タグ:airline ( 21 ) タグの人気記事

FlightRadarで伊丹〜羽田のJL106を見ていたらクロスしそうなJL1270を発見。
こちらは小松〜羽田便で、どうやら遅延しての飛行のようだ。季節柄、積雪のためだろうか?
a0226258_13401507.png
a0226258_13402082.png
しばらくすると共に南下し始めて、伊豆諸島を大きく回るようにして羽田へアプローチ。
着陸機で混雑していたのだろうか、NHの各便も同じルートをとって列をなしている(^^)
a0226258_13471832.png
この小松からの経路を改めて見ると、かなり大回りをしていることに気付く。
到着予定時刻は9:22と出ているが実際は9:40分をまわっていただろう。
急いでいるからといって、ストレートに空港へ降りられないのが飛行機のつらいところだ。

そこで思い出したのが、2015年3月14日に開業する北陸新幹線。すでにダイヤも発表されているが、
金沢始発は6:00ちょうどの「かがやき500号」で、東京駅には8:32着。
東京からの最終は21:04発の「かがやき577号」で金沢着は23:35。
東海道新幹線の新大阪〜東京間のダイヤとほぼ同じと考えてよさそう。


都心部から空港までのアクセス、搭乗までの時間を考えると新幹線の方が使い勝手はいいかも。。。
ちなみに新幹線料金は東京〜金沢間の普通指定席で14,120円、早特の最安値は12,130円。
一方飛行機はANAの普通運賃が27,390円、ビジネスきっぷ片道で21,790円、旅割45で11,890円。
通常料金だとほぼ倍の運賃差があるぞ。
きっと、同じことは富山便にもいえるのだろう。
うーん、青組、赤組ともかなり旅客を取られそう・・・。

しかし、利用者にとっては選択肢が増えて、
競争が激しくなるのは嬉しいことだ。
ANA、JALの打ち手に期待しよう!

【追記】
ANAのWEBサイトから4月1日以降の運賃を調べると、各種運賃が値下げされている!
普通運賃が27,390円 ⇒ 24,890円
ビジネスきっぷ片道で21,790円 ⇒ 19,340円
旅割45で11,890円 ⇒ 9,490円(便によって価格差あり)

あわせて、機材のダウンサイズが行われる。
小松〜羽田間はB777、B767、B787といった中型〜大型機も飛んでいたが
4月以降はほとんどの便が小型機B737に。

ANAは需要に合わせて適正サイズの機材運用を行う「ビタッとフリート」戦略を
強化していくとのことなので、繁忙期にはB777が復活するかもしれない・・・






[PR]
これまでも勝手に予測新聞の先走り記事も紹介してきたが、
とうとうオフィシャルにプレス発表があった。

・就航記念キャンペーン運賃は 250 円
・ キャンペーン対象は大阪(関西)-福岡、札幌(新千歳)
・ キャンペーン対象座席数は5,000席


以前のエントリーで書いたように、スカイマークが12年5月から
競合の関空~那覇&札幌で「WEB割 780円」を打ち出しているので、
「半値八掛け」で300円っていうのはないか? ないだろうな、と思っていたが、
その上をいくサプライズだ!

頑張りましたね、ピーチさん!

(5000席と言わず、もっと続けて欲しいけれどね。。。)

一方、通常運賃はこちら。
「ハッピーピーチ」という名称で、
大阪(関西)-福岡線を3,780円~11,780円(片道)、
大阪(関西)-札幌(新千歳)線を4,780円~14,780円(片道)。

現時点(2012年12月15日15:50)ではHPにも詳細が発表されていないが、
最安運賃の予約タイミングや座席数が気になる!!

a0226258_1655770.jpg

[PR]
by airbornjapan | 2011-12-15 15:53 | Comments(0)
「ピーチ」、関空ー札幌・福岡間500円で

出典:本日の日経新聞より。



どうやら予想通り、「ワンコイン運賃」が登場しそうだ!
ワンコインピーチ、通称「ワンピ」


往復で1,000円(予約がとれれば)。
南大阪に住んでいるなら、京都や神戸に行くのと変わらない値段で福岡、札幌へ行くことができる!
「ちょっと中洲へ、もつ鍋でも食べに行こか~」
いいね!



