環水平アークの季節がやって来た!
a0226258_07055118.jpg
▲2017年4月22日、大阪の空に浮かんだ「環水平アーク」。
a0226258_07060406.jpg

虹色をしているけれど、虹ではない。太陽の下、地平線に近いところに出現する、真っ直ぐな虹の橋。それが“環水平アーク”。

太陽高度が58度以上の時に現れ、68度の時に最も明るくなる。太陽高度が58度以上になるのは関東なら春分・秋分の正午前後、夏至の頃なら正午を挟んだ前後1時間邸度。特に初夏に現れやすい現象だ。

以上「空の虹色ハンドブック」から引用。

つまり、
春から秋への数ヶ月間、
お昼前後の南の空に浮かぶのが、“環水平アーク”なのだ!


巻雲や巻層雲、目に見えないよな小さな氷の粒が高い空にかんでいるときにみられる光学現象で、
“環天頂アーク”とは真逆の位置関係になる。

季節と時間限定だから、出会えたら「瑞兆」、素晴らしいことが起こる兆しともされている。
たしかに、絡まった糸が解れるような出来事があったなぁ、昨日は(^^)/
a0226258_07061920.jpg
▲伊丹空港から離陸したJALのB777。飛行機と比較すると、虹色のサイズが分かるだろう♬


飛行機雲が出るような日は、空をみあげてみて。
瑞兆に出会えるかもしれないから♬
空を見上げて、虹色を探そうよ。

日本の空を、楽しもう!



[PR]
満開の桜の向こう、いきなり顔をだしたJALのB777!
a0226258_05060504.jpg
昨日(2017年4月13日)の午後、仕事の帰り道に30分ほど伊丹空港そばのエアフロントオアシス下河原に立ち寄った。すると、思ってみなかった満開の桜! レンズはAPS-Cに70mmで、このサイズ。
a0226258_05073622.jpg
▲滑走路は桜の向こうがわ。離陸機がいきなり飛び出してくる! こちらはiPhoneで撮影

a0226258_05072458.jpg
川沿いの土手に桜並木があったこと、知らなかったよ。風が出ると花吹雪になり始めていたから、ことしは今日(4/14)からこの週末がギリギリかもなぁ。今日は快晴の天気予報。時間がある人は、「桜と飛行機」を狙ってみて!

a0226258_05075532.jpg

この季節、桜を通じて空をみることが増えるねぇ、、、♬
桜と一緒に、日本の空を、楽しもぅ!


●伊丹空港14(ワンフォー)運用を、エアフロントオアシス下河原からみた時の記事はこちら

●エアフロントオアシスの情報はこちら



[PR]
昨日(11月5日)、TBSの番組でJAL協力の情報番組が放送されていた。
その中で紹介されていた「1000円で憧れのビジネスクラスに乗る驚きの方法とは!?」コーナー。
このブログでも何度かご紹介しているが、国内線を飛ぶ国際線のゴージャス機材を狙うという方法だ。
「Jクラス」の追加料金1000円でビジネスクラスのシートがゲット出来るというヤツ。

紹介されていたのは
●成田〜伊丹間 JAL3002便(伊丹⇒成田)、JAL3007便(成田⇒伊丹) 
●成田〜中部(セントレア) JAL3082便(中部⇒成田)、JAL3087便(成田⇒中部) 
の2路線だ。

このうち、伊丹〜成田はB777−300ER、ファーストクラスが設定された4クラス機材なので
こんなシートに乗ることもできる! (画像はJALさんからお借りしました)
 
a0226258_16304674.png
シートの数は8席限定、予約は早く入れないとダメだけどね!
チャンスがあれば、1時間のファーストクラスの旅を楽しんで♬

ANAも同じようなフライトがあるよ。
こちらの記事も参照してね。

中部空港(セントレア)便はB787での運航もあるよ。




ちょっとした工夫で、日本の空は楽しめる!

