた!
a0226258_16451688.jpg
“つきぬけ”とは月の前面を飛行機が横切っていく瞬間のこと。
月を抜けていくから、月抜け、つきぬけ。

個人的にそう呼んでいるだけなのだけど、
よかったらみなさんも「つきぬけ」って使ってください(^_-)

つきぬけ撮影は偶然にとらえられるものではない。
昼間の空に浮かぶ月の位置と、飛行機のルートを考えて、待ち構えているだ。
伊丹空港から東への上昇ルートを目の前に望む我が家の立地では、
ハーフムーン(半月)を超えて、満月に向かうここ数日が“つきぬけ”のチャンス!

月齢が満月に近づくと、月が昇るのは太陽が沈んでからになり機影をカメラに捉えるのが難しくなる。
ちょうどこれくらいの上弦の月が“つきぬけ”のチャンスなのだ!

a0226258_17333445.jpg
▲余談だけど、月を横切ったB737-800はNH777便! 大当たりナンバーだったよ!


残念ながら、今日11日は雲がかかっていて月はなかなか顔を出してくれない。
週明けからは秋雨前線の活動で、曇りが多いとの予報、、、

もう一度、チャンスがあることを願う!
日本の空を、楽しもう!


[PR]
今朝の日経新聞で「課題」が出されていた。
a0226258_08025640.jpg

▲今朝の日暈(ハロ)

お題を出すのはANA。テーマは
『30年後の世界で役に立つヒコーキを教えてください』
a0226258_08025794.jpg

a0226258_08025867.jpg

a0226258_08025941.jpg


「機内と空港 楽しんでほしい」

そうそう、単なる移動の手段としてではなく、時間や空間、体験を楽しむものとして、ヒコーキの姿を考えてみるのも悪くないよね。

空想、、、してみよかな(-_^)


詳細は日経のWEBページへ ⇒ こちら


[PR]
トラブルが続くANAから、こんどはかなり深刻なトラブルが発表された。
a0226258_09415457.jpg
世界で初めて導入したB787のエンジンに問題があり、改修作業のため欠航便が継続して発生するというのだ。
(AviationWireさんのこちらの記事に詳しく書かれている http://www.aviationwire.jp/archives/98012

問題が発生したのはロールスロイス社製の「トレント1000」型エンジン。発表資料によると2016年に入って3度のエンジントラブルで離陸空港に緊急着陸する事例がおこっている。

1)2月22日 クアラルンプール発成田行きNH816便
2)3月3日 ハノイ発羽田行きNH858便
3)8月20日 羽田発宮崎行きNH609便 

さらに、原因は違うとされるものの、離陸時のエンジントラブルで緊急中断した事例が
4)8月15日 成田発上海行きNH692便
そして発表当日の朝にも離陸中のトラブルによる緊急着陸事例が発生し、原因がまだはっきりしていない。(⇒ANAのリリース
5)8月25日 羽田発福岡行きNH241便 

怖いのはいずれも離陸中で、高度がそれほど高くない状況でトラブルが発生していること。旅客機は片方のエンジンだけでも飛行できる性能はある。しかし、2つのエンジンが同時に停止すれば、あとはグライダーのように滑空するしかできない。高度が低ければ滑空の余地もない。これだけトラブルが続くと、2機のエンジンが同時にストップする緊急事態の可能性も心配してしまうのが人情だ。


「ハドソン川の奇跡」と呼ばれる事件があった。離陸直後の高度850mという低空でバードストライクしたA320型機の両エンジンがストップ。空港に引き返すことも不可能だったが、機長の奇跡的な操縦によってハドソン川に不時着して、無事に救助されたという事件(映画化され2016年秋の公開予定)。詳しくはWikipediaさんの記事を参照して欲しい。

ANAのB787も両エンジンがストップして海上に不時着、「東京湾の奇跡」という事態だけは避けなければいけない。そのためには、徹底的に問題を排除してほしい。



実は、ロールスロイスのエンジンはA380に装着された「トレント900」型でも、飛行中にエンジンが破損し機体を損傷させるという、重大トラブルを発生させている。原因は設計通りに製造管理が行われていなかったこと(詳しくはこちらの記事を参照
a0226258_09202430.jpg
▲カンタス航空のA380型機でのエンジン破損事故(写真はREUTER、WSJさんより引用)


ロールスロイス社の品質管理は信頼できるのか?
そんな不安を抱いてしまうよ。

B787に搭載された「トレント1000」型は、787用に開発された最新型。そして、787を世界で初めて運航させたのはANA。そのため、いちはやく不具合が出現するのもANAの機材から、という背景があるのだろう。であれば、改修作業も速やかにANAから完了させておくれ!


日本の空を、安全第一で楽しもう、、、!



[PR]
RCサクセションの「雨上がりの夜空に」はご存知だろうか? 
こんな夜に、お前に乗れない…♪ 発車できない…♬ というオトコの気持ちを込めた歌だ。。。
2016年8月14日、この名曲の歌詞が現実のものとなった、悲しい出来事が伊丹空港で発生した。
a0226258_22121939.jpg
▲写真は別の日、無事に伊丹空港を飛び立つANA機


この日、夕方のゲリラ豪雨のため空港機能が一時マヒした伊丹空港では、発着ダイヤが大幅に乱れていた。
ANA511便(宮崎行き)は定刻19:55発だが、ダイヤ遅れの影響で離陸のため滑走路までたどり着いたのは21:00を過ぎてしまったのだ。もちろん乗客も搭乗し離陸ゴーサインを待つだけの状態で、、、
乗客はみんな「飛んでくれ!」と祈っていただろう。

しかし、下された判断は無情にも「欠航」
伊丹空港の運用時間は7:00〜21:00。
門限を過ぎた場合、到着機は他の空港へダイバート(行き先変更)となったり、出発地へ引き返したりする。
発車(?)できない離陸機は「欠航」となってしまうのだ。。。

残念ながら、511便も飛び立つことが出来ずに「欠航」となってしまった。
雷雨もあがってコンディションは良好なのに、飛び立つことが出来ない、、、
あとほんの数分だったのに、、、

「こんな夜に お前が飛べないなんて・・・」 

ああ、伊丹空港の悲劇。


この場合は、エアライン責任の欠航扱いになるのだろうか?
それとも、台風や大雪などと同様、不可抗力となるのだろうか?
1時間遅れでなんとか乗り込んだものの、結局は大阪に留め置かれた乗客への対応も気になるところ。
対応を調べてみたいと思う。


⇒追記 
ANAに電話で確認したところ、原因によって対応も違うとのこと。
整備不良などの自社責任の場合は代替交通機関や宿泊などの手配も想定できるが、
台風や悪天候などの不可抗力の場合は手数料ナシでのフライト変更または払い戻しとなるようだ。
このときは雷雲発生による天候要因だったので、飛べなかったお客さんは泣く泣くお帰りになったのだろう、、、


関連記事 「欠航や遅延、ダイバート。その対応は航空会社によって大きく違う!」


もしも、こうしたトラブルに巻き込まれても、悠然と構えていられる人でいられるだろうか?
「あと5分、なんとか飛ばしてくれてもいいやん!」って文句を言いたくなるだろうな、、、
でも、相手が雷様だと文句も言えないか。

a0226258_22375350.jpg


エアラインの運航にはいろんなトラブルが起こるけれど、
いちいちカリカリしていないで、広い心も大事〜
ゆったりと構えていられる「オトナ」になりたいものだ。

日本の空を、楽しもうよ!



[PR]