さて、普通運賃はいくらになるのしょう?
[PR]
by airbornjapan | 2011-12-14 08:32 | Comments(0)
来たよ来たよ、エアチケットが390円!

Facebookのニュースフィードに流れてきた「ジェットスター」からの記事。
転載しておくけど、ハンバーガー並みの料金だね。
(ただし、燃料サーチャージが14,000円だけど。。。)
a0226258_735526.jpg


ケアンズ/ゴールドコーストが片道390円!!※
皆様への「サンキュー」の気持ちを込めて、成田就航3周年サンキ​ューSALEを開催します!!

本日(12/​8)23:59までのJetMail会員限定セール!
3900席限定、旅程は2011年、2012年の特定の期間に限​ります。
完売次第終了とさせていただきますので、お急ぎください!

セール詳細、JetMail会員登録はこちらから→https://ssl.jetstar.com/jp/ja/​jetmail/subscribe?email
※燃油付加運賃(片道14,000円)と諸税が別途必要となりま​す。
[PR]
by airbornjapan | 2011-12-08 07:42 | Comments(0)
昨日11月30日からエアアジアXの関西~クアラルンプールが就航した。
機材はエアバスA330-300型機(全377席)と中型機を使用し、
毎週月・水・金・日の各曜日に運航を予定。

片道3,931円の激安キャンペーン料金で打ち出した華々しい就航だが、予約サイトを開くと12月2日でのフライトにも片道10,000円のキャンペーン料金(正規料金23,000円)の空きがある。さすがに400席近い座席を埋めるまでには至っていないようだ。

昨日の初便就航も、到着時間が21時過ぎ。
そのまま折り返しのクアラルンプール行きとなり、関西のローカルメディアの報道も地味な印象。
赤に大きなロゴ-マークが入った派手な機体をゆっくり放映してもらえなくて、もったいないね。
エアアジアX

プロモーションがもっと必要だと思うな。


プロモーションという意味では、関西の人気局「FM802」から
ジェットスターのCMが昨日流れていた。
「ケアンズ片道23,000円、国内線もよろしく!」のワンフレーズ。

「あれ、国内線?」 と訝ったが、
ジェットスタージャパンも来年KIX就航することを思い出したよ。

今日から師走。来年、来春もすぐそこだ。
KIXに人が集ってくる、空を飛ぶ人が増えるように、
もっと盛り上げないといけないね!

a0226258_915193.jpg

USJも10周年。もっとアジアからお客さんを呼ばないとね!
[PR]
by airbornjapan | 2011-12-01 09:05 | Comments(0)
前回は話題づくりのバーゲン運賃を考えてみたが、
次にボリュームゾーン運賃を、競合との比較から考えてみよう(2011年11月現在) 

まず大阪~札幌
■ANA 大阪(関西&伊丹)~札幌(通常期) 
普通運賃41,300円 ビジネスきっぷ36,400円 特割33,600円~ スーパー旅割9,800円~
■スカイマーク(2012年5月就航予定) 大阪・関西~札幌(通常期) 
普通運賃14800円 WEB割3 12800円 WEB割21 5,800円 WEBバーゲン780円 

「大手の半額以下」、「運賃で勝負する」というコメントがトップからも出されていたから
言葉通りに考えると、
普通運賃スカイマークより安い13,900円、
割引が10,000円を切る9,990円、
早期割引運賃が5,000円以下の4,990円でどうだろう?