[PR]
国内線でも、国際線仕様のゴージャス機材に乗れる「レア路線」がいくつかある。
たとえば伊丹〜成田で、国際線機材が使用されている便はJAL、ANAとも毎日往復1便ずつある。
(詳しくはこちらの記事を参照)
おなじように、中部国際空港(セントレア)〜成田間も「レア路線」のひとつ。

特にJALは国際線でしか使用していないB787が、国内線として運航されることがあるので、狙って乗りたい路線だ!
a0226258_13574184.jpg
▲2015年8月にセントレアで撮影したJALのB787。ANAのボンバルディアと並んでいることから国内線ターミナルであることがわかる

a0226258_13582742.jpg
▲羽田へ向かうANA機内からみた国際線仕様のJAL787(JA839J)


早朝8:20発のJAL3082便はB767で運航されることが多いようだが、日によって787-8、787-9に機材変更となる。

a0226258_14081319.png
使用機材は予約サイトからも確認できるので、早速チェックしてみると、、、。明日(2016年9月19日)の「クラスJ」席は残席4。白いマークの「クラスJ」は国際線仕様機材だと書かれているので、これは787のビジネスクラスシートということだ!

逆区間をみるとJAL3087便(成田空港18:30発)は789(B787-9)となっている。
普通運賃で22050円。レア路線を狙って、つかの間のゴージャス気分の体験してみては!?

豪華なシートで日本の空を、楽しもうよ!


[PR]
燃油サーチャージはゼロになるけれど、国内線の航空運賃が下がらないのはなぜ?
a0226258_11522687.png
2016年4月から、国際線旅客運賃にプラスされていた「燃油サーチャージ」がゼロになる。1バレル30ドルを下回った、国際的な原油価格下落の恩恵だ。燃油サーチャージとは燃油特別付加運賃のことで、原油価格が高騰した際、航空燃料費用の一部を利用客に負担を転嫁するもの。以下の文はANAのWEBサイトより転載。
燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)とは?
燃油特別付加運賃とは、原油価格の高騰に伴い、企業努力で吸収しきれない航空燃料費用の一部をお客様にご負担いただく追加運賃のことです。本来、航空燃料費用は航空運賃に含まれるべきものですが、航空燃料価格の不安定な変動に対応するため、またお客様にわかりやすく提示させていただくため、通常の運賃とは別に収受させていただいております。
飛行機を飛ばすコストが高いときには顧客に負担を強いるというのなら、コストが低下したのなら国内線運賃も下がってもいいのでは? しかし、現実はそうなってはいない。グラフをみると右肩上がりのまま、10年前と比べて15%ほど上昇している。

グラフは伊丹〜羽田間のANA・ビジネスきっぷ料金の推移で、私が実際に購入した領収書をひっくり返して調べたもの。(ビジネスきっぷは自社ブランドカード利用者専用の運賃で、ビジネスユースの上顧客向け料金と考えれば良い)
一方、燃油サーチャージはANA・近距離国際線の日本〜韓国間に適用された金額。(ブログなどから調べたものなので、ピックアップした時期によっては違っている場合もあるかもしれない)

国際線運賃は燃油コストを別立てにしていたが、国内線はすべて運賃に含んだ料金体系。2015年からは燃油サーチャージは減少しているが、運賃は逆行して値上がりしている。これはANAもJALも同じ、伊丹〜羽田間の国内線運賃は高止まりのままなのだ。売れるなら、この値段のまま売っていこう、ということか。。。

伊丹〜羽田間の国内線運賃は赤社・青社横並びで同一運賃。競争もなにもない。発着枠の関係でLCCは参入できない路線だから、2社の寡占状態…。参考のため、2016年4月1日の普通運賃料金表を貼っておこう。
a0226258_07155409.png
a0226258_07155727.png
ご覧のように、ほぼ同一運賃。国内線運賃は国土交通省への届け出制なので、どちらかが値上げ(あるいは値下げ)すれば一方も追随する。そう、料金競争をしないのだ…。自社がトラブルの際には相手方へ振替輸送というケースもあるので、同一料金体系であれば計算も簡単というメリットもあるだが、やはり寡占の弊害のほうが大きいといえるだろう。

ちなみに、こちら同日のジェットスター。関西空港〜成田空港という違いがあるのだが、最低料金は4290円だ。
a0226258_07242411.png
a0226258_06435704.jpg
JALさん、ANAさん、運賃、高すぎだよ。もっと下げられるでしょう?
今度の東京出張は、Peachかジェットスターで成田まで飛ぼうかな。。。
あっ、そんな低運賃志向の客はLCCに流れてもいいって考えているのかな、赤社と青社は。

「マイル会員として囲い込まれているからANAで…」というだけじゃなくて、LCCも賢く使い分けるべきってことだね。

しっかり運賃も調べてスマートに!
日本の空を、楽しもう!



