人気ブログランキング |
ブログトップ

Air Born Japan 日本の空を、楽しもう!

フリーランスクリエイター 井村幸治のブログ。飛行機に乗ること、飛行機を見ること、空港を楽しむこと、空をながめること、虹色の空を追いかけることが大好き。日本の空を、一緒に楽しみませんか?


by airbornjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

吹田市津雲台、大阪大学グローバル・ビレッジのタワークレーン

関空島への橋桁復旧工事が進んでいるとのニュースを見た。超大型クレーン船で700トンの橋桁が吊られている様子は壮観だ!
そういえば、大阪府吹田市津雲台、うちの近所でもクレーンが大活躍している。
a0226258_08375080.jpg
動物園のキリン園舎みたいや…(^^;)

これは大阪大学グローバル・ビレッジの建設工事現場。もともとあった古い官舎9棟ほどを取り壊して学生と教職員宿舎、そして民間施設を一体再開発するようだ。
a0226258_08590960.jpg

以下、スイタウェブさんからの引用 
事業を請け負う事になったのは、パナホームを代表とする企業グループ。完成後の運営までを民間に委託するPFI方式が採用され、この事業のための会社「PFI阪大グローバルビレッジ津雲台株式会社」が大阪大学と契約し、施設の建設から運営までを行います。施設は、大学の施設と民間に貸し出される施設に分かれます。大学の施設としては、学生寮300戸、教職員宿舎が400戸の計700戸が建設されます。これは全国最大規模の学生寮になります。また、民間の施設としては、賃貸住宅、社会福祉施設、医療施設、教育文化施設、福利厚生施設、貸駐車場の誘致が予定されています。日経新聞によると、介護施設、賃貸住宅、学習塾、飲食店を想定しているようです。
敷地面積は、大学施設部分が約1万3千平方メートル、民間施設部分が約1万平方メートル。全体としては450戸前後のマンションが建つ面積です。パナホームが代表の企業が請け負った契約では、大学施設が2020年に完成し2050年までの約30年間運営します。民間施設が2070年までの50年間の契約です。


Googleさんではまだ古い画像が残って居るので、貼っておこう。写真の中心にある横長の建物6棟と、左上の斜めの3棟は既に存在せず、更地から基礎工事へと進んでいた。そこへタワークレーンが登場したというわけだ。
a0226258_08581507.png
クレーンが立つと一挙に工事が進みそうだね。津雲台も様変わりしていますわ。

日本の空と、地元の景色を楽しもう♪



by airbornjapan | 2019-02-13 09:00 | 日日是好日 | Comments(0)