伊丹と成田を結ぶNH2176便・2179便は国際線仕様の機材が国内線を運行する珍しい路線。
最近はB767、B777、B787の3つの機材が日替わりのようにアサインされているので、色々楽しめる。
昨日2017年2月6日は、世界初のB787(運航機材として)であるJA801Aが飛んでいたよ。

a0226258_11082827.jpg
朝日に染まる“彩雲”の上を飛ぶJA801A


⇒2011年に国内線に初登場した頃、初号機を利用した搭乗記録はこちら
大阪から東京へ行くために、わざわざ岡山経由で飛んだのだ〜懐かしい。。。


⇒彩雲とは? 虹色の雲はすべてが彩雲ではない。見分け方はこちらを参照♫
彩雲の虹色は、鯖の模様にもみえなくないね、、、(^_-)

日本の空を、楽しもう♫


[PR]
伊丹と成田を国際線仕様の機材で結ぶNH2176&2179便。
2017年1月27日の成田⇒伊丹(2179便)はB787−8の2号機であるJA802A、通称“鯖ジェット”で運航されたよう。翌28日のNH2176便も同じ機材なので、上がりを撮りたい!
a0226258_05292030.jpg
「鯖ジェット」は世界で始めて導入されたB787として特別塗装された機材のこと。
JA801A、JA802Aの2機が同じカラーリングで塗装されている。「鯖ジェット」という名前の由来は縞々が鯖にみえるから、、、しかし、この塗装も塗り替えが近いようなので、伊丹では見納めになるかもしれない。
(B787初号機、JA801Aの初体験搭乗記はこちら
a0226258_05285102.jpg
こちらは2012年4月に伊丹空港で、搭乗する際に撮影した鯖ジェット。この頃は国内線に投入されていたので、伊丹〜羽田間で利用させてもらった。機材は1号機・JA801A。国際線仕様なので、シートモニターが設置されていた。
a0226258_05332414.jpg
a0226258_05344028.jpg
a0226258_05345347.jpg
鯖ジェットのエコノミー−クラスのシートレイアウトは2・4・2の横8席仕様。この後は3・3・3の9席仕様に変更されて狭くなっている。ANAの公式ホームページにも2・4・2仕様は掲載されていない。塗装の変更の際にはシートも変えられるのだろうか? 
きっと増やすよな、ANAさん…。


やっぱり、特別塗装はいいよね。
日本の空を、楽しもう!


[PR]
国内線だけど、国際線機材のビジネスシートを味わえる路線のひとつが伊丹〜成田を結ぶNH2176&NH2179便。写真は彩雲の虹色をバックに、大阪の空を上がって行くNH2176便。
a0226258_11522758.jpg
一時はファーストクラスに座れる3クラスシート仕様のB777−300ERで運航されていたが(当時の搭乗体験はこちらを参照)、ここ数年はB767−300ERと機材変更されていた。しかし、最近は2クラス仕様のB787−8(DreamLiner)での運航となっているようだ。
a0226258_11524565.png
シートマップはこれ。プレミアムクラスの設定はなく、全席普通席なので7列目までの予約を取れれば、国内線で国際線ビジネスシートを体験することができるよ!
a0226258_11524986.png
ただし、シートはゴージャスなスタッガード仕様ではなく、普通のクレードル仕様が多いようだ。
ANAのB787−8国際線仕様機材には中距離用の240席と長距離用の169席仕様があるが、伊丹〜成田のNH2176便には240席仕様の機材が充てられるケースが多いみたい。JA840A、JA834A、JA829Aなどは240席仕様の機材。
ちょっと早めに予約して、座席指定すれば約1時間の国内線フライトにも楽しみが増えるはず♫
早めのアクションで、日本の空を、楽しもう!


【追記】
B787での運航は2月中旬まで。その後はB767、B777での運航が予定されている。B777ではプレミアムクラスの設定もあり、前方席はファーストクラスのシートを利用できるチャンス! 予約の際は使用機材のチェックをお忘れなく!



[PR]