[PR]
エアラインの定時到着率調査が発表され、2015年度の年間トップにJALが輝いた!
a0226258_05202941.jpg
▲伊丹空港へ着陸するJAL・B767型機

以下 AviationWireの記事から引用
 JALの2015年の定時到着率は89.44%。全世界の航空会社を対象とした「Major International Airlines(主要国際航空会社部門)」と、米国を除いたアジア太平洋地域の航空会社を対象とした「Asia-Pacific Major Airlines(アジア・パシフィック主要航空会社部門)」で首位を獲得した。航空連合を対象とした「Airlines Alliances(アライアンス部門)」はワンワールドが80.97%で1位を獲得した。

ちなみに全日本空輸(ANA/NH)が定時到着率88.88%で僅差の世界3位、2014年に主要航空会社部門で1位だったKLMオランダ航空(KLM/KL)は4位だったとのこと。

a0226258_05245452.jpg
▲同じく伊丹空港へ着陸するANA・B787-9(STARWARS特別塗装機)

一方、空港別の定時運航率調査では我が伊丹空港(ITM)が小規模空港部門で1位、羽田空港が(HND)が大規模躯校部門でトップに立った! 伊丹空港の定刻運航率は93.85%、羽田空港は91.25%だった。
CNNの記事より
a0226258_06452933.jpg
▲伊丹空港を離陸するANA・B737-500。夜の空をドルフィンが駆ける(^^)
a0226258_06454776.jpg
▲滑走路へ向かうJAL・B767-300。その向こうは着陸し他ばかりのANA・B767-300
a0226258_06502113.jpg
▲空の日フェスティバルで整備場を特別開放中の伊丹空港。
飛行機と間近に接することができるのも伊丹の魅力!

伊丹空港が「小規模空港」とされているのは少し寂しくも思うのだが、夜のラッシュ時に5〜6機も着陸機が連なっている姿を見ると、航空管制の精密さに頭が下がる。

この数値を来年も維持してほしいな!

定時運行、定時着陸で
日本の空を、楽しもう!


[PR]
伊丹空港へ特別に飛来したR2D2 ANA JETが羽田へ戻ろうとしているところ。ちょうど降りてきたJALのプロペラ機SABB340Bが重なった。
こんな会話が交わされてるかも。。。
a0226258_05361063.jpg

鶴丸SABB「おっと、ぶつかりそうやん、ビックリした〜なんやオマエ、見たことないやっちゃなぁ、新入りか!?」


R2D2「ピーピーピュルピュル〜」


鶴丸SABB「はぁ? 日本語しゃべらんかい! ちゃんとワシらの組に挨拶したんやろなぁ!?」

R2D2「ピーピュルピュル、ピュル、、ル、、」

鶴丸SABB「ピーヒャラぴーひゃら、わけわからへんなぁ。お祭りみたいなやっちゃな…。そういえば、ピカピカ言うヤツがおったのう、オマエも仲間か?」

R2D2「ピュ〜ル、ピュル〜」

鶴丸SABB「まぁええわ、今日はこれくらいで堪忍しといたるわ。次来るときはちゃんとワシに挨拶に来るんやで。そうせな、ワシのプロペラは、切れ味鋭いで〜。覚えとけや〜」

R2D2「ピーピュルピュル!」


な〜んてね。

a0226258_05414635.jpg

▲伊丹空港の真横にある公園「伊丹スカイパーク」には赤い「デススター」が、、、(^^;)

実はコレ、子ども向けの遊具で、離れていても会話が楽しめるパラボラ集音器(?)



a0226258_05552534.jpg
▲「ピッカピカ〜♪」と言うのはこのこ。懐かしのピカチュウジャンボ。すでに退役してしまった。。。(>_<)


R2D2、また伊丹に来てや♫


日本の空を、楽しもう!