次に大阪~福岡。
こちらは新幹線や高速バスという手強いライバルも存在している。
■ANA 大阪~福岡(通常期) 
普通運賃21,900円 ビジネスきっぷ15,800円 特割13,000円~ スーパー旅割9,500円~
■JR新幹線 新大阪~博多(指定席)
普通指定席14,890円 EX予約12,800円 往復割引11,940円 IC特割11,450円(3日前までの予約)
■高速バス(WILLER EXPRESS) 梅田駅~博多駅
高速バス 6,100円 (梅田スカイビル22:40発博多駅7:50着) 

忘れてならないのが関西空港までの交通費。
空港リムジン 梅田~関西空港 1,500円、
地下鉄御堂筋線利用&なんば乗り換え南海電鉄利用で合計1,120円
当然、大阪のお客さんはこのコストも考えて比較、選択するはず。

ということで、
普通運賃スは10,000円を切る9,990円、
割引が高速バスに対抗でき、5,000円をきる4,990円、
早期割引運賃が2,990円でどうだ? 
「ニキュッパで博多へGO!」ならインパクトある。



もしくは、他社のような料金体系から抜け出してシンプルにしてみるのは?
「早い者勝ち500円」が座席数が少なくて、でほとんど可能性がない料金体系なら
「5,000円均一」のようなシンプル&ロープライス料金のほうが
浸透していくのかもしれない。

「いつでも誰でも5,000円」

どないでしょ?



旅行会社を通じたパッケージツアーは狙っていないとコメントされているので、狙うは個人客。
福岡や札幌からの個人旅行者を関西に呼び込む手立ても重要。
関西エリアではローカルニュースで取り上げられてもいるが、
福岡、札幌での認知はどうなのだろうか?
潜在需要を掘り起こすだけのインパクトを持てるかどうか、
「運賃発表」がとても気になるね。
[PR]
by airbornjapan | 2011-11-17 05:38 | Comments(0)
真新しいパープルの塗装もまぶしい使用機材A320も「納機」され、
来年3月からの関西~福岡/札幌の運行開始を前に
いよいよ次は運賃発表が待たれるPeach。

勝手ながらユーザ-視点で「運賃予測」をしてみよう。
(独断と偏見、妄想と願望も入っている)

インパクトを考えたなら、まず思いつくのは
「ワンコイン」500円
12年5月から関空~那覇&札幌を運行予定のスカイマークが
既に「WEB割 780円」を打ち出しているので、
後出しジャンケンで勝ちにいくならワンコインは実現の確率も高そう。

「ワンコインPeach」、略して「わんぴ」って
わかりやすいキャッチフレーズになると思うな。
大阪のおばちゃん達に浸透したら面白い。

「わんぴで北海道行こうや~」


さらに、ゼニにうるさい大阪のお客さんを狙うならもう一歩頑張って
スカイマークの「半値八掛け」で300円っていうのはないか?
「300円&消費税で315円! これでどうや! もってけ泥棒」
こうなるとバナナのたたき売り牛丼並なみの値段やね。
しかし、300円で乗って機内で毛布レンタル300円とか言われた日には、
お金の価値が分からなくなってきそうだけどなぁ。


以上は座席数限定、話題づくりのバーゲン運賃を想定したもの。
これだけだと、もちろん採算がとれないだろうから、
問題はボリュームゾーンをどんな価格帯で出してくるか。
競合他社やライバル交通機関との戦いに勝てる設定、
ユーザーからみて「これなら乗ってみよか」になる運賃とは?

(続く)

a0226258_9413759.jpg
このお花、PeachのA320と色合いが似ているね。
[PR]
by airbornjapan | 2011-11-14 09:03 | Comments(0)
POPな塗装が目にまぶしい、Peachの新造A320・実機テストフライト写真がWEB掲載されている。
peachのプレスリリースはこちら

いよいよ就航の足音が聞こえてくるなか、関西空港のLCCターミナルの起工式も10月19日に行われたようだ。TVニュースでの完成予想イラストをみるとむきだしの天井など、ローコスト運用を強調するかのようなイメージばかりが紹介されていた。LCCのメリットにフォーカスするためには分からなくもないけど、利用者にとってデメリットがでないような運用を考えてもらわないと困るよね。
a0226258_1454075.jpg
2010年8月9日 関西空港発羽田空港行 NH3820(スターフライヤー運行)より。沖側の広い埋め立て地が二期島。左下には神戸空港からの高速船・ベイシャトルの航跡