[PR]
修学旅行でもちゃんとマイルが貯まるってことを知っている? WEBを使えばマイレージ会員登録や事後マイル登録もとても簡単! チャンスを逃していない?
a0226258_16282503.jpg
中学生の娘がカナダ・バンクーバーへ約1週間の研修旅行へ出かけていた。伊丹から成田経由でバンクーバーへの往復フライトはすべてJAL。無事に戻ってききたので、マイル登録をさせてみたところ、4フライトで約5200マイルが貯まった。
a0226258_16265580.jpg
娘は「JALマイレージバンク会員」ではなかったので、まずWEB会員登録から始めて、eチケット控えの航空券番号を入れてマイルの反映まで約30分! あっという間に5000マイルだ。5000マイルでは特典航空券への交換はできないが、1000マイル=1000ポイントで各種ポイントに交換ができる。5000円の金券と同じ価値を持つのだから、娘にとっては思わぬお小遣いゲット〜ってこと(^^)/
a0226258_16270841.jpg
JALの場合、修学旅行などのツアー旅行の場合でもチケットの種類によってマイル登録が可能だ。もちろんマイレージ対象外のチケットもあるし、対象であっても換算率は100%ではなく50%や30%ということもあるのだが、それでも海外旅行の場合は何千マイルにもなるので、見過ごしているのは損! 修学旅行だけじゃなくて、ツアー旅行も同じ。チケットによっては意外にたくさんのマイルが貯まるものなので、周囲にぼんやりしている人がいたら教えてあげよう!
a0226258_16324822.png
▲JALのマイル換算一覧。くわしくはこちらのページ参照
a0226258_16270911.jpg
▲修学旅行のeチケット控え。クラスの欄に書かれている記号が重要。
今回は国内線は「H」クラス→70%換算、国際線は「G」クラス→50%換算というわけだ。
東京〜バンクーバーは片道4681マイル、50%なので2341マイルということ(^^)/
a0226258_04431590.jpg
a0226258_04433973.jpg
▲バンクーバー周辺は水上飛行機の聖地のようで、うらやましい、、、(^^)/



ANAの場合はこちらを参照→ANAフライトマイル
ほぼ同じような対応となりチケットの「クラス」によって換算の可否と換算率が違う。

マイルも賢く貯めて、きちんと活用したいもの!
日本の空を、楽しもう!


[PR]
つ き ぬ け た !
a0226258_21225499.jpg
月を抜けていくから“つきぬけ”。 (あっ、造語ですから検索しないようにネ!)
伊丹空港から離陸したJ-AIRのエンブラエル170型機。ファインダーの中では一瞬のうちに通り過ぎるから、ただただシャッターを押し続けるのみ(^^;) ピントは月に合わしているから機体は不明瞭。難しいなぁ、、、まだまだ修行や!


そして今夜はオリオン座流星群!
日本の空を、楽しもう!




[PR]
JALグループでは、国内線での機内Wi-Fi整備が進み始めている。
「JAL SKY NEXT」仕様の便では、動画などの機内エンターテイメントはWi-Fiネットワークで無料配信されている。さらに有料となるが、インターネット接続サービスを購入すれば、機窓から撮影した風景写真をFlightRadarの位置情報とともにリアルタイムでSNS配信することも可能だ!  JALのWi-Fiサービスについて
a0226258_08032908.jpg
▲例えばこんな写真(^^)/ 「富士山が見えたよ! 今飛んでいる位置はここ!」
といった写真をfacebookやTwitterにリアルタイムでアップすることができる(写真はイメージ)


機材はドンドン拡充されており、Japanトランスオーシャン航空(JTA)が導入するB737-800機でもWi-Fiが装備されるという。
こちらの記事参照

これらのWi-Fiサービスは、通信衛星を利用したインターネット接続を行っいるため、特別なアンテナを増備する必要がある。新機材にはオプションとして装着、既存の機体には追加といった機材への設備投資が必要になるわけだ。再建途中とは言え、JALには攻めの姿勢がうかがえる!
a0226258_12585753.jpg
▲羽田空港第1ターミナルでみかけた「one world」塗装のB767。
この娘もWi-Fiが搭載されているようだ
a0226258_12595433.jpg
▲屋根の上、座布団のようなドームカバーの中に衛星通信用のアンテナが収納されている。
アンテナは自動的に衛星を追いかける可動式! 


ライバルのANAは国内線でのサービスはまだ行っていない。R2-D2ジェットもいいけれど、機内サービスの充実も頼むよ!


機上からも世界とつながる。。。
日本の空を、楽しもう!

[PR]