一番気になるのはその利便性。

LCCターミナルは沖合の二期島につくられるので、「連絡橋を渡った関空の、そのまた先」に位置することになる。既存のターミナルからLCCターミナルまではシャトルバス(?)によるアクセスになるようだが、関西空港駅まで電車で到着した場合、待ち時間や距離を考えると駅到着からLCCターミナルまでは20分~30分の時間的な余裕が必要になるだろうな。ビジネス利用には結構な心理的ハードルかもしれないね。

羽田空港に第2ターミナルができた際には、東京モノレールが延伸し京浜急行は駅を改造した。昨年、国際線ターミナルが完成した際には東京モノレールは高架線路を付け替えてターミナル新駅を建設、京浜急行も駅を新設することで利用客の利便性を確保している。

需要の大きさ、LCCという宿命、関空会社の背負った債務を考えると、羽田と同じような設備投資は考えられないだろう。そうなると、ソフト面、運用面での工夫が大切になるはず。

LCCのメインターゲットはビジネス客ではなく、観光利用がメインターゲット。駅から降りて大きなスーツケースを転がしLCCのシャトルバスに積み替える、という体験はあまりしたくない。帰着便なら疲れがどっと増すことだろう。

例えば、LCCターミナルまでの直通リムジンバス。現在の「関西空港行」バスがすべて、「関西空港/メインターミナル経由LCCターミナル行」になるとかね。関空会社やLCC他社も含めて、アクセス導線対策には知恵を絞ってもらいたい!

a0226258_14371643.jpg



[PR]
by airbornjapan | 2011-10-20 15:08 | Comments(0)
Peachの「機体名」を考えて、投票しよう~!
というキャンペーンが始まった。


就航決定を記念してPeach機体名を大募集!!Peachの飛行機として日本とアジアをつなぐ機体にふさわしい名前をぜひ考えて応募してください。日本とアジアの懸け橋となる素敵な名前を期待しています。

とのことなんだが、募集されるのは1機だけ? それとも複数?
10数機のA320を導入予定なので、全機につけていくならシリーズで考えたほうがいだろうし。
ちょっと、方向性がわからないな・・・。
でも、どうやら名称はコクピットの下に塗装されるらしい!真剣に考えてみるか?



そして、もうひとつ気付いたのがこれ。
このキャンペーン、商品に10万円分のポイント(航空券交換可能とある。
マイルじゃなく「ポイント」と表現されているのが微妙ではあるが、
何らかの顧客サービスプログラムも予定されているみたい。
LCCとして、どんなプログラムが考えているのか、ちょっと気になるね。
[PR]
iPhone4Sに搭載される個人アシスタント「Siri」。




このムービーにあるように日本語、そして方言対応ができるならば、
きっとエアライン予約も簡単だろうな。

iPhone(もしくはiPad)に
「和歌山から長崎に、実家のお墓参りに行きたいんやけど・・・」と
話しかければ音声と画面で応えてくれる。
あとはタッチパネルをポチしていけば予約完了。
空港アクセスルートや宿泊の手配まで気をまわしてくれる。。。
それなら、70歳を超えたウチの母親でもできそうな気がするな。


Siriが提示してくれるルートにはLCCフライトも検索対象となっていれば。。。
シニア層など、これまで航空機を使ったことのない人たちのマーケットを
開拓しようともくろむLCC各社にとっては、有能な販売ツールとなるのでは!?


「マイルが貯まって、一番お得なフライトは?」
「早朝でも深夜でも構わない、最安値のフライトは?」
「高くてもいいから仕事が終わってから飛び乗れるリゾートフライトは?」
そんなわがままな会話リクエストにiPhoneが答えてくれる。。。


素晴らしい明日だよね。

ありがとうスティーブ・ジョブズ!
[PR]